« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の8件の記事

2006/08/28

「ディオン VS D51 」の巻

D511 夏休みの間、ちょっと写真を撮りました。
ディオンの向こうにあるものは本物の蒸気機関車でして型式が「D51~」といいます。
数10年前までは、現役で走っていたSLです。

「D51」ですが、「でぃー・ごー・いち」とは呼ばず、「でごいち」と呼ばれております。

新潟県新発田市駅前の、東公園に飾られています。
ちなみに柵の中は進入禁止で、D51の中には入れません。

只今、8月27~29日まで新発田祭り中でして、小指のない店主が多数の夜店が、「D51」の前にズラーッと並んでおります。

さて、今回、この偽りの記事タイトル!を使う際、思いだしたことがありまして。
私が幼少の頃、「マジンガーZ対ゲッターロボ」というタイトルの映画がありまして、
「マジンガーとゲッターが戦うなら勝つのはどっちか?」ワクワク
ところが、フタを開けてみたら、
「なーんだ、一緒に戦うのか~」ガッカリ

当時は意味がわからなかったのですが、共通の敵を、張り合って倒すという、そういう意味で「対」という言葉を使ったはずなのですが、


このタイトル!
子供心を思いきり騙してないか?!


などと、今回言える立場でないくせに太字にしたりして・・

  

D513











このD51ですが、展示されてから、数度御色直しがされてるようです。
御色直しというより、サビ隠しですが。

  

外観を眺めるのは無料ですが、柵で囲まれているため、機関車中までは見れません。
そこで、代表として、私らしき人物が撮ってきました。

大丈夫です!
誰にも見られてませんので!



D512
ワケのワカランバルブがズラ~ッと並びます。
これを見ると、車の運転席の、なんと気楽なことよ・・などど思います。

  

  

  

  
  
  

D514

  

実際に戦ったら・・・

かる~く、飛ばされそうです。

  

  

  

                           

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/27

「ロッキー サントラ  これを聴け!16後編」の巻

今回のRocky_1後編は音楽について。前編はコチラ

 

   

このサントラ盤、正味30分弱です。
1曲目は、誰もが知ってるテーマ曲。
曲、途中から入るコーラス!
オイラには、

「ガリ~、モ~ジャ~
ガリガリモ~ジャ~」

と聴こえます。

この曲を聴いて、ロッキーよりも、プロレス団体「ノア」所属の、百田を思い浮かべる方!かなりの通と断言しておきましょう!

このアルバム、時代が反映(付属の解説年月日が1977年のものでっせ~)されていることもあり、主幹は生オーケストラによる演奏で、実に味わい深いです。

2作目になると、デジタル化が進み、明らかにシンセサイザー多用の楽曲で、音質は格段にクリアーになるものの、代わりに、どうも深みが足りません。
よって、2作目も所持してたのですが、ヤフーのオークションで売ってしまいました。

因みに、現在、プロレスでハッスルの総統、高田延彦の現役時代のテーマ曲は、4作目に入ってます。

アメリカのロックバンド、サバイバーの全米NO1も輩出した、ロッキー・サントラ盤の数々、なんと5作目にいたってはRAPのみ!
映画の内容と同様で、変わりすぎでんがな~!

本題に戻りこの1枚目。
有名なタイトル曲から始まり、起承転結を効かせた流れで、1枚30分弱なのでアッという間に聴けます。
意外といいますか?、結構、自分を奮い立たせる場面で役に立つ音楽です。
オイラの場合、映画音楽にある、どうでもいい曲、曲の1部をカットして20分弱に短縮して聴いております。
サントラ盤というより、プログレのアルバムとして
レンタルされて、お試しください。

個人的には、2~5枚目までとベスト盤よりは、この1枚目のほうがいいです。

  

  ▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/24

「ロッキー サントラ これを聴け!16前編」の巻

Rocky

今回、お薦めさせていただくのは、映画「ロッキー」のサントラ盤です。

サントラ盤を語る前に、私と同世代以上の方、20代後半の方なら(思いっきりのウソ!)、誰もが1度は見ているだろうと思われる、この映画について語ります。

   
主演ロッキーを演じるのは、ビリー・ジョエル
当然ここではピアノは弾いておりません。
その恋人役のエイドリアンを演じるのは、後に「ぺティ・デイビスの瞳」を大ヒットさせるキム・カーンズ
そのお兄さん役に、80年代以降大活躍されたフィル・コリンズ
ロッキーの相手、世界チャンピオンのアポロを演じるのは、ジャイケル・マクソンの兄貴である、ジャーメイン・ジャクソン
そして、ロッキーのコーチ役に、なぜかプロレスラー、リングの魔術師ことパット・オコーナー。

ストーリーは判りやすく、人気を得るために無名ボクサーの挑戦を受けるとチャンピオンのアポロが豪語。
そして、イタリアの種馬と呼ばれながらも、日々、借金取りの仕事で生活しているサースポー(日本語に訳すと 「私の彼は左利き」)
のロッキーを指名。
実力差がありすぎるものの、恋人と、名トレーナーを得たロッキーは、果敢にリングに上がっていく!
というアメリカン・ドリームを描いたもの。
と、私以外にも多くの方が、そう話して降ります^^;。
  
当時、無名だったビリー・ジョエルが、シナリオも書いていて、正しく映画の主人公以上にアメリカン・ドリームを掴んだのは、有名な話ですよね。

私が、この映画で印象に残るシーンといえば、
ロッキーが、朝、早く起きて生卵を5~6個コップに入れて飲みほすシーンでもなく、(真似された方、いるんだろうな~)
映画のラストで、ロッキーがリング上から「エイドリア~ン!」と叫ぶシーンでもなく、(これを見て感動した人が、後にエイリアンをつくった・・・わけはありましぇん)
朝のロードワークで、ロッキーに遠慮なく、ロッキーより早く走るガキ達のシーンでもなく・・・

冴えない男、ロッキーが、冴えない女、エイドリアンとスケート場でデートするシーンだったりします。
遠慮しがちなエイドリアンと、不器用なロッキー・・・
   
現代では、ちょっと考えられないかも知れませんが、昔は、こんな恋愛もありました!

しか~しですね。
せっかく、このような胸がキュ~ンとするシーンを織り交ぜておきながら、2作目はまだしも、3作目以降になると、この冴えない男と女のカップルは、実に逞しく、知的な生活を送るようになってしまうんです。
家庭用のロボットまで出てきたりします。
お金は、生活と人格をも変えてしまう。
  
主演を演じた俳優の人生がそのまま映画に投影されてどうするんだ!

もっとも、2作目以降は、金儲けの為のオマケで娯楽作に徹しているといえば、それまでですが。

では、音楽は後編で。

  

  



  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

「新日G1優勝は天山」の巻

Tenzan 年々、インパクトが少なく、去年の優勝者って、誰だっけ?の新日本プロレス、真夏のG1

今年の優勝は、天山!。
勝V!
おめでとう!


私は、棚橋がエースでいいの?
という考えなので、とっても嬉しいです!

天山、正直、もう浮上の気配すらないな・・と見ていたのですが。

最近、バラエティーで活躍の中西
(これは、これでいい!レスラーとしての名前をバンバン、アピールしてほしい。ただ、アホと認知されてるかもしれないのが?ですが)

大会前の週刊ゴングで「引き際」を語り、珍しく?「ツマンネー、コメント」してた永田

天山が、彼らより、1歩前に出れたのは「小島に負けたくない!」気持ちも確かにあったんだろうけど、世代交代、新日そのものに対する危機感に反応したからではないのか?
長州、そして闘魂3銃士に勝った当時の勢いと、実力!はまだ健在なり!。
今1つ、乗り切れないのは、人の良さではなかろうか?

おそらく、蝶野の戦線復活で、今回の優勝はあってないような
今回のG1勝ちも、すぐ忘れられてしまうでしょう!

さて、ここから、どうする?天山!

Card

さー!どうするどうする?
天山は、どうなるの?

  

続きは誰も知らない・・・

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/14

「8月13日新潟競馬場模様」の巻

私は8月13日から、盆休みです。
そこで、今夏、初の新潟競馬場へ行ってまいりました。Omajinai

今回、子供も「連れていけ~!」と、やかましかったので、連れていくことに。
しか~し、タダでは連れて行きません!

と、いうことで、効果は全く無いことは、証明済みなのですが^^;、強引におまじないを書きました。

それにしても、子供達、見事に金運ないな~^^;
将来、大丈夫なんだろうか・・?

Keiba1

出発遅かったので、昼過ぎに到着。

新潟中央競馬開催中!
世の中は連休中!
天気は絶好の競馬日和!
ということで、混雑を予想したのですが、意外や、すんなりと駐車場を確保できました。

案外、空いていたのは、お盆だからでなく、知ってる馬がほとんどいないから!と、私は見ています。

Keiba2 レースは7レースまで終わってました。

写真は8レースのパドック。
馬に跨っているのは、蛯名君
この画像では、よくわからないですが^^;。

ちなみに今回は、蛯名君、田中の勝春君は切る!
と決意してました。
後にそれが連敗を招くことに(涙)

Keiba4

夏休み中の開催だったので、

こんな、大道芸人
のかたが
真夏の中
頑張っておられました。

 

                       

Keiba3



これが、
マキバオー君です!
(ウソ!)


   

馬券のほうは、前途のとうりでして、ワケのワカラン馬に、人気ジョッキーが乗って、それなりの人気になるだろうと、まず、蛯名、田中勝の2騎手は最初からカット
ひいきの柴田善を中心に3連複馬券を組み立て勝負したのですが。
結果8~11Rまで、全部外しました~!
ところが、、12Rにようやくひっかかり大幅プラスに!デ~ン!

今回、おまじないを書いた子供達と、歓喜の舞を披露してきました!

小倉、札幌とまだ12R残っていましたが、今回は勝ち逃げするんだ!。

(本当は嫁さん方の墓参り、遅れたら殺される)

しばらくは、勝利の余韻を楽しみます。

子供達に書いた、おまじないのおかげかな~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/05

「ツイスト/レイディ これを聴け!15」の巻

Sela 洋楽では
ロック+ジャズ=キング・クリムゾン
ロック+クラシック=イエス

比較になるのかはですが、
日本と言えば、やはり演歌!
それに+ロックでハイ!

世良公則とツイスト!のできあがり。

彼らの全盛期は70年代後半ですか?
当時の私は、小学校高学年だったのですが、懐かしのTV「ザ・ベストテン」では常連の世良さん。
  
あの中腰、必要以上のガニマタ開きでの熱唱!。
  

当時の世の中で間違いなく、アイドルの扱いをされてました。
  
そのステージ・アクションですが、空手の型を交えたパフォーマンスと判ったのが、高校のときでして、自分が空手をカジッテからだったりします。

しかし小学生の私から見ても、キザ野郎の世良さん
(当時、「女性ファンは大事」と照れもなく豪語!)
ツイスト解散後、年々渋くなられて、大人を感じさせる男になられました。
今はカッコイイ大人の見本といえるのではないでしょうか?

ところで、このバンド。
人気絶頂の中、世良さんの結婚で人気がジェットコースター並みに急降下!と言われておりますが、事実は?
もし、これが本当なら、当時のファンは、なんてミーハーだったんでしょう。
もっとも今聴き直すと、歌詞は以外と泥くさ~いのが多い!
むしろ、30代、40代向けの音楽ではなかろうか?


「性(さが)」

死ぬほ~ど、死ぬほ~ど、
  
 
本気で~、惚れちまう~!
  

はい。ド演歌の世界です!

さて、なが~い前フリの後ですが、短い本題です(笑)。
今回のお薦めは、記憶が正しければ、ツイストの後期のシングル

  
  
「レイディ」

この曲、日本の演歌で?10本の指に入る傑作と、私は思っております!
  
泣きのギター!、奥行きのある音のリズムセクション、どこまでも悲しくさせるストリングスのアレンジ。
そして、男臭さ全開でコブシをまわして歌う世良さん。
  


この曲にはマジックがある!ような、ないような・・・
  


特筆すべきは、歌詞でして、それまでの曲と違い、実に抽象的。
「アンタ」「オマエ」「アタイ」「オイラ」と、新潟ではあまり使わない言葉を多用している曲が多く(世良さん、広島出身)、「はった、ほれた」の世界が主なのですが、この曲については、よくわからん。
ただ、悲しい歌なことだけは確かで、私は聴けば聴くほど、


  

「風俗嬢と、その彼氏の、
  
        心情を表現した歌」

  
  

に聴こえます。
ぜひ、ベスト盤(収録曲・要確認)レンタルされて、聴いてみてください。
すごく、悲しい歌です(^^;)!

それにしても、メジャーデビュー曲、
  

「あんたのバラード」
  


世良さん、当時まだ22歳!昔の22歳は凄いですね~。

  

アンタに!あげ~た~ 愛の日々を~♪
いまさら!かえせ~とは  言わな~いわ~♪


ここに、ちょっと補作させていただいて、現代風に

  

それでも!貸した~ カネ~♪
利息を~ 付けて~ かえせ~♪



こういうのも、ありましたね。
「オイラは山梨~、オマエ~奈良」(BY江口寿)

 

 

TREviewランキング 励みにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

「これを飲め!キリン・ラガー・ビールBYチューリップ」感想

Kokoro3 毎日、暑いですね!
飲んでいらっしゃるでしょうか?


チューリップが出演の
キリン・ラガー・ビール


CMは素晴らしい。
けれども、ちょっと考えて。
今から不安になっている点が1つ!

売り上げが、前年比より落ちた場合、その責任(原因)は何処にいくのか?

まさか、キリンちゃん
この伝説のグループに責任転嫁するんじゃないだろうね。
ファン代表で今から釘を差しておきましょう!
  

「それはダメ!」

その辺は、頭のいい財津さん。
事情を把握した上でオファーを受けたことと察しますが。

ところで、このCM。
本当に、いい出来ですね。
コンサートじたてにしたところがミソでしょうか。
曲はやっぱり、「心の旅」しか無かったか・・?
この曲、昔は、こんなにPOPな別れの歌ではなかったハズ!なのですが。

久々に見た、現在進行形での動くメンバー。
  

全員、髪の毛フサフサ!
クソー、コッチは、あぶないのに・・・


ところで、拙者。
実はアルコールは下戸でして^^;。
今回のビール売り上げでは、あまり貢献できそうもありません!
ので、大勢のファンのかた、拙者の分まで
  
よろしくお願いします!(ぺこり)

ならばと、財津君の歌うCM「なっちゃん」
昨日、500のペットを買って来て冷蔵庫に入れて置いたのですが

「あのさ~、なっちゃん、どこにいったろね?」
嫁(オニ)の答えは、
「あー、あれ!、なんだかウマそうだったから、みんな飲んじゃったよ!

    んが! (BY「こまわり君」少年チャンピオン)



  

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/08/01

ポール・マッカートニー 慰謝料400億円払うのか?

Paul_pinti ポール・マッカートニー離婚!するらしい。
慰謝料に400億円請求の話題・・(調整中?)
100億~800億の間ともいわれてますが
相手は、地雷撲滅運動の旗持ち?で世界各地で活動されてるという
へザー・ミルズ
2人の間には、娘さんが1人います。

400億円です。拙者には実感わかない額なので、ちょっと物に例えると、
最新ジャンボ旅客機で2機分
・・・えっ?わかんない?やっぱり?

家1軒、4千万円として1000軒建ちます。
小さな市町村が1つできますね。

仮にポールが、「へザーに払うなら、日本国民で分けてくれ!」と言った場合
(あいかわらず、飛躍した想像力ですが^^;)
日本の人口で、400億円を割ると
(100万人未満繰上げ、1億2千8百万人で計算)
1人当たり約300円の配当となります。1家族でなく、1人当たりです。
愛煙家は喜ぶ金額です!

しかし、この400億円、ポールの財産の4分の1とTVで放送されたと記憶しているのですが。全財産を日本国民で割ると1200円!
もう、偉大の一言です!

今回の一件、拙者の感想ですが、

「偉大なるミュージシャンが、
偉大なる地雷を踏んでしまった!」

   

さて、ここで、拙者が考えたこと。
世の中、恋愛中の男性諸君!
特に、「彼女のどこがいい?」と聞かれ
「優しいところ」と答える君!(いるんだろうか?)
そう答える、あなたのほうが「優しい」はずです!


優しさの裏には、何かある!
と、たまに少しは疑ってみましょう!
当然、女性から見た、男の優しさの場合もですが。
先々考えて、もし結婚した場合、今の優しさは持続してくれるのか?

男性諸君!女性に対しての幻想はホドホドに。
「騙すより、騙されたほうがいい」なんていう美談に酔わないように!
「騙しにきたけど、騙されなかった!」ほうがカッコイイ!

400億円、ヒエ~ッ・・・

 

TREviewランキング 励みにしております。

  

  

http://rock-jiji.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_cbcc.html
↑ここで、このDVDの感想読もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »