« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の9件の記事

2006/10/31

「たったひとつの恋 放送3回目感想」の巻

Zaitu3_2 10月28日「たったひとつの恋」3回目放送ありました。

さー!注目!今回の財津さんの演技はいかに?

超高級マンションに、夫婦2人で晩御飯の後か?
電話が鳴り、洗い物の手を止め電話に出る奥さん。

電話を受けた、田中好子さん演ずる、奥さんのセリフ

「ナオ、今日、お友達の家に泊まるって」

財津さん、今回、唯一のセリフ。今回は、たった一言ですよ!

ソファーに座り、奥さんに背中で返事。

「をわ×△□?・・」(「んが」にも聞こえた)

その後、立ち上がり、奥さんと向かい合うと思いきや、顔も合わせず、ソワソワ。
食卓に「へのへのもへじ」を書きながら、落ち着かぬ様子。

娘が心配で仕方ない様子を、

財津さん、見事に演じてました!
(「書いてて苦しくないか?」とは天の声。気にしない、気にしない!)

今回のドラマ。
見所は、やっぱり最後の、あのシーンでしょうかね~。
でも、1話の中で、シャイな男の子と、駆け引きのない女の子(天然系ともいう)の、細かな心情の描写が良くできていたと思われます。

でも、幸せのままでいいんでないかい?
「これが、不幸の始まりだった・・」
毎回、視聴者を
、暗い気持ちにさせて次回に繋ぐのは強引にも思えるのですが?

今回、TV局の予告の流し方に?
ドラマが終了と同時に、小田和正らしい曲のエンディング・テーマが流れて、次回予告。ここまでは、なかなかのインパクト。

ところが、すぐ後に

「14才の母」の予告CM!
インパクト大!

実際、視聴率も上らしい。話題性は明らかに上か?

でも、こちらには負けてほしくない!
長澤まさみさん主演の

「セーラー服とキカン坊!」
(By「3年奇面組」新沢基栄 少年ジャンプ)

負けるな!亀梨君!

   

今回も画像ネタ、用意しております!
   

Norosi_1  クリック!・・・してもしなくても\(^o^)/

 

TREviewコチラはクリックを。励みにしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/25

「木村カエラ ~音楽数珠つながり これを聴け!18」の巻

たまには、音楽を語らなければ・・・

Atensyon 最近(今頃ですが)、耳から離れない曲の1つで、

「Oh Pretty Woman」

木村カエラさん、TVで歌ってるのを拝見すると、そのキャラクターもあって、かなりPOPな印象を受けるのですが、音だけを聴くと、バックバンドがキッチリしてて、ロックしてます。
この曲も同様な仕上がりで、ロックな仕上がりです。

でも、このロックなアレンジは、あのバンドが元祖だよなな~。

Van_halen

ヴァン・ヘイレン 5枚目のアルバム

「ダイヴァー・ダウン」

なんと、メンバーによるアカペラまで収録の、このアルバム。


1番のお薦め曲は、当然「Oh Pretty Woman」
この曲の前に「Intruder」という、カッチョイイ、インスト曲がありまして、そこからの繋がりで、この曲に入る瞬間がハイライト!
(曲も素晴らしいロックな仕上がりです。)

そして、このアルバムに収録されている曲で、もう1曲有名なカバー、「Dancing In  The  Street」も、なかなかの仕上がり。

Bowie 「Dancing In  The  Street」といえば、
80年代、確か?ライブ・エイドでPVが流された
「ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ」コンビが思い出さ
れます。

PVを見た感想ですが、
「大御所、2名がハシャイデル!」くらいだったりして。

ここでの「Dancing In  The  Street」は、簡単に説明すると、超豪華な仕上がりといいましょうか?
えっ、全然わからん?やっぱり?
なんだかVAN HALENヴァージョンが地味に聴こえてしまいます。
もっとも、聴かせるポイントも違うので、私はあえて、ヴァン・ヘイレンに1票!

Tonight2

ところで私、デヴィッド・ボウイの中で1番好きなアルバムは

「Tonight」です!

「Let’s Dance」しか、まともに聴いておりませんが^^;。

このアルバム、詳細は後日アップさせていただきますが、発売当時の疑問が、
何故?アルバム・タイトル曲が、私の

「おかん」と似ている

ティナ・ターナーとのデュエット?
(デュエット以上の、フカ~イフカ~イ関係があったらしいですが)

ティナ・ターナー・・・
私の幼児体験からか、とても恐く見えます(● ̄(エ) ̄●)。

もっとも、今、恐ろしいといえばOni2
←クリック!してもしなくても・・・・

「また、オチは私~!

しかも、バージョン・アップまでしてー!」
(子供は拍手喝采)

グサ!   ブシュ~!

「あっ、あきまへん!

 頭のフォーク、抜きに、病院まで。

        今回はこのへんで・・・」
(子供は、ここでも拍手喝采!結局はお母さんの味方)

  

 ▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/24

「たったひとつの恋 放送2回目感想」の巻

Kazuo 10月21日、「たったひとつの恋」2回目放送ありました。

さー、注目!今回の財津さんの演技はいかに?

今回は、大女優。淡路恵子さんが、おばあさん役で出演!


ちょっと、財津さんには、荷が重かったのではなかろうか?

パソコンで「へのへのもへじ」を打ちながらのセリフは、どことなく、演技というより、に感じられましたが。(゚∇゚)

最後に、おばあちゃんの肩に手をかけるシーン・・・。
さぞかし、緊張されたんだろうな~・・・。
ドキドキドキ・・・・もう1つの恋?\(^o^)/

ところで、このドラマ。初回から、いい意味で気になってたのですが、

画像がキレイ!

うちのは、伝統ある?ブラウン管なのですが、これをハイビジョンで見たら、どこまでキレイになるんだろう?

今回の見所だったのは、お祭りでのシーン
なかなか、ありそうで、ドラマでは無いシチェーション。
つくるほうも、考えてくるよな~。

「あたし!あのオレンジのが(どうしても)欲しい!」

「・・・じゃ~、取ってくるよ」

ワガママな女の子に振り回される、シャイな男の子。

仮に男の子が拙者だったら(仮ですよ、仮!)
やだな~。先が見えてきて・・という感じでしょうか?

話途中には、今回も兄弟でのシーンがありまして・・・
なんだか、こっちの物語のほうが、拙者は胸を締めつけられます。
(クビは、しょっちゅうオニ嫁に・・)


さて放送2回目ですが、
亀梨君、大丈夫か?
拙者思うに、お父さんの財津さんと対決する前に、お兄さんの

要 潤さんが、先に立ちはだかるみたいです!

彼を刺激しすぎると、仮面ライダーになります!
亀梨く~ん、気つけや~!

   

さー!今回も画像ネタ!いきます!

Tattahitori_1

クリック!クリック!

今回は左手!一応、右手ヴァージョンも考えてるのですが。

 

 

TREview励みにしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/17

「たったひとつの恋 初回感想」の巻

Zaitu3_1 初回放送、見ました~!

財津様登場まで、40分近く待たされまして

「ひょっとして、諸事情で、出演シーン・カット?」

などとも思いましたが。
いや~、それでも拙者は、ほんの数秒のアップシーンで、しょんべん、ちびりそうになったりして・・。

今週のハイライト!

「カフェでお茶のシーン」

娘の健康を気使うお父さんに対して

娘「お父さん、私、もう元気だから(心配しないで)」

「・・・そうだな・・・、元気だな・・」

含みのあるセリフと演技!

視聴者に、「昔、なにか大病でも患ってたのか?」
と思わせる奥の深さ

くぅ~、財津様、頑張ってるではないか~\(^o^)/



さて、そのドラマの内容ですが、(普通、こっちを先に書く?)

1緒にプールへ落ちるシーンが「キッカケ」となり、約束のハロウィン終ってからも、一人待つ彼女の前に、半信半疑のまま現れた彼氏(内容、かなり省略)。互いの本音を語り合い、ハッピーエンド・・・

れれ~、一話完結でもよかった?

まだまだ!
これから、亀梨君の前に、どう立ちはだかるのか財津様・・・
嫌~な役まわりになればなるほど、露出は増える!
オイラは、嬉しい!・・・・不安も、何故か少々・・・

   

Tattahitotu_1 ←クリック!クリック!

撮影協力、爺、婆、嫁(オニ)、子供2名

この撮影のために呼ばれた事を知り、怒る爺様と婆様・・・

TREview励みにしております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/12

「長州力が観にいったバンド!」の巻

Tyousyuu3 前回、書き損ねた余談がありましたので、この度、追記で。

10数年前読んだ記事でして、実際は1980年前後の出来事と思われるのですが、
長州力、海外遠征修行中、なんと、あのロックバンド

KISSのコンサート

行ったみたいです。

この記事を最初に読んだとき、長州のイメージと合わなくて^^;。
普通に若者してた部分もあったんだな!

と、
嬉しくなってしまいました。\(^o^)/


▼励みにしております(苦戦中^^;)▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/10

「ディオンVSカブト虫 」の巻

Dion_kabuto1_2

 
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

今回は夏休みの悲しい思い出。

今年も「カブト虫を飼った記念」で、ディオンの上にカブト虫をのせてみました。

.えっ、わからない?それでは、アップで。

Dion_kabuto2_5   

  

 

  

  

  

  

  

  

 

 

ただ、これだけではつまらんので、ライバルにも登場してもらいます。

Oniyome_2

  

 

  

  

  

おっと、間違えました。

(キョロ、キョロ)大丈夫です。オニ○○は側にいませんでした。

Dion_kabuto3_2

    

  

  

  

 

  

  
   

ところが撮影翌日、このカブトはお亡くなりになりました。
写真撮影のため、ワックスをかけたのですが、それを舐めてしまったのでしょうか??

れれ~、原因は私のせい?( ̄ロ ̄lll)

死んだカブトを手のひらに乗せて、涙ポロロ~ンの息子・・・

夏の悲しい思い出・・・

   

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/09

「ASKAさんの素敵な詞」の巻

今回は、前回
書き損ねた事がありまして、ちょっと指摘されたこともふまえて、いろいろ追記させていただきます。

「ASKA」、例によって、超簡単に説明させていただきますと、
あの伝説のグループ

「アリス」を超えたデュオ!
「チャゲ&飛鳥」の飛鳥、
2枚目でカッコイイほうです!


相方のチャゲですが、プロレスラー、インドの狂虎「タイガー・ジェットシン」と、お揃いのターバンかと思いきや、全然違い私は残念!

現在、名前は、飛鳥→ASKAと完全表記に切り替わったみたいです。
「ASUKA」という表記では?と思いきや、外人が呼ぶと「アシュカ」になるみたいで「U」を抜いたという話。

「U」を抜かなかったら、外人は
「○ゲ&アシュカ」と呼んでいた?
さて、ASKAさん、飛鳥涼は芸名だったんですね。

なんでも高校時代、好きだった女の子が「飛鳥」さんというらしい。
(「リボンの騎士」から拝借したとも)

高校時代の、その子も、ASKAがここまでやるとは思ってなかったことでしょう。

話が変わり、今回紹介したかったことを。
長~い、前フリでしたが^^;

ASKAのソロは、もちろんですが、「チャゲ&ASKA」のアルバムには、歌詞カードに、収録されてる曲以外の詞が、サービスで付いてきます。

その中から、1つ紹介させていただきます。

Img_0047_2_2

アルバム「SCENE」に収められている、この1編の短い詞。

できたら、私自身、多感な10代の頃に読みたかったな~。

このアルバムが好きな、大きな理由の1つです。
   
   

悲しみの終着駅で

涙と共に 肩をまるめ

咳き込むように降りた あなた

夢に破れたと 言わないで

夢から醒めたと 言いましょう


  

  

もう、素晴らしすぎる世界です。

  



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
  励みにしております。
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/04

「プロレスラー、カット屋さんのセンスは、モデルにもよる」の巻

Tyono_ 本日、平日ですが、仕事は休みだったので、カット屋さんへ行く。

別名、床屋さん。

髪の毛を切る際は、忘れてはいけないものが1つ。
「週刊ゴング」という、プロレス専門誌。

当然、わざわざ床屋で読むためでなく、


「この蝶野みたいな髪型にしてください!」

と注文するためです!

(蝶野クラスでさえ、知ってる人は知ってるという存在。
プロレスラーよ!もっと世間と戦っておくれ!)


写真を見ながら、うなずき、チョキチョキするお兄さん。
なかなか、わかってるじゃん
(* ̄▽ ̄*)ノ"

帰りの車の中でも、ルームミラー見ながら自己満足の世界!

「さ~、帰ったらオニ(嫁)退治

あとは、ケンカキックの練習だな!」
       ひとりごと・・・ひとりごと・・・・

すっかり、蝶野に成りきり強気のオイラ!

バーン! (ドアを開ける音)

「ただいま!帰ってきてやったぜ!」


シーン・・・


「おかえり・・・・・つのだ★ひろ君」Tunoda

オー!

ノー!!


▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/02

「競馬三昧日曜日の予定と実際は?」の巻

昨日は競馬好きの方なら、私も含めてハッピーな一日になるはずでした。
1部の方は、超ハッピーだったかもしれませんが。
(ハッピー⇔ひょっとして死語?

昨日の私のお昼からの半日です。

                予定では↓          実際は↓

PM3時40分~        押さえで買った3連単      見事にカスリもしない
スプリンターS発走       万馬券でウハウハ!          完敗!

PM5時~            家族と祝勝会へ              爆睡
                  外食ついでにカラオケへ      
                  「心の旅」熱唱!         嫌な思い出は 
                                      寝て忘れたい! 
                  人生は楽しい!



PM8時~            ブログで追記更新。      「晩ごはんの後片付けで
                  競馬は素晴らしいこと     きない!」と嫁(オニ)
                  を延々と力説!         に、叩き起こされ、 
                                    「お茶漬け」をすする。
                  調子こいて、有料予想      
                  競馬サイトを開くための    ブログ更新・・
                  勉強!              言葉が思いつかず・・



AM12時~           歴史に残る勝利を見て、      ディープ惜敗!  
NHKで凱旋門賞        さらに、テンション上がる!     レレ~?
ディープインパクト       寝るに寝れず、            
応援する!                              「やっぱり、地道に稼ぐ
                                     のが、自分にはピッタ
                  「明日は有給休暇!」      リさ・・」
                                       
                                      そそくさと、寝る! 

  

  

Takesama2

                           

ディープ惜敗に、

嫁が

「武豊かわいそう!
なぐさめてあげたい・・」


   

武様、
こういうミーハーな人に騙されてはいけ・・・!

  

ビシッ!バキッ!ドカッ!

あ、あきまへん!

クビの骨がズレタみたいなので、このへんで・・・

  

▼励みにしております▼
クチコミblogランキング TREview

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »