2017/12/31

「財津和夫さん大腸癌報道に驚く」の巻

Kazuo

 

治療に専念されて復調されることを願っております。

 

 

来年再コンサートツアーをお待ちしてます。

 

 

ファンみんなの声が、癌をやっつけてくれますように!

 

 

 

癌の馬鹿やろー!

 

 

人間を舐めるなよ!!

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/30

「トランキーロ!あっせんなよ」の巻

新しい記事は、この記事の下(前)にアップになります。

ブログのサブタイトル、

孤独と闘う人達をコッソリ応援するという意味で、この記事を年末までブログトップに置きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の記事タイトル

 

トランキーロ!あっせんなよ

スペイン語で「トランキーロ」は「あせるな」という意味・・らしい。

今の自分自身にあてはめたい言葉。
今やネットで、救いの言葉を検索すれば、山の如く出てくる時代。
そんな中で、ちょっとヒントを頂けたのは、昔、大好きだったプロレスから。
自分より、ひとまわり下のプロレスラーの言葉。

 

Zaitu3_desuto


↑財津さんでなく(^_^;)

 

落ちてるときは、何をしても楽しくなくて。
あせっても、いいことはない!

ただ、落ちているときに見える周りの風景画はしっかり見ておきたい。
そのときにしか見えないこともあるだろうから。

 

 

 

Naitou

2016年、プロレスMVPに輝いたのが、

新日本プロレス所属

内藤哲也 選手

彼の決めセリフ。

 

最近、夜中の地上波TVを録画して見ることしかなくなったプロレス。
その中で、彼の運動能力、身軽さは一級品。

会社批判も盛り込みながら、まわっていくプロレスストーリーの中で、

 

負けても価値が下がらないポジション

 

を獲得できたのは、彼の頭のいいところ。

ベルトがなくても、客を呼べるレスラーになりました。

決め技は

「ディスティーノ(運命)」

 

カッチョよすぎるな~

<

私同様、私以上に落ち込んでいる方にも送りたい言葉。

トランキーロ!あっせんなよ 

| | コメント (0)

2017/06/25

「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘17」の巻

Zaitu3_1


おいおいおい、なんだこの結果は?

今年の宝塚記念。

10キタサンから流して、いかに儲けを出すかが今回の馬券のテーマ・・・

 

だったはず。

 

 

Takara


Takara2

Takara3

 

Ikaria

 

キタサン沈没・・・今年は1番人気を頭で買うべからずの教訓生かせず。

過去最高馬体重が災いしたか?

 

勝った11トヨタクラウン、思ってた以上に強い馬。

うーん、つまらないから、寝よっと。

| | コメント (0)

2017/06/11

「財津さんの世界13 I need you And You」の巻




Zaitunega

財津さん、サリーちゃんパパ

 

 

巷でよく言われてる言葉。

 

人は人。自分は自分。

 

 

 

財津さんの言葉。

 

人は人。自分は人と自分。

 

いいこと言うな~財津さん。

今回取り上げる曲は、

1980年発売。ソロ・セカンドアルバム。
後年CDで発売されるも現在廃盤。

 

Ineed_2


アルバム「I need you and You」

タイトル曲で10分におよぶ大曲。

タイトルのミソは、2つ目の「YOU」の「Y」が大文字なところ。
「あなた」と「あなたたち」。

 

前年末からの「WAKE UP」のヒットで、気分よく出されたアルバム!でないかな~? 

 

70年代後半からの財津さんの暗中模索。
世の中に対して、曲を提供する側としての手探りをしていた、宇宙とのテーマも盛り込まれた一枚。

空を超えて宇宙という果てのない空間と、ひとりぼっちの人間の心との対比。
これを、いかに曲としてつくりあげるか?が、当時の財津さんの創作意欲のひとつだったのかなと、30年以上経ってからの今の私の想像するところ。

 

Kazuokureyonn


 

 

 

 

 

どなた様かアップされたライブ音源です。
私、オリジナル持っているのでアップできるのですが、過去、著作権侵害の警告を受けてまして・・・

 

生きてることは難しい

 

難しいから 生きている

 

 

生きてることは 悲しいから

 

あかるい歌を歌いたい

 

 

生きてることは 悲しいから

 

青い空が必要なのです

 

 

生きてることは 悲しいから

 

あなたが

 

 

 

      ひつようです

 

 

Dsc_0096

| | コメント (0)

2017/06/06

「今宵のひとこと18」の巻

「いいことばかり続くわけない!」

 

 

某番組で某タレントさんの言葉。

 

 

 

そのとうりだと思います。

 

 

 

次に訪れる、なにか良いことに期待して、

気持ち備えます。 

 

 

| | コメント (0)

2017/06/04

「安田記念(G1)この馬券に泣く!‘17」の巻

今年の安田記念は混戦。

本命は末脚確実なれど、ちぐはぐなレースが続き、距離短縮で新境地を期待できないか?

4アンビシャス

 

Yasuda2

 

Yasuda


4アンビなんとかは、見せ場すらなし。

なぜ?出走した??

16ロゴっちは中山向きと言われてるものの、ベストパフォーマンスは、このコースというのが、今回わかりました。来年は8歳。買えないな・・・

不幸のズンドコに一直線に落ちていく馬券ライフ

完敗。

 

 

Zaitu3_1


待ってるぜ、財津さん!

| | コメント (0)

2017/05/28

「日本ダービー(G1)この馬券に泣く!‘17」の巻

日本ダービーこの馬券に泣く

新潟でもゲストを招いての予想大会。

ちょっと、見ていく余裕なし。

 

直前まで、迷いまくりの本日のメインレースは

東京2400Mで施行される、3歳限定戦で最も格が高い

日本ダービー(G1)

 

ダービーと耳にして、毎年思い出す出来事は

幻の万馬券。

 

レース番号を購入時間違わないように。

 

  

戦前の私の予想では、
  

池江厩舎VS音無厩舎。

  
3頭出しの両厩舎。
  

ディープ・インパクト産駒絡みで獲れるんじゃないか?

 

結果

Dabi


今年、一番じゃないか?の固い決着。

日本ダービーこの馬券に泣く

 

3連複、馬連的中も、儲けは僅か。

ちなみに

1着12レディオガガ キングカメハメハ産駒の藤沢厩舎

2着4リチャードスリンガー ハーツクライ産駒の庄野厩舎

 

戦前の予想は、見当違いもいいところ(^_^;)。

 

 

| | コメント (0)

2017/05/24

「BUMP OF CHICKEN/天体観測 と ミスチル/NOT FOUNDこれを聴け!75

今年、歌番組でかかっていた曲。発売は2001年。
はずかしい話、曲自体の存在は知っていたものの、バンドの音(楽曲)に埋もれたようにも思えるヴォーカルから、私には聴きずらさのイメージ先行で、まともに聴いたことのなかった曲。

間違いなく名曲。

 

詩の解説はコチラ

↑この解説の素晴らしさ。私にはできません。

 

 

私がこの曲(詩)を名曲と挙げる部分はひとつ!

 

男性と女性の微妙な感受性の違い。この曲では女性心理描写はありませんが。

 

で~、ちょっと、私の言葉では表現しきれずなので、

ミスター・チルドレンの

 

NOT FOUND

 

歌い出しの2行が全ての曲。

 

 

一言、男性心理フォローで。

けっして全ての男が逃げているわけでなく、なかには好きという表現とその先をを暗中模索している場合もあります。

ただ大事なのは、今、好きな人を目の前にして好きと言えること!

 

もはや、男のテレは、本当に通用しない時代になりました。

今回言葉足りず。
あとで加筆します。

| | コメント (0)

2017/05/21

「オークス(G1)この馬券に泣く!‘17」の巻

本日のメインは3歳牝馬3冠の2戦目。

東京芝2400Mで施行される、オークス(G1)

本命は桜花賞で1番人気で3着の2ソウルスターリングで、今回も一番人気なのは、嫌な予感。

も、

Okusu1


なにがなんでも獲りにいく馬券。

 

結果

Okusu2


1モズクカッチャウ抜けで完敗。
1番枠が良かったのかもしれないけれど、ベストパフォーマンスは、テレビを見ていて、実に邪魔な存在。

伸びあぐねてるようで、最後キッチリ伸びた2ソウルは強かった!

う~ん、他の桜花賞出走馬に、もう少し頑張ってほしかったところ。

Ikaria

 

ずるずる下がっていくな~・・・・

| | コメント (0)

2017/05/14

「ヴィクトリアマイル(G1)この馬券に泣く‘17」の巻

ヴィクトリア

 

今回も、3時くらいからの参加。

新潟メイン、11Rなんでもござれ記念から。

で~、↑一番人気から流すも外れ。

 

さて本日のメインは、東京芝1600Mで行われる、牝馬のマイラーチャンピオン決定戦。

◎11ミッキーアイル。

なんの迷いもなく軸に。
3着以内は鉄板に違いないと。

 

ヴィクトリア

万馬券はないようにも思えたんだけど。

 

Vic1


Vic2


ゴールの瞬間、11ミッキーマウスはどこにいた?の展開と結末。

先週に続き、特大万馬券決着。

これは獲れん。

| | コメント (0)

«「NHKマイルカップ(G1)この馬券に泣く‘17」の巻