« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の11件の記事

2006/09/30

「新御三家、ラストは野口五郎・・・・・の代打」の巻

郷ひろみさん西城秀樹さんと取り上げたので、やはり、どうしても
「野口五郎」さんを語りたい!

昔、「カックラキン大放送」は、かかさず見ていたものの、遠い思い出・・・


そこで、ネタ探しのため、レンタル店で、CDでなくビデオをレンタル。

「ちゃ~ん」

「だいごろう!


レレ~、間違って
子連れ狼」を借りてしもた~。
(うっかり、違うネタ)



せめて、画像くらいは・・・

Takamiyama_1 レレレ~、

思いっきり違う人やん!
(これまた、うっかり違うネタ^^;)

記憶ではこの方、リズム感はいいものの、しゃがれ声すぎるような・・・(定かでない・≠(゚∇゚ )

期待された方、いないと思われますが、申し訳ありましぇんでちた・・・

 

 

 

 

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/28

「新御三家 西城秀樹の忘れられない曲」の巻

Hudeki 昨日、郷ひろみさんについて、アップさせていただきましたが、今日は、
思い出の西城秀樹さん。

私が初めて、自分の物としてレコードを所有したのが、6歳の時でして、西城秀樹さんの、シングル・ドーナッツ盤でした。

当時、洋楽好きの洒落た叔母と、幼少の私、私の母
(現・オニババ)と3人で、買い物がてらにレコード屋に寄ったときのことです。
(叔母のエピソード話も以前アップしてました。
http://brainbuster.cocolog-nifty.com/tulip/2006/04/post_9ee5.html


「オマエは誰のファンなの?」

6歳の私、TVの影響で
「さいじょ~ひでき・・・」

「おばちゃん、買って上げるよ!」
叔母は気前は良かった!
音楽については、特にサービス精神旺盛だったな~。

そして買ってもらったのが

「激しい恋」  デ~ン!

 

♪やめろといわれても~! 
♪いまでは おそすぎた~!♪

♪こい(コイ)に こがれて やかれて~!♪

6歳でシャウトする私!
(現・オニババ)の後日談「音程は外れてた」・・・らしい。

ところが、当時のうちのレコード・プレーヤーはマニュアル式というのでしょうか?
自分で「レコード盤の端に針を落とす」という、6歳には非常に難しい技術を要しまして、下のゴム盤に落とし針を傷めること数度・・・
な~んと母
(現・オニババ)は、レコードを隠してしまいました!

コ・ノ・ウ・ラ・ミ ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ!
                       (By「魔太郎がくる」少年チャンピオン) 


 
  

話はもう1つありまして、私には3つ上の兄貴がいるのですが、
その兄貴!当時「恋」の意味が解らない私に

「この歌は、魚の歌なんだよ!」

すっかり、信じ込んでいたいた私。

コ・ノ・ウ・ラ・ミ ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ!
                       (By「魔太郎がくる」少年チャンピオン)

実際、兄貴も本当にそう思っていたのかもしれませんが・・・

明日は野口五郎さんといきたいのですが、ネタがありましぇ~ん

 

 



  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/27

「新御三家 郷ひろみ デビュー35周年」の巻

先日、TVで「HEY!×3」を見ていたら、
うちの
(オニ)が、
「この人、全然、年齢を感じさせないよね~、誰かさん!

Go

相手が、この方では、かないません!


一応念のため(笑)、本業は歌手。
俳優もこなし、自伝も出版、そして、近年にバラエティーでHGと共演したりと、実に幅の広い(スケールも大きい!)活動をされてます。
野口五郎、西城秀樹と新御三家といわれた時代もありました。
昔からのファンで新御三家の中では、
今も熱狂的になれる1番手は、この方ではないでしょうか?
先日、ワイドショーで35周年ライブも取り上げられておりました。


ちなみに、その1つ前の御三家と言えば、

力道山!、大鵬!、長島!

えっ、違うんですか?



話は戻りますが、この方は、

世界で1番若く見える50歳ではなかろうか!


さて、その秘密は?
日頃のトレーニングは、もちろん。
食事の節制にも気を配られていることと思われます。
そして、私が想像するに
(ネタですよ~♪念のため)

おそらく1番の理由は、

あのマイケル・ジャクソンと同じ、「老化しない」と噂の



カプセル・ベットで寝ているに違いない!

 



  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

「有料サイトで儲けるのか?体験談」の巻

今回は、競馬の有料情報サイトについて語りたいなと思います。

実は去年、ネットでいくつか有料サイトを利用させていただきました。

ここで気を付けなければいけないのは、各サイト、必ず勝つという予想でなく、あくまでも勝つ可能性がある馬を掲げる情報を提供するということ。

判ってて入会したものの、何故か、入会した時点で、気分は無敵!になってしまうのは私だけ?ではないはずで。


利用したサイト、金額的には500円~3000円の範囲内。、

期間が1日分~1月分とサイトによっては、かなり金額と日数にバラツキはありました。

利用した結果は・・・

大方の予想されるとうり、

情報料も取り返せない、赤字で終わりました^^;!

 

例えば、1場所1日の12R中、2R当たった事を強調されてもな~。
  
他の10R分の投資金額を回収できなかったりします。

例えば、お薦めの馬券の買い目が10点以上だったりします。
馬連でです!
1点100円として、配当が1000円以下だと、赤字になります。
  
そうならないためにも、買い目は自分で絞りなさい!
とは、なんぞや!
  

多くのサイトが、各サイト独自の計算方法によって算出された、数値順に予想印が打たれているものなのですが、人気薄が上位にきて、それを本命とするやり方は、それは自分的には12R中、1~2RならOKです。
外れた際は、当然文句も言いたくなりますが!。
外れても、その数値に信念を持ってやられてるんだな~ということで。

  

ややこしいのが、基本(例えば上記10点買い)の他に、高配当馬券の取り方と表し、数値の低い馬券のボックス買いなんてのもありました。
そのやり方で万馬券をGETしましたなどと、オンドレのサイトの宣伝に明記してくる厚顔さ!
   
 
 
実際、購入すると馬連で、可能性のあると思われる本命馬券10点買い+まず、こない馬券を10点。
このやり方をPRのひとつとするのなら、
 
   
情報料を、もっと下げんかい!
ついでにトンチンカンな予想の際は、誠意を見せて謝らんかい!
お金を集める以上、とことん、プロ意識を持ってほしい!

実際、消えたサイトも多数あります。

世間では、上手に活用されてる方もいらっしゃるのでしょうが、私の場合、情報を集めれば集めるほど、もう、ワケがわからない状況!

去年利用して実感したことは、今さらながら
  


ウマイ文句には、騙されるな!
  
相手は、商売をしているんだ!

 

とか記しながら、無料予想サイトを徘徊する
競馬に迷いまくりの私だったりします

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/21

「サッカー 手をつなげるのは子供だけ?」の巻

Bekamu 先日、実家で家族6人(爺、婆、私、オニ嫁、子供2人)スポーツニュースを見ていました。

サッカーのニュースが流れたのですが、その中で、選手達が入場の際、お決まりの事なのですが、

「選手が子供の手を引いて入場」のシーン。

それを見て、うちの、おばあちゃん(オイラの実母、推定年齢70歳)が
「私もやってみたい!」・・・・・   一同エッ!



「私も選手と入場行進やってみたい!」
・・・・一同エッ!・・・・



たまには、老人達と入場もあり?
アルビレックス新潟、検討願います。

知人に聞いた話なのですが、
選手が子供を連れて入場するのは、ゲーム前の気持ちの高揚を抑えるためだそうです。ホント?

すかさず、うちの、おじいちゃん(実父、推定年齢69歳)が

「オレも1度、プロのグランドでボール蹴ってみて~な~」

・・・一同シ~ン・・・・

じいちゃん、サッカーに興味ないのバレバレですぜ!

  



  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/20

「プロ野球 プレイバック1987 中日ドラゴンズ」の巻

オイラは野球は巨人のファンです。
しか~し、今のプロ野球、語れる事はありません。
前ほど、TV観戦してないことも理由ですが、肝心の巨人、早々と優勝戦線から脱落!

Ochiai
時は1987年
この年のセリーグの話題は中日ドラゴンズ
そして、この1987年は、オイラの社会人1年生の年でもありました(年齢バレバレだ~)。
だからだと思うのですが、この年のドラゴンズ、やけに印象に残っているんです。


ドラゴンズに因縁?を持つキッカケは、さらに遡ること約10年前。
野球が好きな小学生低学年のオイラは、帽子を買ってもらえることに。
ところが、オイラより3つ上の兄貴が、すでに巨人の帽子!
オイラは母親に
「オマエは青が似合うから、こっちにしろ!」
の一言で、ドラゴンズの帽子を被ることに・・・

   
うれしくなかった・・・
   


昔の母親への恨み!は置いといて、本題です。

この年、NHKの野球解説で、歯切れが良くて、人気もある星野さんが、現役時代着たユニフォームで、再び球場に戻ってきました。
中日ドラゴンズ、星野監督の誕生でした。

星野監督、中日を優勝させるべく、改革に着手。
先ずは、それまでの主軸であり、2000本安打達成選手のベテラン、谷沢に引退勧告。
その代わりが凄かった!
1986年、パリーグで3冠王を獲った落合の獲得。
トレード内容も破格でして、それまでの中日の絶対的な抑えの牛島、名内野手と呼び名が高かった上川を含む1対4の破格のトレードが成立。

後日の記者会見で、唇を噛み締めて心境を語る牛島と、報道陣席1番後ろで、下を見て思い詰めてる星野監督・・・
確かに、そこにはドラマが存在していました!

さー、打つほうの主軸はできた。
投げるほうはといえば・・・
当時のエースは、本格速球投手の小松。ベテラン鈴木孝政、前年、西武から田尾とのトレードできた杉本の3本柱。押さえに、牛島の代わりにという布陣。懐かしい名前が続きます(笑)。

開幕前のインタビューで星野監督の一言。
がな~・・・・・」
牛島を放出したものの、都の不出来は計算外だったもよう。
その都投手、貴重な左腕だったのですが、肩痛で投げられない状態。
結局、そのまま活躍できずに引退されました。

さて、はるばる?、パリーグからやってきた落合。
打撃練習が幕を貼ってのシークレット!報道陣シャットアウト!
この効果は絶大でして、開幕戦の巨人戦、早く打席が見たいがため、オイラはTV観戦のため、日産パルサーをすっ飛ばして、家に帰りました。
そんな方、多かったのではないでしょうか?覚えてないでしょうけど^^;。

巨人開幕戦、ピッチャーは西本!
内角、胸元をえぐるシュート!ある程度、攻めてくる方法は落合も、予測していたはずでしょうが、おそらく、予想以上の球で、とまどい隠せず・・
その西本、後年ドラゴンズで活躍するとは、そのときは思いもよらず、ですよね。

2戦目に登板してきたのは江川!
ストレートとカーブの2種類しか投げないにも関わらず、エースと呼ばれていたのは、西本でなく、彼のほうです。
正攻法のピッチングをする江川も、落合に限っては、徹底的に内角攻めで、当時の解説者(誰だか、忘れました^^;)も唸ってました。

多分、この2試合が他球団にも参考になったのか、この年の落合、タイトルには絡めずで終りました。しかし、出塁率が4割以上でリーグ・トップなのは、いかに、恐いバッターなのかの証明でもありますよね。
その落合も後年、巨人に来るとは・・

この開幕から2連戦以降、後は記憶がありません^^;。

この年、優勝したのが巨人軍。
監督は当時、恐い顔の王監督でした。
ちなみに巨人でのリーグ優勝は、この年の1回。
監督の難しさを勉強した時期と、今だから思えます。

福岡に行って、大正解!

この年の落合登場のインパクトの強さを超えるものは、最近、なかなかありません。
清原が、もう1~2年早く巨人に見切りをつけて、阪神に行けば、おもしろかったんだろうなと・・「たら・れば」の話ですが。




記憶があまり明確でないため、文章中、おかしな点があるかも知れません。ネットで調べてわかったところだけは、明確に記したのですが、それ以外は、曖昧なままでの記載です。

   

 

ベストランキング(音楽、映画、TV部門で健闘させていただいております)

プロ野球スキャンダル事件史 3 (3)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/15

「長州力が、世界を知った試合」の巻

Tyousyuu 新日本に2度出戻り、現在、現場監督の長州力

専修大学出身。
ミュンヘン・オリンピックに韓国代表で出場。


余談①
長州力、学生時代、土方のバイトを経験
そのときの労働で流した汗を見ながら、ここでの仕事は、自分の力になるんだ!と実感。
ちっとも苦じゃなかったらしい(多少、私の脚色有り)。
  
この記事を読んで、私はちょっと、土方作業に憧れるものの、未だ、未経験。
もっとも、力だけでなくセンスも問われる仕事ですよね。
土方はやっておりませんが、ここまで仕事は「汗をかく仕事」に従事しているのは、この記事の影響が大きいです!

大学卒業後、即、新日本に入社。
アマレス出身だけに、スパーリングは強かったらしい。
ここで、仕事人と言われたわりには、札幌以外では、本当に地味な活躍しかしなかった?
木戸修に、スパーリング中ケツを攻められる裏技プロレスの奥深さを知る(練習中指を入れたとか・・・という話)
後にWARとの対抗戦で、「新日の秘密兵器」と、長州が抜擢したのは、この時の経験があったから・・・か?

私が覚えてる、若手時代の長州で1番印象に残っているのは、ローランド・ボック戦。
当時、最強のひとりと言われてたボックを相手に、全くプロレスをさせてもらえなかった記憶があります。


余談②
そのボックは、後年、刑務所に行ったらしい。


長州力の当時の存在は、新日にはパワーファイターとして、ストロング小林がいたのですが、所詮は国際から引き抜いた外様。
彼に変わる抜擢を受けていたようでして、タッグチャンピオンになったり、それなりの活躍をするものの、なんだか若いのに中堅レスラーみたいな役まわりでした。

ところがメキシコ遠征で1つの転機が訪れます。

海外遠征から戻るや、当時、猪木に続く人気の藤波

「オレは、オマエの噛ませ犬じゃない!」発言。

心あたりの無い藤波はとまどい隠せず・・。
そのまま、反体制にまわり維新軍を結成!
と、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せてくれました。


長州力、大ブレイク!!

ところが、試合で猪木を敵にまわしながらも、段々、経営者としての猪木の汚いところが見えてきてしまい、そのまま、軍団を率いて新日を離脱!
ライバル団体の全日に飛び込む!というウルトラC!

全日時代の長州は、内心、新日の看板が胸にあって、絶対負けられない!気持ちで一杯だったのではなかろうか?

熱い戦いを熱望した長州に答えられたのは、天龍のみだった?
鶴田はあくまでも、大人の姿勢を崩さず。
御大・馬場は、お互いの商品価値を下げるようなことは、するはずもなく。
当時の私の評価は、1位鶴田、2位長州、3位天龍の順だったのですが。


余談③
鶴田と長州の大阪?での一騎打ち。
試合後、長州が谷津に「鶴田は強い!」と洩らしたらしい。
鶴田は鶴田で「まるで、オリンピックで戦ってるようだった」と感想。
その試合、60分時間切れで終了後、バテた長州とは対照的にピンピンしてた鶴田。
おそらく、この試合で、長州は全日に疲れたのではないだろうか?
でも、この試合、時間切れ寸前まで足4の字に拘った、鶴田のマズイ攻めで後味悪い記憶があります!
ちなみに、私はジャンボが1番好きで、鶴田最強論に1票ですが。


さて、人気絶頂で全日に上がった長州力を待ち構えていたのは、小鹿、大熊の極道コンビを含む、日本人陣営だけではありませんでした。
当時の全日は、ハッキリ言って外国人選手が客を呼ぶ時代。
それも1流と言われるプロレスラーが、代わる代わるやってくる。
そんな彼らに、ハイ・スパート1本の長州力のファイトは、当然良くは写らなかったのでは?

そこで、ボコボコにしようとしたのは、この男!


長州力が、世界を知った試合!

余談④
長州の前に立ったこの男、この後すぐ新日に移籍。
「プロレスラーは大きくないと認めない」という持論から、長州にやりたい放題で去っていきました。

話は、思いっきり飛んで、最近の長州力。
細木数子の番組に出たり、弟の小力とバラエティー番組に出たり、いたって普段の素顔を拝見できて嬉しいです。

  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/09/13

「ポール・マッカートニー/ヤァ!ブロード・ストリート これを聴け!17」の巻

Poul_1 今回お薦めさせていただくのは、元ビートルズ、御大ポール様が1984年に発表したアルバム。

「ヤァ!ブロードストリート」

同名本人主演映画のサントラ盤でもあるこの作品。
映画は、ヒットしなかったみたいで、実は拙者も見ておりません。
ですが、アルバムは、なかなか良い仕上がりです。

このアルバムの特筆すべきことは、


「ビートルズの曲をポール様がセルフ・カバー」

で収録している点!。
このセルフ・カバーが聴けるのは、このアルバムだけです。
ライブ盤でも聴けますが)

オリジナル曲に近いのですが、落ち着いたアレンジといいましょうか?
(えっ、わからん表現?やっぱり)

唯一「ロング・アンド・ワイディング・ロード」はストリングス抑え目で、サックスをフューチャー、オリジナルから少し離れたアレンジ。
より、アダルトな仕上げです。
(えっ、益々わからない?やっぱり^^;)

結構、賛否両論とも思われます(当然否が多い?)。
当時、自分の曲をリメイクする人は、あまり(ほとんど?)いなかったこともありまして、拙者も発売時は否定派でした。
「ポール、衰えたり!」と思いましたから。
新曲で入っていた「悲しいBADBOY」(声も出てないな~)と、ビートルズの曲の落差が大きすぎて、かなりガッカリしました。
(今でも「悲しい・・」は聴いていると哀しい・・)

映画の構成上か、当時のポールの心境を反映したのか、カバーされたのは「リボルバー」から4曲、「タッグ・オブ・ウォー」から2曲、他数曲。
それに新曲がジャマ申し訳なさそうに散りばめられてます。

数ある名曲から、この選曲は何が基準なのかはサッパリわかりませんが、20年以上たった今聴くと、
「バラードの神様ポール、最後の傑作アルバムではなかったか?」
と、拙者には思えます。

ゲスト陣もいい仕事してます
「ひとりぼっちのロンリーナイト」
ではピンク・フロイドのデイブ・ギルモアが、自身のバンド同様にキレイな音でギターを弾いていたり、ポール76年のヒット曲「心のラブソング」では、TOTOの、ジェフ・ポーカロ(ドラムス)、スティーブ・ルカサー(ギター)が参加、そしてリンゴ・スターも数曲、ドラムを叩いています。

「マイ・ラブ」入れてくれたら、もっと良かったのにな。

ポールのライブ盤でのビートルズ・ナンバーは、感情移入しやすくていいなー!なのですが、こちらのほうも、音はキレイなので、秋の夜長に、昼寝のお供に一聴ください・ませませ。

  

TREviewランキング 励みにしております。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/09/10

「若者のファッションに物申す!」の巻

Zubonn 以前から見かけるものの、最近、度が過ぎるんじゃないか?と思われるのが、
   


ダボダボのズボンを、わざと、ズり落として履く、履き方


拙者は、後ろからズリ上げたくなります!

この履き方をする理由は?

①アメリカ人ラッパーの真似→でも、君。ラッパーというより、プロレスラーみたいだよ

②パンツを見せたい!→いっそ、生ケツで勝負してほしい!
                  
まわりが、見る見ないは別にして。
  


③寂しん坊で、誰かにズリ上げて欲しい
     
→でも、ごつい君の場合、みんな遠慮すると思うけどな~

   

うちの息子には、
こんなファッション認めんぞ~!

  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

   

  

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/09/09

「夏の思い出 千本松牧場までドライブ」の巻

Sennenmatu 夏休み。

栃木県の「千本松牧場」
  

に行って来ました。

高速で磐越道~東北自動車道経由で、下道も含めて3時間弱のドライブでした。

当然、牧場で遊ぶのが目的で出かけたのですが、今回はドライブ中に、「ディオン」を何台見かけるか?も1つのテーマとして。
「ブログに掲げている以上、車のネタも」と常日頃考えてはいるのですが、ウケねらいしか思いつきません^^;。

高速道路、さすがに対向車線がガイドレールの向こうなので、チェックができませんが、同一方向車線で見かけた台数は、なんと1台なり!。

東北自動車道で拙者のディオンは法定速度+ん10キロで、前を走る日産ローレルのロー・ダウン車を追っかけて(見ず知らずのアンちゃん)、走ってたのですが、その拙者をアッサリ抜いて、ついでにローレルに幅寄せ!していったシルバーのディオン
しかもコチラと同じ初期型
乗っていたのは初老と思われる男性?とその家族。
思わず叫ぶ拙者!


「オイオイ!
そんなに飛ばして大丈夫か?
          GDIエンジン!」


と余計な心配をしつつ、内心、抜かれたことに嬉しいやら、悲しいやら・・・・

Sennnenmatu_map

千本松牧場ですが、
予想以上に素晴らしい!
入場料は無料でした。
しかし、完全無料でなく、催しもののある会場によって、入場料が設定されてたりします。
それでも、ただ、箱が置かれてるだけで、係の人もいないという、実に良心的な(笑)場所もあったりして。


意外と高いなと思ったのが、乗り物。
この牧場のシンボルともいえる気球は、大人1500円。
そして見せ物の一つと言える、乗馬は千円。
それも、馬のいる広場1周の値段。
牧場内にあるコースまで出ると2千円。
安全を確保する保険代と思えば安いのか?どうなのか?
正直、高いと思われました。
乗り物でそこまでするのなら、入園料なりなんなり、もっとキチンとした管理をされたほうが良いのではないでしょうか?

Sennenmatu_inu
こんな素敵な犬を筆頭に、
ヤギ、牛、馬、羊等、動物が一杯。
釣堀もあって、魚も一杯。
売り物でしたが、昆虫も一杯。
   

なんといっても緑が一杯!

(拙者、牧場の回し者ではありません)

日帰りで行ったので、車運転してた時間(往復)と、牧場にいた時間が同じだったりして。
時間的には物足りなさが残るくらい楽しかったです。
  
もう一度行くことは、考えておりませんが。

Oirato_uma

拙者に似た人?!
が乗ってました。
その人いわく

「騎手どころか、カーボーイにもなれん。」




この画像、見れば見るほど、

馬のケツのほうが目立ちます!

今回は、夏の楽しい思い出でした。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/01

チューリップ・クイズ②

Tulip_kimino_yurei_1先日、1回クイズhttp://brainbuster.cocolog-nifty.com/tulip/2006/07/post_ddff.html実施したところ、
くだらなすぎて、回答数0
という記録をつくってしまいましたが懲りずに、もう1問。
とはいえ半分以上はネタなので、真面目に回答されると、困ってしまいます
(なら、出すなや~などと言わず、お付き合い願います。)

さて問題です。
メンバーのリーダー、財津さんは、子供の頃、犬を飼っていたそうです。
その犬の名前を付けたのは、財津さんのお父さん。
付けた理由が

「大きくなっても、自分のことは自分で責任取れるようになれ!」

とのことです。
(財津さんのネタ転記)
繰り返しますが、犬の名前です。

さて、その犬の名前を下記から選択してください!
1、プチプチ
2、ベム
3、くま
4、ランラン
5、栃嵐
6、どんパ
7、はいせいこー
8、ちろ
9、ラッシー


ここらで、やめときま~す。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »