« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の9件の記事

2008/08/27

「織田裕二 太陽と海の教室6回目放送名セリフ」の巻

今週も楽しみにして観ていたのですが、観終わった後、ちょっと考えさせられた、

織田裕二 主演

太陽と海と 生徒の為なら自腹を惜しまない先生

太陽と海の教室 6回目放送。


Odakunirumi

  
  
  
  
今回放送も、キレイな風景?が演出されておりました。
ちょっと、スネテ生きてきた生徒の誕生日に、学校のグランドで織田先生は、特大イルミで祝福。
電装代は織田先生自腹としても、電源は学校から!と推理しますが、いかに?

 

さて、今回も本当に名セリフがたくさんありましたが、私が1番コレと思ったセリフは

Odakunndassou 昔の祭りを、ちょっと羨ましく見えた女子生徒との会話。

「昔あった、お祭りは、楽しそうですね。フォ~!

「今も、やればいいじゃないか。ウキーッ!

「夏休みは、受験勉強の1番の追い込みの時期だし、できるわけありませんよ。フォ~!
  

「順番が逆だ!

できるか、できないか、は、

やりたいか、やりたくないか 

     の後に決めることだ!
 ウキーッ!」  

  

そうなんですよね~。
馬券でもそうです。
特大万馬券。
獲れるか、獲れないかは、獲りたいのか、獲りたくないのかの後に・・・・
ん?

(「全然言葉が、つながっていない」とは、天の声)

  

ちょっと考えさせられたこと。
こちらのブログでは、随分茶化して書いておりますが、ドラマは予想外にシリアスな方向に向かっているようです。
学校が舞台ですが、テーマの1つに「生と死」が含まれております。
これは、ドラマの中の学校の問題より、確実に重いと思われるのですが。
次回放送以降、この重いテーマに対する織田先生の言葉が、多数散りばめられそうです。
この混沌とした時代の中、ヒントになる、なにかキッカケになる・・・かもしれない?
多くの方に、このドラマ、観てほしいと願います。
  

私自身は、「生と死」を語れる言葉は、まだ持ち合わせておりませんので、関心を持ってはいるのですが、難しい問題の1つです。
そういう部分でも、来週以降も楽しみにしています。

でも、ネタてきには、非常に厳しくなりそう~^^;

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

  

ムレて気になる足のニオイ、どうしてる?

| | コメント (4)

2008/08/21

「織田裕二 太陽と海の教室5回目放送名セリフ」の巻

ドラマの内容をサッパリ語っていない毎回ですが、今週も楽しませていただきました。

織田裕二 主演

太陽と海と ホテルでナニも無かった二人に明日はない

太陽と海の教室 5回目放送。
  

今回放送は、学校で1番成績の良い女の子が、全校生徒の前で叫んだ言葉、

「今、勉強していることは、将来役にたたない!

                   無駄ではないか!」

が、物語の核となりました。

そして、織田先生からの回答が、今回の名セリフ。

Taiyou3 

  

 

     
「これから、本当の事をオマエ達に教える!

 オレはモンチッチだ!!

学校で勉強したことは、社会で役にたたない!
   

 カラスの行水って言葉を知ってるかい?

    ~中略~
  

オレにとって勉強とは、

宝探しの旅ではなかったかと。

  

想像してごらん、

1%の宝物を発見できたときのことを。
  

想像してごらん、

99%の無駄な努力のムコウに宝物があることを。

(そう考えると99%の)
無駄な努力は、無駄ではないんだ。

   

オレから言えるのはコレだけだ。

後は、オマエ達が(この先のことは)自分で決めろ」

↑( )内、私の勝手な補足。
  赤字・・・ネタです。(念のため、明記^^;)

  

 
   722baken
←おお!織田先生!
   

この外れ馬券も無駄ではない?!勝つための勉強かと^^;。

(「おもいっきり無駄!」とは天からの声)

   

織田先生、今回は破天荒な行動が見られず残念!
いや、無いほうがいいな~^^;

ちょっと余談。

Syousyuu 放送中に流れるCM

消臭プラグ、傑作です!。
コチラで見れますよ~。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

| | コメント (2)

2008/08/19

「オリンピック浜口京子 銅メダル獲得最高の笑顔!」の巻

先日記事にさせていただいた、

オリンピック・アマレス女子72K級に出場された

浜口京子選手

銅メダル 獲得!。

Dou 最高の笑顔です!
(コチラの、この画像は、全然最高じゃありませんが^^;)
  

  

Kyoukopapa

おめでとうございます!

それにしても、アニマル浜口さん、ちょっと気が早すぎだ~(笑)

  

  

  

       ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしいすごい とても良い 良い

  
  

TREview励みにしております。

| | コメント (4)

2008/08/16

「大宮の鉄道博物館に参上」の巻

(本日現地投稿した記事4つを、補足を入れて1つにまとめました。)

「上越新幹線だ!」の巻

本日は、姪っ子を見送りかたがた、大宮まで新幹線で。

新潟を出るときは雨だったのですが、トンネル抜けたら晴れておりました。

Tetudou   

  

  
マスクを被っているときは、トレーニング・・・・

大宮到着後、電車に乗りかえ。
大宮の隣りの駅にある今回の目的地へ。

鉄道博物館。  案内はコチラ

「大宮の鉄道博物館」の巻

世の中、大型連休中の中の土曜日ということで、チケット購入~入場まで、かなりの時間並びました。

「鉄道博物館に入館」の巻
  

Tetudou8 汽車、電車の展示場は、照明を落としぎみで、なかなか良い雰囲気でした。
私は、鉄道マニアではなく、むしろ無知な部類に属するのですが、懐かしい気持ちにさせられます。
この鉄道博物館。
鉄道マニアの方以外を、いかに引きこめるか?が大きなテーマのような気もしております。
  

Tetudou5 新幹線が今ほどポピュラーじゃなかった80年代以前の、電車の思い出が、頭の中を駆け巡ります。
そういう意味で、40代以上の方は結構、癒される場所ではないでしょうか

  

Tetudou6 戦う前の腹ごしらえ。

駅弁買って、食事場所として提供されている電車の中で食べます。
欲をいえば、景色も変わってくれたらな~。

  

Tetudou9

  
  
  
本日、最初で最後の戦い^^;。

  
  
  
「MAX2階から」の巻  
「MAX2階から」の巻
  

新幹線2階席は、眺めがいい!
較べて1階席の、セメントの景色の多い事、多い事。

  
 

 
  Sekitan
買ってきたお土産。

中でも、お店でもお薦めしていたのが、
  
  

Sekitan2

石炭あられ

あられの外観も、石炭みたく黒いのですが、中まで黒いあられ。
味のほうは、香ばしい。
後味に、ややコゲ味が残ります。
ハマル方はハマリそう。

  

明日、仕事の為、早めの帰宅。
ちょっと物足りない気持ちが残るものの、この気持ちを次回へのエネルギーにしなければいけないな~。  

  

   TREview励みにしております。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6)

2008/08/15

「オリンピック 浜口京子 気合だー!」の巻

盆休み中ですが、オリンピックで盛り上がっております。

勝っても負けても、選手にはドラマがあります。
それでもメダルに届かない場合、その努力は世間に知られることはなく。
出場することだけでも凄いことなのに。
でも世界の、その道のトップ同士が競う!
今さらながら、オリンピックは過酷な世界なんだな~と。

  

  

Kyouko
さて、私がもっとも、楽しみにしているのは、

アマレス女子の  浜口京子 さん

御存知、元プロレスラー、アニマル浜口さんの娘さん。
幼少の頃から、プロレスラーに接する機会が多かったとききます。
そして、レスラー、雑誌の関係者の方々の言葉です。
「京子ちゃんは、いい娘だ!」

普通、あそこまで父親が目立つと、本人は引いてしまいそうですが、実に、微笑ましい親子愛を見せてくれてます。
(お母さんのフォローがあってのことと)

女子アマレス72キロ級出場。
競技予定日は17日。
(くそ~、仕事だ~^^;)

‘04アテネ五輪銅メダル。
今大会前には、恒例の新潟合宿もされてました。

先日、甥っ子が誕生されたとのことで、浜口一家には、正しく追い風が吹いているようです。
活躍、楽しみにしております!

頑張れ~!!

  

ちなみに、お父さんのアニマル浜口さん。
本名は、濱口 平吾(はまぐち へいご)さんといいます^^;。
プロレスラー時代のニックネームは

    闘将

決して、大きなタイトルに絡むことはありませんでしたが、(私が思うに、身長が後15センチあったらと)、名脇役ぶりを発揮されておりました。
新日在籍時、
ラッシャー木村が悲惨に見えたのは、彼がラッシャーから離れてしまったからではないでしょうか?
それは、それで正しい選択だったのですが。

  

「気合だー!」

は、‘90年以降現役を退いてから叫び始めた言葉なのですが、現役時代のマイクパフォーマンスも一級品!

  

故ジャイアント馬場さんも、大絶賛の一戦

馬場さん、大絶賛ですが、ナニが素晴らしいのか?

戦うレスラーとしての姿勢。
場外へトップロープ越しに飛ばされるのも含む、大きなアクション。
受身の良さで、鶴田の引きたて。
今見ると、明らかに体調は悪そうなのですが、大健闘。

しかし、場外戦、打撃戦、トップロープからの攻撃と、アニマル以上のウマサとイヤラシイ程の強さを見せるジャンボ鶴田だったりします。

  

  

さて、話は戻って^^;、

頑張れ!!ニッポン!!

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。  

  

| | コメント (8)

2008/08/14

「織田裕二 太陽と海の教室4回目放送名セリフ」の巻

Daru オリンピック野球、

どうしたんだ!ダルビッシュ!!

↑似てると思うんですけど。

  
  

本題です。

今週も楽しませていただきました。

織田裕二主演。

Oda1kaizoku

太陽と海と海賊

  

太陽と海の教室 4回目放送。
  

今回放送は、終盤に名セリフたくさんありました~^^;。

  

セリフ紹介の前に、今回もありえない^^;ヒトコマを。

Umi 海辺でのピアノ演奏シーン。
実に美しいです。

このために、織田先生。
学校から、ピアノ持ち出し!。
ムリあるな~^^;。
生徒を演じる役者の心中はいかに??

  

  

Taiyouさて、今週の名セリフの紹介です。

多くの方が、ブログで語られているとうり、やはりコイの話になるのでしょうか。

  

「コイとは、鑑賞するものじゃない!

             食べるものだ!」Koi

  

  

    

お後はよろ・・・・しくないですよね、やっぱり。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

  

“知りたい!みんなの恋愛テク!”あの娘のモテる秘訣、マル秘テク!

| | コメント (4)

2008/08/09

「ASKAさんの素敵な詞 PART8 最後の場面」の巻

Img_0047_2 なかなか、紹介しきれないASKA様の世界
正直、近作は深い部分での世界が描かれていて、私の数少ない経験、知識では、100%理解しずらい部分も多かったりします。

  
  

今回紹介させていただく世界です。
私は、冒頭の素晴らしい詞にノックアウトされて、早、18年になります。

  

  「最後のシーン」

出来の悪い女だと 言われたら

それまでだけど

あなたの愛に 袖をとおしたら

私には短かった

  

別れを切り出すような 悲しい勇気はどこから

あなたが背中を向けた時

みんなみんな なくなった

 

あなたが扉を出ていく 扉を出ていく

ほんのわずかな場面のなかで

思い出だけが 駆け巡る

  

 

頭の4行の詞。
絶妙な表現です。

  

TREview励みにしております。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

モテル人になる!

| | コメント (2)

2008/08/05

「織田裕二 太陽と海の教室3回目放送名セリフ」の巻

今週も楽しませていただきました。

織田裕二 主演。

インドのガンジス川の教室

太陽と海の教室  3回目放送。
  

今回放送は、本当に素晴らしい言葉がたくさんありました。
惜しいかな~。
初回の、ちょっと変わった先生像が崩れてきて、やっぱり、本当は凄かった先生像になってしまったことでしょうか。
ちょっと、カッコ良すぎのような。

  

Oda1 3回目放送私が選ぶ名セリフ。
  
クラスメイトのカワベ君の、妹・弟乱入で、授業を中断。
生徒達の言葉に耳を貸さない妹弟。

イライラする生徒達に

「子供には、子供の言葉があるんだよ」

続けて、妹弟に

「うんち!おなら!」 


振り向く妹弟。(確かに子供が喜ぶ?言葉)

私には、

「モンチッチ!オラウータン!」

と聞こえたのですが^^;。

  

今回も1つだけ上げ足とりを^^;。

Oda2 船の甲板上で、釣り糸で、生徒の足を縫合する織田先生。

(ありえね~^^;)
  

織田先生、君は、司馬先生か?!

んっ?

  

振り返れば奴がいる DVD-BOX

  

  

  

今回は、真面目に?名セリフを1つ。

ひとりで頑張ると心に決めた後、大怪我した生徒。
その生徒の足を、釣り糸で縫合しながらの、織田先生の言葉。

「ひとりで頑張っているのは、オマエひとりじゃない。

頑張っている人は、世界中、大勢いる。

ひとりひとりだけど、ひとりじゃない。

ひとりひとり、離れているけれど、決してひとりじゃない」

ちょっと、胸グラをワシズカミされた気持ちになりました。
でも私の場合、孤独を感じることはあれど、
たいして頑張ってないんだな~・・・

    自爆   で~ん!

  

TREview励みにしております。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4)

2008/08/01

「織田裕二 太陽と海の教室2回目放送名セリフ」の巻

今週も楽しませていただいたドラマ、

「太陽と密林の教室」

「太陽と海の教室」 2回目放送。

初回放送視聴率は20%と絶好調だったものの、2回目は14%。
次回以降、10%以上はキープしていってほしいと願っております。

  

Taiyou2 今回の、私の選んだ名セリフは、
何気に、花の香りを確かめる織田先生に、アンパンマン校長の一言。

その鼻大きいよ  その花、高いのよ~!」

に答えて。

「僕が前にいた場所では、花に値段はなかった。
   
 花はそこに咲いているもの。
  
    買ったり、売ったりするものじゃなかった。」

  
(密林には、お花がいっぱい?^^;)

  

やってはいけないと判りつつも、ドラマのあげ足を、どうしても今回も。

Taiyou3教え子を助けるシーン。
  
高い階上にあるマンションの1室に、屋上からロープでぶら下がり、窓を割って突入するところ。
幸い?無傷・・・・


織田先生、君は、青島刑事か!!

ん?

  

しか~し、織田さんも精力的に活動されてます。
Taiyou1
ドラマ収録の合間をぬって、


手品のバラエティーに出演。

ん?

  
  
  

ウソつきな記事で申し訳ありません^^;。

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview励みにしております。

  

キレイを楽しむ

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »