« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の10件の記事

2006/06/23

「お城とディオン画像」の巻

Imga0268siro ディオンの後ろに見えるでしょうか?
天守閣のある建物・・・
残念ながら?、我が家ではありません。

新発田城といいまいして、その名のとおり、新潟県新発田市にあります。

平日、日中5時まで城門は開いているので、機会がありましたら散策にどうぞ!

お城の前にも公園、駐車場あります。

Imga0269siro2

拙者も年に数度、景色を眺めに行くのですが、いつも5時以降のため、門は閉じたままで入れません。

以前に、城内に入った記憶はあるのですが、とりたててアピールするものはなく
(例えば、歩くと「ウグイス」の泣き声がするとか)
いたって普通のお城です。
けれども昔、このお城に人が住んでたんだなと思うと感慨深いものも感じます。

余談ですが、この新発田城。
写真には写ってないのですが、お堀に囲まれた城でして、冬になるとが飛んできます。
拙者が小学生の頃、親に連れられてきた際、ココでその鴨の卵を採ろうとした際、10羽位に襲われて・・・恐怖のあまり泣きました~!

そこで鴨の卵を採る際は、親鴨には十分気をつけましょう!と、妙な注意を促してしまう拙者です(笑)。

ディオンの話が全然無い(^^;)のですが、本日はこの辺で。

チャンチャン。

   

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

サッカー!頑張れ!日本!VSブラジル

明日午前4時キックオフ。
日本は、最強と名高いブラジルに、2点差以上で勝たないと、1次リーグ敗退が決まってしまいます。

知人の話ですが、今回のワールド・カップを見ていると、「胃が痛くなる!」とのこと。
ちなみに拙者は平気!これは熱意の差?

と、いうことで、今回も、おまじないを
(前2回の反省から方向転換しました。)Img_0052isan

プレッシャーに
    負けずに

頑張れ!日本!!






えっ?方向転換してない?
ですか・・やっぱり・・

 

▼記事に物足りなくても、ここをクリック▼
ブログランキング [ブログ王]
励みにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

「ジャニス・ジョプリン/Pearl(パール)これを聴け!11」の巻

今回お薦めさせていただくのは、ジャニス・ジョプリン。
アルバムは「Pearl」。

彼女の遺作となるこの作品は、彼女の最高傑作といわれているらしいです。

5593

魂の入った歌声に
    
     心を震わせろ!
  



ジャニス・ジョプリン様

あなたは、1970年にハリウッドのホテルで、たった一人で亡くなられましたね。
麻薬の過剰摂取が原因といわれていますよ。
それにしても、27歳では、早過ぎですよ。
あなたは、使命を途中で投げ出したのでしょうか?
それとも、役目があった事に気ずいておられなかったのでしょうか?

今も生きておられたら、63歳となるはずですが、あのとき、もし死ななかったとしても、同じことを繰り返されたのではないでしょうか。そんな気がします。

酒とクスリと「男と女の世界」に溺れてしまったんですね。

あなたの絶叫の裏側には、常に「さびしさ」を感じてしまいます。
何がさびしくて、アルコールに溺れたのでしょう。
何が悲しくて、クスリを常用されたのでしょう。

あなたは、亡くなる前に婚約されたみたいでしたね。
はたして、結婚してたら幸せになれて、生き続けたのでしょうか。
多分、あなたの求める「愛」は、現世に生きる者では与えきれないのでは?
だから、あなたは神様の所へ行かれたのですね。
そう思うようにしています。

そちらでの生活はいかがですか?
多分、幸せなこととお察しします。
なぜなら、あなたの生まれ変わりには、まだ、お会いしておりませんから。
御存知でしょうか?。
あなたのフォロワーは、亡き後、結構いるんですよ。
でも、あなたを超えるところまではいっていない気がします。

長々と、見た事も、聞いた事こともない奴からの、失礼な手紙ですいませんでした。
これからも時々、あなたの声を聴きにいきますね。

PS・ MR.JOHN LENNONにお逢いしたでしょうか?

  

▼肝心の音楽を語っておりませんが励みにしております▼
TREview

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/18

「ミル・マスカラスの季節がやってくる!」 の巻

  Mill

 

 

 

私がまだ中学生の頃、

夏になると、全日本プロレスにやってくる

世界のスーパースターがいました。

その名も「ミル・マスカラス

最近、トヨタ自動車の「ノア」に使われているCMソング「スカイ・ハイ」を聴くと、マスカラスを思い出すのは、私一人では無いはず!と、自信を持って断言します。

ジャイアント馬場が、「自分とのファイト・スタイルが違う」との理由で、自分と1度もシングル対決を組まなかった男。
参考までに、弟の「ドス・カラス」には、馬場圧勝!

当時、外国人レスラーの人気TOPを争うマスカラスのイメージダウンを避けた馬場の戦略だったのかなとも。

そのファイトスタイルは、もう徹底して自分本位な戦い方。
若き日の三沢が2代目タイガーマスクとして戦った際、「非常にやりずらい相手」ともらしたほど。
  
80年代前半のマスカラスは、もう定番といえるファイトスタイルを確立しておりまして、前半はネチッコイ、グランド技にメキシカン技を絡めて。
中盤から、相手の頭を脇に抱えて「フン!フン!フン!」パンチ炸裂。
そこから、フライング・クロスアタック。
決めはフライング・ボディーアタックと、まるで台本があるのでは?と窺わせるファイトぶり^^;。

上半身はムキムキのマッチョ・ボディー。
試合中は当然、写真撮影でも絶対出さない、お腹のお肉。
控え室では、ボッテリだったらしいですが^^;。

入場の際、必ずファンに投げてくれるオーバーマスク。
(マスクの上に、もう1枚被ってくる)

キザ!と言うファンも、同業者のレスラーもいたことは事実ですが、華があって、私には実にカッコ良く見えてました。

男気のある方で、昔から、弱小、インディー団体でも、こだわりなく「自分を本当に必要とするなら、出場する!」という、ある意味で親分肌なところも持ち合わせていらっしゃいます。
逆に取ると、ギャラにはこだわらないが、当然、自分中心の興行でなければならない?!^^;。
これって、人気は当然あって集客力も持ち合わせていながら、自分に絶対の自信がないと、なかなか難しいことだと思います。
  

私の記憶の中で、一点強調しておきたいのは、あの全盛期のスタン・ハンセンに「ウエスタン・ラリアート」を打たせなかったところ。
(タッグ対決しかしてないはずですが)
これはハンセンが、世界ではスーパースターのマスカラスに敬意をあらわしたようにも思えてならないのです。
  
マスカラスは、マスクマンで最も成功したレスラーでもあります!

驚くことに、マスカラス。
還暦を迎えても、まだ現役。
レスラーと、マスクを被ったままの映画俳優として活躍しているらしいです。

私が、リアルタイムで見た80年代マスカラスは「飛べなくなった仮面貴族」と言われ始めてましたが、飛ばなくても、負けないから、カッコ良かったプロレスラーでした。

  

夏がきますね~。

  
  

  

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

[プロレス黄金時代] ブログ村キーワード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

サッカー。頑張れ!日本!VSクロアチア

世の中、おそらく世界中でワールド・カップの話題で盛り上がっているのでしょうね。

日本は明日、クロアチア戦。背水の陣で、何が何でも勝たなくてはいけません。

前回のおまじないは、見事に不発。
不発の原因を考えてみたのですが、
「日本だから御飯だろう」
というのは安易な発想だったな・・・と反省。

今回は、開催地のドイツに注目して、


新たに、おまじないをかけてみます!


Doitu




頑張れ!日本!

 

 

▼記事に物足りなくても、ここをクリック▼
ブログランキング [ブログ王]
励みにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/12

サッカー。頑張れ!日本!VSオーストラリア

本日はサッカーのワールド・カップ、日本VSオーストラリアです。

拙者の場合、去年、観客動員数Jリーグで1番の新潟アルビレックスの地元、新潟県在住ながら、サッカーの世界は詳しくありません。

ですが、今回のワールド・カップ、世界中の人の、今年最大の娯楽といえそうですよね。(娯楽?と呼んでいいのやら)
普段、サッカー中継は、ほとんど見てない拙者も、日本の公式戦はTV観戦します。

ちゃんと、勝利のおまじないもやりました。

0050japan

頑張れ!日本!

いや、決して、ペットのエサではありません。
今日勝ったら、このおまじない、競馬のG1でもやってみようかな・・p> 

▼記事に物足りなくても、ここをクリック▼
ブログランキング [ブログ王]
励みにしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/11

「ディオンに乗ります。」の巻

この度、貧乏人ながらも、なんとか中古車を購入。
そこで、記録の意味も含めて、ブログに記していきます。
カテゴリーで「車」追加しました。
ブログの名称も少し変更入れました。
マスマス長いタイトルですが^^;よろしくお願いします。
 
車を語るには、全然詳しくないです。
モータースポーツも興味ありません。
技術的云々を語るより、ドコドコ行ってきた~・・・と、いう展開でいきます。

前車、某社のワンボックス車(中古で7年落ち、当時7万キロ走行購入)には、本当に泣かされました。
10万キロを超えたところで、諸々の故障発生。
修理費も結構かさみ、次の車検で買い替えを検討していたところへ、
先日
ブレーキ利かずのジェット・コースター事件!
原因は、バッテリー充電に使われるベルト切れ。
ブレーキ利かせるのに、電力を使うことを初めて知りました!。
でも、カーステ、ウィンドーの開閉は問題無かったんだよな~。
カーステから問題発生にならなかったんかいな?

恐怖から、購入後3回目の車検まで待てず、替えることにしました。

前車で勉強になったことは2つ。
①車は走行距離で10万キロ、製造後10年で壊れる!
 昔からいわれていることですが、今回、身を持って経験しました。

②車の重量と維持費は正比例する。

Imga0265 今回購入の際の条件は3つ。
①駐車場の関係で5ナンバーサイズであること。

②6人乗れる事。
③なるたけ、安いこと!

そして今回、購入した中古車は


「ディオン」

13年式、4万3千キロでジャスト、ん0万円。
担当のD社、Sさん。ありがとう。


前回、故障で散々悩まされた後で、今回は三菱(前車は違う)ですので、
三菱~?、大丈夫か!」
という声も周りであったのは事実です!

三菱の関係者の方、特定させていただくと上層部の方。

一般人の認識はそんなものです。
車の出来云々よりも、企業としての姿勢を問われていることを、頭の片隅に入れてImga0264 置いてほしいです。
問題のある車も、やっぱり問題になりますが・・。

このディオン、ミニバン(7人乗り)ながら、実に知名度、人気が低い!。
中古車では、かなり、お買い得!

それでも実際、試乗比較してきましたが、3列目は、ホンダのストリームよりも広い!

そのストリーム、同年式、同走行距離で探すと、ディオンとは30万円近くの差があります。
走りにこだわりがあるなら、高くてもストリームでしょうね~。

決めるまでは車種選択で、結構楽しい悩みの時間を過ごしました。
(あれや、これやと迷っているときが、案外1番幸せな時間)
他車では、ウィッシュは予算完璧オーバー、イプサムは予算的な問題で前の型、リバティーはデザインがどうも?、プレマシー前の型もデザインが?でして、結局乗る車が無い!。

Imga0263_1

と、思いきや「ディオンどうですか?」

実車を見て、決めてしまいました


懸念は1つだけ。
三菱得意のGDI直噴エンジン。
(注・通常エンジン内は、ガソリンと空気を混合したものをシリンダー内に送るしくみらしい。
GDIは直接シリンダー内にガソリンのみを直噴するらしい)
どうやら、ガソリン燃焼の際、ススが多目に出てそれが悪さをするらしい。

本当にオイラはチャレンジャーになったのか?

そういえば、三菱の車種にあったな~「チャレンジャー」

と、別に三菱様を批判するつもりのブログにするつもりではありません。
(批判になってたりして?)

それより、三菱車GDIエンジンに乗っていられるオーナーの方
私も、これから仲間です。
このブログに気がつきましたら、なるたけ安価でできる「スス対策」を伝授してください。
現在は納車間もないため、すこぶる快調です。

                 

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

「ギャンブルの際は、小指におまじないせよ!」の巻

のっけから、このタイトル。
今回はおまじない(手相)の話を。
手相を見てもらったことはあるでしょうか?私はありません!(キッパリ)

2カ月前位に、市立図書館で20年以上前に出版された手相の本を読んだのですが、小指というのは、5指の中でも、金銭運を現してるとのことでした。Tesou1_1

 一応、略図を描いたのですが、決して、内輪や、ジャイアント馬場のチョップを描いたつもりではありません^^;。
(クリックして頂くと、大きな絵が表示されます)

図①の小指の下の盛り上がり部分に注目して下さい。



Tesou2_1

ここに、短い縦線が数本ある・・・・と思われます

無い、もしくは判らないい方、いらしたら、アフィリエイトをクリックして、今回の話は終わりとなります(ここでもキッパリ)。
(私なら、絶対クリックしませんが・・)

この線が強く出ているほど、金銭運がいいらしい
私の場合、日によって、強く出てる日と、わからない日があります。
線が薄い際はマジックで、上書きするとよいとも、記されてました。
(ホンマかいな?と思われた方、私もです!)

それと小指の爪も、あまり切らないほうがいい・・・とありました。
私は食品会社に勤めているため、食品取り扱い衛生上3日間位が限度なのですが。
今年からG1の前は切らないようにしております。

その効果ですが、G1の年度別記録を見てみますと
(フェブラリーS~安田記念まで)
’02→2勝  ’03→2勝  ’04→2勝   ’05→5勝(5割)

5勝といっても、収支は損得無し程度。
でも去年までは完全に赤字でした。

ちなみに先日の敗退した安田記念の際は、縦線がかなり薄く、今週もそのまま薄いです。

では、他のギャンブルでの効果はどうか?
G1以外の他の競馬→わからず!

パチンコ→投資金少なかったため、
        効果を確認する前に
玉砕!

結論


本当に「おまじない」の効果があるのか?!
う~む・・・・わかりません!


上記、責任は一切持ちませんが、おもしろいのでは?と思い掲げました。



話変わり、違う手相の本に記されていたのですが、
戦国時代、天下を収めた豊臣秀吉は下記のような手相であることが、証文から確認されているらしいです。
  

Tesou3

皆様、手のひら真ん中に運命線が縦に入っていると思われるのですが、秀吉の場合、手のひらどころか、中指の先から、手首まで運命線が通っていたらしいです。



ただ、単に証文を2つに折った、折り目かもしれませんが(笑)、説得力はありますよね~。

 

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/07

「Guns N' Roses GREATEST HITS これを聴け!10」の巻

Guns 今回、お薦めさせていただくのは、

ガンズ・アンド・ローゼズです。

1987年メジャーデビューアルバム「アペタイト・フォー・ディストラクション」
1988年セカンド(ライブ音源も含む)「GN'Rライズ」
1991年サードは2枚同時発売「Use You Illusion1&2」
このアルバム2枚、各収録曲の統一感がバラバラで、1枚1枚になったような記事を読んだ記憶があるのですが、拙者が聴くに、その1枚もバラバラな印象・・・2枚組でよかったのでは?
1993年、アルバムとしてラスト「スパゲッティ・インシデント」
ライブ活動も含めて、バンドとして機能したのは7年間でしょうか。
他、2枚組ライブ盤、シングルで映画挿入歌になった、ローリング・ストーンズのカバー「悪魔を憐れむ歌」等ありますが・・。
バンドとしての活動期間が短かった割には、2000年初頭まで?は、何かと話題を提供してくれたなと。

このバンド、CD解説でもありましたが、当時は間違いなくトップの一角にいました!。
CDのセールス、ライブの観客動員数だけでなく、カリスマ性もピカイチで、
「もし、ガンズがもう少し長い時間活動していたら、そのフォロワーの出現で、2000年以降のチャートも、(現主流は、ヒップホップ、、ラップ、R&B等?)変わっていたのでは?」
という意見には同感です。

さて、このベスト盤。音質がいいです!
1987年のデビュー盤と1991年のサード2枚を、10年以上前に聴き比べたとき、明らかに音質の差があったはずなのですが、リマスターの入ったこのベスト盤、音質が統一されていて、年代(わずかな年数ですが)の差を感じさせません。

もともと、このバンドの存在を知ったのは、今回も?プロレスラー絡みでして、現在「ノア」所属の「田上明」が、デビュー時入場曲に使っていたのが「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」・・・田上にはもったいない曲だな・・・と。

(田上は後に、インヴェイ・マルムスティーンの「ライジング」にするものの、もっと、似合わねもったいね~)
この曲が3番目に好きです。

2番目は「ユー・クッド・ビー・マイン」
カッコイイ、プロモーション・ビデオでも挿入されていますが、ターミネーター2の主題歌。
あれから、もう10年以上経ってるんですね。
この曲、全米NO1になるかと思いきや、ならなかったのは、この時点で、バンドもファンもテンション下降気味だったのでしょうか。
拙者はイントロのドラム・ソロでノックアウトされたのですが。

1番好きなのは、「パラダイス・シティー」
クイーンのメンバーで、エイズで亡くなった、フレディー・マーキュリーの追悼コンサート」のビデオを見たのですが、ガンズ登場の際、オープニングに使われたのが、この曲。
ガンズのコンサートは、このビデオでしか見てないのですが^^;、
タメの効いた演奏で、かっちょええな~!
ギタリストのスラッシュは、くわえタバコ、ヴォーカルのアクセルは、声がひっくり返りそうな、シャウト唱方(今でも、メンバーはこの2人しか知らないオイラは、偽信者?)。
曲の後半は、テンポを上げて、一気に畳み掛けてくる激しさ!
「ロックのおいしいところ」が擬縮された曲です!

上記3曲、有名な曲?ですので、もれなくベスト盤に入ってます。

と、お薦めしておきながら、オイラは、フレディーのビデオも含めて、全て、レンタルで済ませてたりします^^;(やっぱり、偽信者?)。

例えば、ブルース・スプリングスティーンが80年代を、鍛えたカラダで正統派ロックとして駆け抜けたとするなら(実際は?)ば、ガンズは昔から言われるイメージ「ドラッグ?・アルコール・セックス・スキャンダルと、暴力」と「はいあがってやるんだ!」で、色気たっぷりのロックを体現したのではないでしょうか?
(あくまで例えですが)
拙者は90年代以降、洋楽から少しずつ離れたため、ロックバンドとして、「ああ、凄いな!」と思ったのは、ガンズが最後でした。

出る出ると言われ続けた、当時のメンバーでアクセル一人残りの新作。
隣にスラッシュはもういない上、アクセルは莫大な富を得て悠々自適な生活を送られているだろうと思えるところで・・・別に出なくてもいいや~・・が正直なところですが。
はたして、続きはあるのでしょうか?

  

▼解析が満足しなくてもここをクリック
ブログランキング [ブログ王]
励みにしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/01

財津和夫 VS 泥棒

Zaitu_kaesite まさか、こんな話題で上がるとは・・・ということで、全然タイムリーではありませんが、このブログでも取り上げておきますね。

ニュースとして5月26日知ったのですが、事の詳細を簡単に説明すると、

「5月23日夜中に?財津さんのファンクラブ運営等の為の事務所(代表は財津さん)に泥棒が入ったらしい。ベランダの窓ガラスが割られ、金庫に入っていた現金約80万円と約50万円相当の商品券がなくなっていたもよう。」

実は、このニュースを聞いて、しょーもない疑問が。

えっ、財津さんて、個人事務所持ってたの?

ひょっとして、拙者が思う以上に有名人?

商品券はビール券?それとも図書券?

こんな不謹慎な疑問を持つことしだい、拙者本当に信者?

自分は本当に信者です。
でも信者歴
長いため、なぜ信者なのか?
信者を続けられたのか?
もう、わかりません(笑)。

財津様、この度の災難、さぞかし頭の痛い事と思われますが、気を取り直して、この怒り(エネルギー)をチューリップの新作に注入してください!。
楽しみに待ってますよー!

  

  

▼記事に満足しなくてもここをクリック▼
ブログランキング [ブログ王]
励みにしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »