« 「クリス・ベノワさん死去」の巻 | トップページ | 「チューリップの新作『run』感想 で頂いた素敵なコメント」の巻 »

2007/07/01

「チューリップの新作『run』感想」の巻

Run_1

本日の記事は、
チューリップ「run」の感想記です。

最初に明記しておかなければいけないことが1つ。
かなり、
辛口です!

ちょっと、コチラの期待が大きすぎたのかな?という反省もあります。


このアルバム、サイトで未聴で購入。


トータルで聴いての初めての感想は

          地味!

ロックでもなく、フォークでもなく、得意と思われるポップさも控えめ。
チューリップ独自の進化した、大人の音楽を展開しております。
そこには、かつて1度聴いたら次には口ずさめるような歌、エネルギーを頂ける歌、一緒にシャウトする歌が拙者にはありません。
そこが、物足りない
もっとメリハリが欲しかったところ。

NHKSONGSで財津さんが言われてた

「この歳になって、青春の歌を唄い続けることは正直苦しい」

という言葉を、音楽で表現したアルバムでもあります。

だからといって、駄作か?と聴かれれば、決してそうじゃないと・・・

まず、音質が凄くいい!奥行きのある音です。
そして地味ながらも、アレンジは非常に凝ってます。

制作時の苦労が窺える出来栄え。

多くのファンの方が寸評されてるように、

CD1枚目はメンバー全員の曲があるからか、チューリップらしいつくり。
チューリップとしてのアルバムなので、当然なのですが^^;。

おおっ!と思ったのが上田さんのボーカル
メンバー中、一番男くさい、ロック寄りなヴォーカルを披露してくれてます。

宮城さんの「スズラン」は素晴らしい。
私の中で宮城さんの1番、「VOLUME10」に並ぶ佳曲。
今回、この1曲のみの提供は、やはりオリジナル・メンバーに遠慮したのか?

姫野さんは、ちょっと声量が落ちたでしょうか。
1枚目のラスト、「Raibow」でも作曲とリードヴォーカルを担当しておりますが、この曲、作詞は杉真理氏
で、普通の詞。
外部ライターに頼んだ意図、その効果までわからず。
アレンジに救われて良い仕上がりですが、いっそ、作曲もお願いしたら良かったのではないか?

そして、1枚目に収められている財津ナンバー。
従来のアルバムですと、メンバーの曲が、財津ナンバーの引き立て役にまわるのですが、今作は、安心感はあるものの、特別目立つわけでもなく。
もう、これは楽曲、アレンジのせいかと。

NHKで披露された「RUN」より、シングル向きと思われるのが「明日のクライシス」、「天使になるから」

こうして財津さんと、他メンバーの曲を比較して聴きこんでいくと、なかなかPOPにも感じる1枚目。
  

CD2枚目は全曲財津さんの作品。
リードヴォーカルは当然、バックでのハモリも財津さんの多重録音のみ?。
財津さんのソロアルバムです。
メロディーは、豊富ながらも、淡々とした印象。

1曲目「あの星へ戻ろう」

アルバムで1番好きな曲
私が求めていた世界に応えてくれた曲でもあります。

2曲目「Tea House」

2度、3度と転調、展開していくアレンジは、70年代チューリップの大作、「甲子園」を彷彿させられました。あのスケールはありませんが。

3曲目「あなたとめぐり会って」

アコースティックギターでの弾き語り。
再三、書いて申し訳ありませんが、アルバム全体が地味なため、せっかくの良さが引き立たずの感あり。
宮城さんの「すずらん」のほうが、際立つな~。

4曲目「翼はいらない」

これは思った!
変な話ですが、財津さんが20年前なら「翼がほしい」になってたんではなかろうか?
そして、今の私は「ほしい」の気持ちがまだ強い!。

5曲目「君を抱き上げて」

もう、ひたすら眠くなります。
途中、ドラムの音でちょっと体が反応しますが^^;。
後半、バックで違うメロディーの歌が重なるところが聴きどころ。
オフコースでも、こういうのを聴いた事ありますが^^;。

6曲目「昼間の雨」

どっかで聴いたことあるな~・・・でも思い出せない・・・
な~んだ、1枚目の「明日のクライシス」のメロディーか~・・・
気ずくまで、かなりの時間を要しました^^;。
アレンジで、こうも地味になるのか?!という見本。

7曲目「空を見上げる人」

歌詞にある、「気象予報士、変人でもない」
では何か?大人の女性?
私には 
奈良の大仏様 のイメージが。
「明日のクライシス」でも、ちょっと失笑させられた歌詞の1部 
「蛇のような目で」 という部分も含めて、財津ナンバーにこそ、作詞家を登用してほしかったところ。

8曲目「すべて忘れた」

2枚目で特に感じる、この 「癒し」 を前提としたヴォーカル、私は苦手。
な~んか、1本調子で退屈してしまう。
正直、他メンバーのコーラスが欲しかったところ。

9曲目「見えないものも信じられるさ 愛が信じられるなら」

この曲での財津さんのヴォーカルはラフ
そこが新鮮だったりもします。
この曲でも、歌詞は苦労されたんだろうな・・・

10曲目「たった1日で君との永遠が見えたんだ」

アルバムラストは決めてくれました。
なぜ、こういう楽曲で、もっとやってくれなかったんだろう?
タイトルでイメージするとおり、もしくは、それ以上の出来映えです。

世の中、愛妻家と言われる方が存在するとするのなら?、100点満点の歌でしょう。
そうでない方には、キレイすぎます(笑)
独身の方には
「こういう気持ちになれる方と巡り逢えますように!」
と願います。

私は楽器ができないので、エラソーなことを言ってはいけませんが、今作、比較的アコースティックギターで弾き語りしやすい曲が多そうです。

でも財津さんの場合、ラストの曲、NHKSONGSの「I Dream」、有名なところで「青春の影」と、ギターの音よりも、ピアノの音のほうが絶対似合う!

今回のアルバムは聴き込めば聴き込むほど、発見があって、味が出てきそうなアルバムでもあります。

このアルバムを聴いたあと「TAKE OFF」、「Halo」を聴きたくなるのは私だけ?
   

さて、最後は声を大にして言いたいとが1つ。
アルバム買われた方で気ずかれた方、多数いらっしゃると思われますが、

2枚組、トータル83分でしかありません。
 

今後の展開も踏まえて、チューリップサイドと財津サイドに分けたかったアーティスト側の意向?も判ります。
制作がかなり難航したんだろうなという推測も立ちますが、

1曲削れば、1枚で行けるじゃん!。

大ボリュームの一枚でも良かったのではないか?(たまには!)

 



  

壮大なアレンジがスバラスィー  → Halo

バンドとしての勢いがスバラスィー →  TAKE OFF     

|

« 「クリス・ベノワさん死去」の巻 | トップページ | 「チューリップの新作『run』感想 で頂いた素敵なコメント」の巻 »

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

コメント

「空を見上げる人」が聴きたい〜
(奈良の大仏を連想させる?笑)

でも、好きなアーティストの新譜が出ると
微妙な変化にファンとしては
反応するよね〜♪


試聴はしてみよ〜

投稿: あんじー | 2007/07/02 12:14

あんじー様ありがとうございます。
日曜日、近所のレンタル店に行ったら、「2枚組」置いてあった~!。
なんか、スゴ~ク複雑な気持ちです。
例えば、ファンになろうかな?という方が聴いたら、「やっぱり、いいや」になるかと思うと心配で、心配で^^;。

新作は高い、コンサートはこない・・・
でも、過去の名作は絶対忘れられない・・・

あんじー様、私はどうすればいいんでしょう?(笑)

投稿: よっちゃん | 2007/07/02 17:52

ジョーもさ、例えば桑田さんのソロのアルバムなんかで。
買って聞いた瞬間「最高ーーー!!」ってノリの時もあれば「う~~ん。いまいちノレない」っていう時もあるんだけど。
このイマイチのアルバムの場合、何度も聴いてるうちにものすごく好きになるパターンが多いんだよね~。
後からジワジワくる感じかな~。

投稿: ジョー | 2007/07/02 19:13

ジョー様ありがとうございます。
どのアーティストにもありますよね。やっぱりアルバムで聴くと。
たとえば、10曲入ってたら、3曲は「いいな~!」がほしいところですが^^;。
桑田さん(サザンも)の場合、必ず?遊びの曲入れてきません?
それはそれで、聴くほうも気持ちが割り切れるのですが(笑)

「run」は20曲だから、マケテも5曲はほしい!
あるのか?う~む・・・・。

コメント欄のほうに本音を書いてる私でした(笑)

投稿: よっちゃん | 2007/07/02 21:50

今回ファンの期待の大きさに驚いてます。
何しろ18年ぶりのオリジナルアルバム2枚組ですからね。
しかも最終章ときたら、期待しない方が無理ですね。
それが仇になったのか、メンバーのプレッシャーが大きすぎたのか、なかなか曲が出来上がって来なかったようです。
雑誌によると、一年掛けてじっくり作る予定のアルバムが最後には時間もなくなり間に合わないかと思われるくらいだったそうです。
Disk2は財津ソロ色が濃いですね。仕方なく財津さんが前から書き溜めていた曲を入れる事になったと話してました。
メンバーがもう一曲ずつ提供していたら、全く違ったアルバムになっていたでしょうね。

でもDisk1はメンバーそれぞれ自分の個性を磨き上げ、良い曲を作ってきたな、と思いました。
私としてはDisk2がとっても気に入ってます。
10曲がすべて繋がっているようであり一曲ずつ独立しているようでもありといった不思議な作品。
最初にいいと思った曲は何回も聴くと飽きが来るものですが、ジョー様の言われるように、何度も聴き返すうちにだんだんメロディーが頭から離れなくなる、そんな感じですね。
私は10曲中どの曲が好きかというのも無く、すべて好きです。
最初に聴いた時の財津さんの力の無い高すぎるフォルセットも味があっていいです。
転調を繰り返す所なども初期のチューリップらしくてなかなかおしゃれ。

チューリップは全員が歌えるグループです。(一人はたまに除いて)
そんなグループは珍しいですね。
コーラスがないのは今のチューリップを象徴しているような気がします。
これが今のチューリップなんだ、と。
財津さんはそのままを包み隠さずアルバムに表現したのでしょうか。

投稿: | 2007/07/02 23:57

↑名前忘れました。長文すんません。

投稿: アジアン | 2007/07/02 23:58

ジョーさんのいう通り
ジワジワだよ。。。ジワジワ〜
だから〜何度も聴く!!!(笑)

投稿: あんじー | 2007/07/03 17:34

アジアン様ありがとうございます。

私は、冷静さを欠いていたのかもしれません。
「否定」から入っていたのかなと、ちょっと反省。

アジアン様、素晴らしいコメントです。
記事になるな~。

記事にさせてください。
よろしくお願いします。


投稿: よっちゃん | 2007/07/03 17:55

あんじー様ありがとうございます。
何度も聴く!・・・はい。

でも・・・旧作聴いたほうが、幸せな気持ちになれそう^^;。

はっ!聴きます、聴きます!\(^o^)/

投稿: よっちゃん | 2007/07/03 18:02

よっちゃんさん ごめんなさい。
否定したわけじゃないんですよ。
私の考えを書いたまでです。読み直すのも恥ずかしいくらい勢いで書いてしまったのでちょっと心配してました。

多分このアルバムはチューリップファンであれば誰でも違和感を感じた筈です。
私もそうでした。でもパソコンに向かいながら、他事しながらこのアルバムを何気に流していたら、だんだん慣れてきたと言うのか頭から離れなくなってきたんです。
そしてヘッドホンの大音量で聴いてみて徐々に良さが分かってきました。
財津さんが「マニアックでまとめてみました」と言ってたように、本当にファンしか聴けないかもしれませんね。

投稿: アジアン | 2007/07/03 23:04

アジアン様ありがとうございます。
あやまらなくても・・・否定されたとも思ってません!
私も否定しておりません。
言葉の妙がありましたら、こちらこそ、申し訳ありません。

私もブツクサ、言いながらも、財津さんのソロとして捉えるのなら、
「I Must Be Crazy」以来のできと、現地点思っております。

あらためて、ありがとうございます!。

投稿: よっちゃん | 2007/07/03 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「クリス・ベノワさん死去」の巻 | トップページ | 「チューリップの新作『run』感想 で頂いた素敵なコメント」の巻 »