« 「若者のファッションに物申す!」の巻 | トップページ | 「長州力が、世界を知った試合」の巻 »

2006/09/13

「ポール・マッカートニー/ヤァ!ブロード・ストリート これを聴け!17」の巻

Poul_1 今回お薦めさせていただくのは、元ビートルズ、御大ポール様が1984年に発表したアルバム。

「ヤァ!ブロードストリート」

同名本人主演映画のサントラ盤でもあるこの作品。
映画は、ヒットしなかったみたいで、実は拙者も見ておりません。
ですが、アルバムは、なかなか良い仕上がりです。

このアルバムの特筆すべきことは、


「ビートルズの曲をポール様がセルフ・カバー」

で収録している点!。
このセルフ・カバーが聴けるのは、このアルバムだけです。
ライブ盤でも聴けますが)

オリジナル曲に近いのですが、落ち着いたアレンジといいましょうか?
(えっ、わからん表現?やっぱり)

唯一「ロング・アンド・ワイディング・ロード」はストリングス抑え目で、サックスをフューチャー、オリジナルから少し離れたアレンジ。
より、アダルトな仕上げです。
(えっ、益々わからない?やっぱり^^;)

結構、賛否両論とも思われます(当然否が多い?)。
当時、自分の曲をリメイクする人は、あまり(ほとんど?)いなかったこともありまして、拙者も発売時は否定派でした。
「ポール、衰えたり!」と思いましたから。
新曲で入っていた「悲しいBADBOY」(声も出てないな~)と、ビートルズの曲の落差が大きすぎて、かなりガッカリしました。
(今でも「悲しい・・」は聴いていると哀しい・・)

映画の構成上か、当時のポールの心境を反映したのか、カバーされたのは「リボルバー」から4曲、「タッグ・オブ・ウォー」から2曲、他数曲。
それに新曲がジャマ申し訳なさそうに散りばめられてます。

数ある名曲から、この選曲は何が基準なのかはサッパリわかりませんが、20年以上たった今聴くと、
「バラードの神様ポール、最後の傑作アルバムではなかったか?」
と、拙者には思えます。

ゲスト陣もいい仕事してます
「ひとりぼっちのロンリーナイト」
ではピンク・フロイドのデイブ・ギルモアが、自身のバンド同様にキレイな音でギターを弾いていたり、ポール76年のヒット曲「心のラブソング」では、TOTOの、ジェフ・ポーカロ(ドラムス)、スティーブ・ルカサー(ギター)が参加、そしてリンゴ・スターも数曲、ドラムを叩いています。

「マイ・ラブ」入れてくれたら、もっと良かったのにな。

ポールのライブ盤でのビートルズ・ナンバーは、感情移入しやすくていいなー!なのですが、こちらのほうも、音はキレイなので、秋の夜長に、昼寝のお供に一聴ください・ませませ。

  

TREviewランキング 励みにしております。

|

« 「若者のファッションに物申す!」の巻 | トップページ | 「長州力が、世界を知った試合」の巻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おはよ~。
ビートルズといえば家の夫が登場しそうです(笑)
若い時に買ったレコードがズラリ並んでるのね。
で、我が家は今でもステレオでレコードもよく聴いてるので、夫は時々引っ張り出して聴いてるよ~。
ちなみに彼は超アナログ人間なのでCDをひっくり返して裏面を聴こうとした事もあります・・・。

投稿: ジョー | 2006/09/14 10:30

ジョー様、
コメント、ならび、オイラの本題より、おもしろいネタありがとうございます(笑)。
聞いた話だと、CDは針飛び、劣化が少なく、音質もクリアーに聴こえるようなのですが、実はアナログ盤のほうが、CDよりも音域が広い!音の情報量は多い・・・とのことです・・・オイラには差はわかりません(笑)。ああ、真面目に語ってしまいました~。

投稿: よっちゃん | 2006/09/14 18:51

失礼します。。
よっちゃんさん、さすがチューリップ聴くだけあってビートルズにもお詳しい (゚ー^d)グッ!
あいや、反対でしょうか?
ただ「ロング・ワイディング・ロード」ですと、ちと歌いにくい気もします。

ぁ ろん・・・わいんでぃん~ろ~♪

ふふ、、あげあしとりだっちゅーの。

私も誤字脱字多いので人の事言えません。
パソコン始めた当初は間違えるとひどく焦りましたが、でも最近気にならなくなって来たのは良い事でしょ~か・・・

投稿: アジアン | 2006/09/14 23:43

よっちゃんさん、こんばんは。
このアルバムはちょっと・・・スミマセン、聴いたことないんですが。
しかしこんなところにもポーカロ&ルカサーが参加していたとは恐るべし・・・、手元にあるポールのディスコフラフィーで確認して、アラ、ホント、気が付きませんでした(笑)。

最近は「ウイングスUSAライブ」のアナログ盤を見つけてきて聴いていますが、その中でもビートルズのカバーをやっています。
でもやっぱりウイングスの時代の曲はイイですね。
何だか脈略のないこと書いてしまって、失礼しましたっ。

投稿: じんぺい | 2006/09/15 00:04

アジアン様コメントありがとうございます。
「ロング・ワイディング・・」確かにそんな感じですよね(笑)
ちなみに「レット・イット・ビー」は「レレピー」とオイラには聴こえます。
そして、チューリップの「アップ・サイド・ダウン」という曲、「アジシャン!」に聴こえるんだよな~・・・

誤字、脱字、言葉使いのおかしい箇所、オイラのブログには一杯あります!指摘があれば直します!でもレベルは上げられないな~。
別にあのコメント、載せないこともできたし、いつでも削除できるのですが、あえて載せてました。当然、他意は大有りですが(笑)

投稿: よっちゃん | 2006/09/15 19:08

じんぺい様コメントありがとうございます。
そのアナログ盤、CDですと2枚組ですが、アナログだと3枚組ですよね。「ヴィーナス&マース」のオープニングには、オイラもゾクゾクします。
ああ、リンダのバック・コーラスが懐かしいです。

投稿: よっちゃん | 2006/09/15 19:33

よっちゃんさんのボケ(失礼)に思わず好感度アップ!!(笑)
いや~個人のブログにいちいち揚げ足とるつもりはまったくないんですが、ここは成り行きで・・・ (^◇^;)ユルシテ。。

ぁろん げん わいんでぃん~ろ~♪

の“ げん ”にあたるところが抜けてますよ~、、、と言いたかったわけで・・・m(__)m
ちなみに「アップ・サイド・ダウン」は私の耳には “ 朝じゃん ”と聴こえるのです。変ですか?
誤字・脱字等々、自分では気が付かなくても他人の事はよく気が付くもんです。まぁ気が向いたら指摘しますんで、気にしないで自由にのびのび(?)と書いて下さい。

投稿: アジアン | 2006/09/15 23:47

アジアン様。
御指摘ありがとうございます。
ボケでもなんでもなくて、マジで気ずきませんでした。
アホです。
穴があったら入りたい!
なんていうと、まわりの人間は穴堀に出掛けるので、「布団」に入ります!
早速、訂正入れさせていただきました。

早速という割には、コメントのアップ、遅れたことをお許しください。

前回コメント「あのコメント」はアジアン様のコメントでなく、その前の記事(野球、ハンカチ王子)に付いたコメントを差してのことを、追記させていただきます。
重ねて失礼しました。

申し訳ありませんでした。


投稿: よっちゃん | 2006/09/18 05:02

分かってます。 (^ ^)bグッ!

投稿: アジアン | 2006/09/18 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151688/11881211

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポール・マッカートニー/ヤァ!ブロード・ストリート これを聴け!17」の巻:

« 「若者のファッションに物申す!」の巻 | トップページ | 「長州力が、世界を知った試合」の巻 »