« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の10件の記事

2008/09/26

「甲斐バンド/最後の夜汽車 これを聴け!41」の巻

あの、甲斐バンドがやってくる!

来年の1月9日、新潟にやってくる!
  
  

クビを、ナガ~クされて待っていたファンの方も、いらっしゃるんでしょうね~。

  

  

私の選ぶ、甲斐バンドの名曲NO1は↓コレです。
今でも、よく聴きます。

「最後の夜汽車」

タイトルから想像できるとうり、国鉄最後の日ではなく、最後の夜汽車に乗って、好きなあの人が去ってしまったと歌われるこの曲。
  
私思うに、この曲の主人公、もし本当に実在したら、
  
あの人が去ることにより、少し大人になれたのではないでしょうか?
  

自分自身、失恋したとき、この曲には大変お世話になりました!
  

今になって思うのですが、失恋したとき、どうして、あんなに自分を責めたのか?
結局、器量が足りなかった・・・
相手を間違った・・・
この2点で落ち着くのですが。
(なんのこっちゃと^^;)

  

ちょっと恋とは違う意味で、冒頭の歌詞が、今でも頭の片隅に渦巻きます。

「スポットライトは どこかのスターのもの

  陽の当たらない所を 僕は生きてきた」

私は、ここまでで、スポットが当たったことがあっただろうか?
あったのかもしれませんが、わかりません。
ですから、随分気楽にこれました。
ここまで生きてきてコレなのですから、この先も無いでしょう。
(キッパリ!)
そのせいか、陽の当たらないところで、地味ながらも、一生懸命な一部の人が大好きです。
(決して、地味な方、みんなを好きではない!)
私は、一生懸命でなく、実にテキトーですが^^;。

 
Kaiband  
  
  


  
話は戻って、冒頭の言葉をもう一度。

福岡出身のスター、甲斐よしひろさん率いる

甲斐バンドが、1月9日、新潟にやってきます!

  

  

福岡出身の、多分?スーパースター、

財津和夫さん・・・未だ来る気配無し 

            ・・・・・・んがっ! 
             
(これが言いたかった^^;)

  

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview励みにしております。

| | コメント (7)

2008/09/23

「織田先生主演 太陽と海の教室最終回名セリフ」の巻

織田裕二主演

「太陽と海の教室」 最終回放送 観ました~。

コチラで、語るのも最後になりました。
最後くらい、熱く語らないといけません^^;。

   
さすがに最終回、ドラマは、めまぐるしく展開。
その中に、熱いメッセージを散りばめながら。

  

Rasuto1

  

  

早いもので、ハチがいなくなって2週。
  
もはや、その存在は、スッカリ薄くなっておりました。

余談ですが、今回のドラマ。
  
織田大先生の刈り込んだ髪型も見事と思ったのですが、それ以上に、ハチ役の 濱田 岳さんの髪型にも、当初、違和感を感じました。
  
 
  

やっぱり、床屋さんでお願いしたのでしょうか?

  Andore
  
  
  
「すんません。

アンドレ・ザ・ジャイアント

               にしてください。」

  

最終回、いろいろ見せ場のシーンが盛り込まれておりましたが、我が家で1番語り合ったシーン。
  
  Rasuto2_2
  
  
  
  
海辺でもよかったのに、わざわざ水族館で、将来を議論する2人。
これは動物のハプニングを期待してのもので、目標は、年末のNG大賞を狙ってのものかと。
年末の特版、注意です。

さて問題は、2人のバックを泳いでいった物体(動物)。

「クジラじゃないか?」 「いや、アレはサメじゃないか?」

「私にはイルカに見えた」

「違うな、アレは

アブドーラ・ザ・ブッチャー だ!」Butti

  
  

真相はいかに? 

  

  
さて、最終回の名セリフといえば、最後の教壇でのお話。
Rasuto3

  

  

私は先週の予告から、てっきり先生を辞めるので最後のメッセージと思いきや、そうでなく、放送が最後だから最後のメッセージ

この番組、現実離れの部分は許せても、こういう誤解を生みやすい、次回への伏線を貼るやり方は、ヘタなドラマに思えました。

ラストの名セリフです↓。
(一部、省略させていただきました) 

  

  

「これから先、大きな壁が、たくさんあるぞ。

でも、それは壁じゃないんだよ。(へい?)

鏡なんだよ、君自身を写す鏡なんだよ。

君の敵は、君なんだ!
   

夢を失う君  ウソをつく君 

お金が大好きな君

人の目ばかり気にする君

人の上下に付きたがる君

人の不幸を願う君

好きだ、嫌だを言えなくなる君

すぐに「ムリだ」と言ってあきらめる君

人、自分を信じられない君

(武豊を信じたい私)
  

鏡を見ると、君を指さして笑う君がいる!
  

  
まるで、私の心の中を全て言い当ててるような言葉が並びました^^;。
織田大先生は続けて語ります。
  

「これは僕からのお願いです。

君は君が思うように変わる、大きくなれる。
  

どんな時代にあっても、世界中のどこにいても、

どうか、目の前にある鏡を、しっかり見てほしい。

そして問いかけてほしい。

君は君らしくあるか?

君は生きているか?

目玉焼きの黄身は半熟か?

              今を生きているかと!

  
さらに織田大先生は、生徒達の心に向かって語り続けます。
  

「これから問題を出します。

10年かけて解いてほしい。
  

名前でなく 学歴や職業でなく 

性別や国籍でもなく

           君達は誰だ? 」
  

今の私では、答えられない問題です。
答えのない問題とも思えます。
単純に答えは「人間」??

突き詰めて考えると1つの魂・・のような気もしますが、それだけでは片付けられない世の中、世界でもあります。
心(魂)の在り方は、私には、まだまだコントール不足で難しい。

  

しか~し、最後の教壇でのメッセージのインパクトは、なかなか強かったなと。
ハチの死や、最後の焚き火のシーン、生徒同士の恋愛描写・・・全てが霞んでしまいます。

  

Rasuto4

   

   
   

理事長と互角に渡り合う、仲間も権力もない先生^^;。
金八先生の後釜は、もう彼しかおりません。
さすがに高校生相手では?とも。

という、締めで私のブログが終わっていいものやら・・・^^;。

  

織田さ~ん!
次作は、

悪役 でお願いします!

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております

  

  

  

罠にハマるオトコ続出!?

| | コメント (6)

2008/09/21

「九州名物 白くまパフェ で癒やす」の巻

「九州名物 白くまパフェ で癒やす」の巻

本日も当然のごとく、競馬は完敗でした。

傷ついた心を癒やしてくれたのは「白くま君」
はたして、本当に九州名物なの?と疑問もありますが(^^;)。

かなり甘めのアイスに、甘いデコレーションが乗ってるのですが、なるべく混ぜて食べるべし。

  
初めて食べるのに、なんだか懐かしい、不思議なアイスです。

  

  

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

| | コメント (4)

2008/09/16

「織田裕二 太陽と海の教室9回目放送名セリフ」の巻

織田裕二主演。

「太陽と海と 涙の 教室」 9回目放送。

今回はタオルをクビにかけて拝見。
予想通りポロポロと泣かされました。

ちょっと一言。
棺おけのシーン、リアルすぎたんじゃないのか?
中を撮らないアングルで、表現できなかったのか?

(テーマがそのものの、モックンの映画「おくりびと」は、とことんリアルみたいですが)
  

ちょっと余談。
前途の通り、涙ポロポロの私。
でも、私の中には、もう一人の冷めた私がいまして、その私が自分に問いかけるんです。

「悲しいドラマに涙を流すのは、泣いてる自分に酔ってるからではないのか?」

あっ、私は、かなり気難しい人間です^^;。

  

Namida おそらく、コレしかありません。
  
今週の名セリフ。
  

彼氏の死を認めまいと、泣かなかった負けず嫌いの彼女。
現実を受け止めたとき、こぼれてきた彼女の涙を見て、顔を見ずに背中で答える織田センセイ。
背中を彼女に貸しながらの言葉。
(胸じゃなくて背中なのが、負けず嫌いの彼女に対する男の心意気!かと)

「泣いていいんだよ!」

「泣いたら、(涙で) ハチが流されちゃう」

「(涙で) 流すんじゃない!

(涙で) 心に染み込ませるんだ!」

  

「おとう、鼻かんだら。ハイ、ティッシュ」
うう~、いいシーンなのに。
気が利くんだか利かないんだかの息子の言葉・・・
ジュルジュル・チーン

  
  

それにしても、このドラマの展開。
これは金八みたく、先生のドラマではなかったの?

来週は、いよいよ最終回。
織田センセイは、ラストの教壇で何を彼らに伝えるのでしょう?
と、ドラマの次回放送予告と同じ言葉を並べておりますが^^;
ドラマの最後のまとめ方が、私には想像つきません。
そういう意味でも楽しみにしております。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

毎週、ドラマの終了時に流れる
Asahi    

アサヒカセイのCM

特に切なかった今回の放送、このCMの曲が心に染みました。

「さよならの向こう側」/TeN(歌い手の詳細わかりません^^;)

オリジナルは山口百恵さんが歌われてました。

  

当時、小学生の私には、この歌の良さがわかりませんでした。
あらてめて、名曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております

  

⇒ムダ毛抑毛ローションはこちら

| | コメント (4)

2008/09/10

「織田裕二 太陽と海の教室8回目放送名セリフ」の巻

Taiyou3

  

  

「17歳の自殺を考えた君へ」  By 織田せんせい
  

君はまだ 人を嫌いになるほど

人に出会ってない

君はまだ 世界が嫌いになるほど

どこにも行っていない

君はまだ

生きることに絶望するほど 生きてない
  
  

君が信じた数だけ 希望はある

   

どうか信じてほしい

この世界は 君が思うより

ずっと まぶしく 美しく

あの 太陽と海のように

君を迎えいれてくれる

  

  

おーし!あの夕日に向かって ダッシュだ~!

  

  

Taiyou4

Taiyou4_2   

  
  

「あ~、いい香りだな~。
ジンクピリチオン配合のエメロン・シャンプーだな。
俺は、スカッと爽快、サンスター・トニック・シャンプーさ。」

  

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらでは、ほとんど、ドラマの内容は語っていないものの^^;
あまりのシリアスさに、ネタにしずらくなってきました。

来週の織田先生は、残された同級生に対する心の在り方を話されるかと。

  

  

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview励みにしております

  

| | コメント (9)

2008/09/08

「万馬券だ~! 7」の巻

Sapporo12manba_4    

  

  

  

   

  

昨日、ラストの札幌12Rで、めでたくヒット!

払い戻し金は、10910円

ギリギリの万馬券でした。

  

さて、今回は、なぜ、獲れたのか?の解説を少し。

2番ー11番は、1番、2番人気。

「11番騎乗の安勝騎手は、メインでズッコケ。
 11Rで汚名挽回も、ここでも有力馬。まず負けられない」

「2番グラーフは、前走、五十嵐騎手で4着。
今回、減量騎手を再度乗せて、調子が変わりなければ、確勝級。」

「ここは3連単、問題は3着選び、勝負だ!」

以上は、一緒にいた、お義父さんのお言葉。

では、なぜ、5番?

はい。コチラを参考にしました。

まるまる、他人任せの万馬券!^^;

  
ちなみにお義父さん。
馬券は・・・・外れておりました。
2人でゲットしたかったな~。

| | コメント (2)

2008/09/06

「まる子&爆チュウ問題/アララの呪文 これを聴け!40」の巻

Arara1

   

ちょいと、へんてこな呪文だよ!

  

Arara2

   

ロシプッアイカズコ~
      (逆さに^^;)    

  

 

私の中で、この曲は、アニメのナンバー1ソングなんです。

ウエスタン風味な仕上がりの中、爆チュウ問題のセンスも盛り込まれている曲。

歌詞はよく聴くと、意外にも人生論を語ってたりしております。


だから、私は、

不覚にも、泣かされてしまいます!

  

  

  

コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

  

TREview励みにしております

  

まさか!私も汗臭い!?   

    

| | コメント (4)

2008/09/05

「今宵のひとこと 9」の巻

Kusuri

  

  

本当に苦しいとき

見えたものがありました

   
 

小さな事に こだわり続ける

小さな自分

  
  

そう見えたのは
  
大人になれたわけじゃなく

ただ ただ 苦しくて

そんな事はどうでもよくて

  

|

2008/09/04

「ジグソー / スカイ・ハイ これを聴け!39」の巻

今年の夏も過ぎ去ろうとしております。
そこで、今回は夏に聴く音楽。
普通、ここまで夏が過ぎると、秋に聴く音楽を紹介するべきと、わかりつつも^^;。


夏の音楽で思い出すのは、数年前亡くなった、9歳上の従兄弟の言葉。

「夏は、やっぱりへヴィ・メタだよな~」

その根拠を聞かぬままだったのが、ちょっと惜しいと思う今日この頃。

当時、小学高学年だった私を隣りに乗せて、カーステレオで、ギンギンのアイアン・メイデン
小学生には、わからない音楽でした^^;。
でも、その影響は少なからず受けた私。
他、ヴァン・ヘイレン、AC/DC、ホワイト・スネイク、初期のデフ・レパード、クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン等、80年代中頃のへヴィ・メタブームに付いていくことが楽しかった!。
ちなみに、あのボン・ジョヴィもデビュー時は、同じ枠で語られておりました。

夏はヘヴィ・メタ。
  
そして、エア・サプライ→過去記事
コチラで。

 

そして、今回の本題の紹介です。
夏になると、ムショウに聴きたくなる曲が

コレ↓

ジグソー  の 「スカイ・ハイ」

詳細はコチラから(いつも以上に手抜きな私!)
  

↑コチラの管理人さんのろ妃江様、お元気でしょうか?
結婚されて、お子様出産される直前まで、コチラのブログ続けられていたのですが、その後いかがお過ごしでしょうか。
私のこのブログ、日のアクセス数が1桁のときに、初めて「お気に入り」のリンクにいれていただいた御恩は忘れておりません。
元気でいてくれればいいなと願っております。

  

この「スカイ・ハイ」、最近YOUTUBEでPV観るまでは、ジグソーと名乗る女性が歌っているものかと思っておりましたが、バンドだったとは!
それ以上に、男性が歌っている事実に驚き!^^;。

  
では「スカイ・ハイ」が、なぜ夏なのか?

  

  


唐突ですが、

私は、故ジャイアント馬場さんの全日が大好きでした。

  

夏になると、スカイ・ハイを入場テーマに、やってくる男!

  

  


  
  

Madokarasu 

見ろ! まど からす!

(大昔の月刊ゴングに載ってた読者投稿のパクリですいません)

  

ミル・マスカラス→過去記事はコチラから

 

生年月日が事実なら、今年で66歳。
引退の話はきかれません。
凄いな~。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

  

⇒ムダ毛抑毛ローションはこちら

  

 

| | コメント (2)

2008/09/03

「織田裕二 太陽と海の教室 7回目放送名セリフ」の巻

今週も、じっくり拝見させていただいたドラマ。

織田裕二 主演

太陽 に近い頭髪の 総理大臣

「太陽と海の教室」 7回目放送。

だんだん、突っ込みづらくなる展開に、正直とまどっております。

まず、今回はコチラのセリフからです。

  Fukuda

  

  
   

「ニッチもサッチもいかないから、投げ出すことにしました。

ん?安倍前首相とは違う!健康問題はない!

だから、健康なうちに辞めさせてくれ」

会見は10時からで良かったのではないか?

  
  

お国の一大事情がドラマの間に挟まり、僅かに色あせた感もするのですが、今週の織田先生の一言は、やはりクライマックスで、飛び降り自殺をしようとする女子生徒に語った言葉。

バックに流れてた音楽が最高でした。

ドリー・ファンク&テリー・ファンク/萌えるアマリロ

サイモン&ガーファンクル/サウンド・オブ・サイレンス

  

Odakun

   

  

「こんなところから飛び降りたって星にならない

人は死んでも星になんてならないんだよ

空になんて行かないよ

人は死んでも救われない

なんにも癒されない 見返せれない

 キレイな死に方なんて どこにもないんだよ!」

  

  

  

ちょっと余談で。
私が語ることではないのですが。
上記のセリフ、世の中の全ての自殺志願者を救う言葉ではありません。
でも、小、中、高生には救いのヒントになってほしいと願います。

1998年以降、自殺者総数は年間3万人を越えるそうです。
失業者数と密接な関係があるそうです。
切ない思いをされてる方が、身近なところにいるかもしれない。
それを思えば、今、自分の抱えてる問題は、実に小さな事で。

もうちょっと、頑張らないといけないな・・
嫌な事も、楽しい事も。

風邪が治ったら(爆)

  

さて、話は戻って、織田先生。

Odakun2 忙しそうです。

ドラマ撮影の合間をぬって、24時間TVに出演

ん?

  

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

  

| | コメント (6)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »