« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の10件の記事

2008/11/28

「ミューズの微笑みに財津さん2度目の出演」の巻

今、NHK教育で、もっとも視聴率を集めていることと、勝手に思っている番組。

Myuzu1 「ミューズの微笑み」

に財津さんが、2度目の出演をされました。

今回ナビゲートされたのは、

京都 大山崎山荘美術館

この洋風の建物は、お金持ちの加賀正太郎さんが、1911年に土地を購入、自ら設計、完成したのが1917年。その後も加賀氏により手を加えられて、1929年には今の形になったようです。
1967年に加賀氏の手から離れて、荒廃寸前だったこの山荘は、京都府、大山崎町の協力も得て、1996年に美術館として披露となりました。

今回も!残念ながら、私には芸術を語れません。

ので、詳細は
コチラで^^;。

さて、番組やいかに。

Myu1   

  

  

  

  

  

  

  

美術館です。
建物そのものが、芸術を感じさせてくれます。

Myu3   

  

  

  

  

  

  

  

  

今回財津さんは、スーツ姿で登場でした。

Myu2   

  

  

  

  

  

  

  

 

  

財津さん、私には今年最後の見収めになりそうです。
(くしょ~、紅白)
  
意外と言っては失礼ですが、スーツ姿かっちょいいな~。
財津さん、60歳です。
  
私が60歳になったとき、少しでも近つけるか?
無理だな~。
120%髪の毛無くなってるだろうし^^;。

  
Myu5   

  

  

 

  

  

  

  

  

建物そのものが、芸術。
↑画像は、客間の壁を彩るステンドグラス。
財津さん、いたる所で感動されてました。

美術館ということで、あちらこちらに、河井寛治朗氏の陶芸品を始め、海外の物も含めて様々な芸術品が飾られてあるようです。

「洋館の中に和風の物が違和感なく、置かれています」

  
Myu6   

  

  

  

  

  

  

  

注目は、別館にある絵画。
  
ピカソ、モネ、ルソーの絵(総額いくらになるんでしょう)
を自分の感性で語る財津さん。
アーティストがアーティストを語る!
今回の一番の見所でした。

絵画の紹介時、前回は一切なかった、チューリップの曲がBGMで!
今回の一番の聴き所でした。

(再放送・NHKBS2で11月29日5:00~ あるようですので必見かと)

  

Myu7  

 

  

  

  

  

  

  

  

こちらのブログでは話は一気にラストに。

今回の財津さんの〆のお言葉。

「加賀さんが生活していらっしゃた時代、
その日々に、ちょっと行ってみたかったなと、
いろんな思いをさせてくれるような、
時空を大きく羽ばたいていけるような、

         そんな気持ちにさせてくれました」

  

今回も、財津さん「らしさ」な言葉で、まとめてくれました!

  

               

  

  
  

ウケルためならと、かなり鼻血の画像をつくってしまった私です。
「面白いけれど、いじりすぎ」とは、あんじー様のお言葉。
この言葉は、私を心配しての言葉と受け止めております。

ので、今回は真面目に。

  

  

  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、余談で。
  
財津さんといえば、私の中のイメージでは、黒系統の服。

これから、寒い季節、

Myu2neta_2 

  

  

  

  

白い帽子も似合いそうです。
髪の毛フサフサの上に帽子を被るのもカッコイイかと。

Myu3_2   

  

  

  

  

  

  

日常の風景の中でも、違和感はあまりないような・・・

  

  

  

  

でも、被りすぎは、やっぱりダメですよね^^;。

  

  

Myu8neta  

 

  

ちょっと、反省して・・・形を変えたのですが・・・ 

  

  

  

“いいものが欲しい”と願う大人のためのクリスマス。【土屋鞄製造所】

| | コメント (2)

2008/11/20

「中島みゆき/相席 これを聴け!43」の巻

今回は、中島みゆきさん。
ココで取上げるのは3度目です。
ということでカテゴリーに追加しました^^;。

みゆきさん、もう30年以上もトップランナーの一角として、走り続けております。
あの、
伝説のバンド以上の活躍です。
凄いです。

その彼女の作品で、近年、私が最も聴いている曲です。
収録は↓コチラ。

  

「飲み屋さん(イメージは、BAR)で偶然知り合った2人が、恋の時間を過ごした後、そこで別れる」
という話が、ジャジーな音楽の乗って語られている名曲です。

  


   相席

相変わらずね あの店のマスター

客をちゃんと見ていない

  

待ち合わせと 間違えられて

あなたの隣りに座った

あなたは 黙り 断りもせず

私を見もせず 立ち去ろうともせず
  

誰かに感謝をするのなら

あのマスターに 言わなきゃね

   
  
  

相変わらずね あの店のマスター

客をちゃんと見ていない
  
 
辛い話を 切り出しかねて

歩き疲れた 霙(みぞれ)の夜

奥の席へと 気を利かされて

私ひとりだけが うなずいた
   

あなたは黙り 言い訳もせず

凍えた背中で きびすを かえした
   
  

誰かに感謝をするのなら

あのマスターに 言わなきゃね

ふたりが忘れてしまっても

あのマスターが わかるでしょ

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜は、ほろ酔い加減・・。
久しぶりにきた、このお店。
ちょっと遅い時間、客はもういない。

あの初老のマスターはひとり、ピアノのBGMをバックにコップを磨いていました。

私は、無口なマスターを遠目で眺めながら、心で話かけました。

「ねぇ、マスターは、みんな判ってたんだよね」

酔ってるせいかな・・
涙が落ちてきたんだ・・
  
  

グラスを磨いてるマスターが手を止め、近ずいてきます。
私とは、目を合わせようとせず、小さな声で言いました。

「サービスです。」

   
マスター、ありがとう。
私は、このチョコレートの甘さを一生忘れません。
元気になれたら、またきますね、マスター。

  
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

TREview

↑励みにしておりますがサッパリ(涙)

  

ギター弾き語り 中島みゆき Songbook (ギター弾き語り)  

ピアノソロ 中島みゆき【改訂版】

  

今22万人が愛読中の大人気メルマガの最新情報はこちら!

| | コメント (2)

2008/11/17

「‘08エリザベス女王杯録画中継」の巻

今回は、在宅競馬の一部始終をダイジェストで。
約2分の動画にまとめました。

ですが、今回あくまでもウケ狙いの行動でして、実際は大人しい。

でも声は出てるらしい・・・しかも、叫び声!(爆)

  

  

喜びも束の間。

馬券は獲れても、

収支はマイナスで、

この後、2度目のズッコケを演じてしまいました・・・・・・とさ(涙)

  

             

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview励みにしておりました。

  

  

| | コメント (5)

2008/11/16

「エリザベス女王杯(G1)この馬券を笑え!‘08」の巻

Kazuo_jyouou

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

本日のメインは、京都芝2200Mで行われる牝馬限定の

エリザベス女王杯(G1)です。

例年、固めに収まるこのレース。
あちらこちらでも、データは揃っているもようでもあります。

はたして、今年はどうか?

ちなみに去年の私の馬券は、PATで入力したはずが未入力。
馬券は獲れたと思いきや・・・・の苦い過去を思い出します。

まず、いらない馬をデータで整理。

①6歳以上カット→17

②前走7着以下→2・4・7・9・10・18

③10番人気以降カット→6・12・14

④2000M以上出走あるも連帯なし→16

残り7頭もいます^^;。

3→話題の鞍上も、逃げれたとしても道中ラップを落として逃げ切れるメンバーでもないのでカット。

後は混戦です。

鍵は馬場状態。
天気予報では雨、荒れた内枠は不利。

残り、強引に6頭

◎15カワカミプリンセス

1枚上で軸不動。騎手替りしたのも幸い。馬場不問。

15を中心に考えると、時計のかかる馬場で、おそらくペースは速くない中、後方からの差しでは、この馬をかわせないようにも。

上記でカットしながらも、気になるのは外国馬2頭の存在。
芝重の成績
4フェアブリーズ→5・4・3・0
6トレラビット→2・1・2・0

私は外国の馬場は全然わかりません。
(正直、日本の馬場もよくわかりませんが)

ひょっとして、雨女かもしれませんので押えます。
(データの意味なし)

○●4・6

外国馬2頭とも3着以内にくるとは思えず。

  

  

△1レインダンス

鞍上がなぜ彼?突き抜けるイメージが沸きませんが、3歳が特別強くも思えないので押えで。

△5ポルトフィーノ

可能性はあるものの、走ってみないとわかりません。
負けても「距離長かった」で済まされそう。

△8エフティマイア

春にG1、大万馬券の立役者。
たいして成長してないようにも思えますが、位置取り、上りの脚をみると、なかなかまとまったレースをしているようにも。
問題は馬体減り。

△11ムードインディゴ

夏から4戦目の今回。強めの調教らしいですが、どうか?

△13ベッラレイア

○予定も、馬場が渋るとダメとのことなので。
これも、負けた際の騎手、陣営の説明が、走る前からわかる。
叩き2戦目、馬体はいいらしい。

  
△16リトルアマポーラ

5がくるのなら、こちらにも可能性はあるのではないか?
問題は出遅れ。
待望の騎手替り。春の雪辱なるか?
(データの意味なし)

Erizabesu

 

 

 

  

↑12点中10点が万馬券。
もう少し固めの馬券を、検討購入予定です。

  

↓の評価ボタンを押して他の方の予想もチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

追記 PM10時

本日のレース結果。

1着16リトルアマポーラ

春競馬での人気から、やはり軽くは扱えない存在でした。
騎手替りが良かった!

2着15カワカミプリンセス

この馬の前にいる馬は、この馬より内枠の馬という読みは外れ!

3着8ベッラレイア

想像するより馬場状態は心配いりませんでした。

  
期待の外国馬2頭は、10着と16着。
外国の馬場はわかりませんが、持ちタイムも速くない2頭には順当な着順かと。

Eriza   

  

  

馬券は、3連複で引っかかるものの、実に固い配当で収支はマイナス。

御一緒に   んがっ! (Byこまわり君)

  
直前の予想で、ちょっと夢を見た、△8エフティマイアは13着。
レジネッタは12着。
春競馬は、フロックだったのでしょうか?

スタートで落馬した武騎手は両肩打撲。
どうか、軽いものでありますように願います。

空馬で1着で突きぬけた△5ポルトフィーノ、たんなるマイラーではなさそうですが^^;。

来週はマイルズCS(G1)。
景気のいい話にしたいところです(涙)。

TREview励みにしております。

  

| | コメント (4)

2008/11/14

「一緒にデートしたいアニメキャラは?」の巻

本日も参加させていただくのは、ココログのコマネタ。
今回は

一緒にデートしたいアニメキャラは?

  
男だったら、

ルパン三世の峰不二子!

でも彼女とデートする場合、

ブランド・スーツで身を固め、一流レストランで食事

ここまでなら、
思いっきり無理をすれば、なんとかなりそう^^;。

しか~し、ここから先が難関。
  


資産家の家にドロボーに入り、
  
警察の追っ手を振り払う!

ハラハラ・ドキドキ感を演出 しなければいけません。

ここで残念ながら、私は脱落。

  

そこで私がお薦め?のアニメキャラは

銀河鉄道999のメーテル

男ならデートの際は、見栄を張ったり、カッコつけたり、無理無茶をやってでも、女の子を喜ばせたいところ。(ホンマかいな~)

そんな部分を、優しくたしなめる彼女の言葉

「はりまお・・」(芸名)

う~ん、いいんじゃないでしょうか??^^;。

  Kazuo_meteru

  

  

  

  

 

  

  

  

  

  

しか~し。
はい、ここでも、しか~しです。

ウッカリ、メーテルに熱中しすぎると、

銀河鉄道999号に軟禁

そのままアンドロメダ星雲へ連れていかれて、

機械人間にされてしまう   ので注意です。

 

今回の結論。

アニメヒーローは、それなりに大変だ!

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

   

コネタマ参加中: 一緒にデートしたいアニメキャラは?? 

  

  

TREview励みにしております

  

 

| | コメント (6)

2008/11/13

「2008年「今年の漢字」、あなたは何にする? 」の巻

今回、ブログのイベントに参加させていただきます。

ココログで行われている「コマネタ」なるもの。

2008年「今年の漢字」、あなたは何にする?

さて、なんにしましょう??^^;

常日頃カッコイイ事をブログでは語っておりますが、実際は、全然イケてない私です。
明るく楽しい人生を送っているようで、本当は、かなりのケツ曲がりだったりもします。
感情のコントロールは難しい。

ということで、今年の漢字は、

  「忍」   です。

Baba_hi5

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

   

  

ここに、「耐」を付けて「忍耐」。
    

ガマンの年。
感情的に我慢の年。

  

ここに「ぶ」を付けて、「忍ぶ」。
  

忍者を想像してしまいますが、意味はそれ、そのもので、

隠れたりして、人目を避けること。
人に知られないように、ひそかに物事をすること。

目立ってはいけない。
でも、自分を守るは、忍ばせておこう・・^^;。

そんなことを考えてる今日この頃です。

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

  

コネタマ参加中: 2008年「今年の漢字」、あなたは何にする? イベントも開催!

  

  

  

TREview
励みにしております。

  

  

| | コメント (7)

2008/11/09

「新潟でドラキュラ退治 メイキング」の巻

ドラキュラの話が続いたりなんかします^^;。

本編にまとめる前のビデオを少し編集しました。
  
私には、コチラのほうが面白かったりしますが^^;。
セミの声がやかましかったり、コチラをみて本編を見ると、間が長いことに気ずいたりもします・・・。

今の私とは、かなり違いますので、正体バレない妙な自信あり。

20年前と一番変わったことは、

 デコ!

 

変身しよう

| | コメント (6)

2008/11/08

「新潟で ドラキュラ退治」の巻

大げさなタイトルですが、この度、YouTubeデビューしました。
  
ですが・・・ですが・・・、

当たり前ですが、ほとんど誰にも見られておりませんので、コチラにアップさせていただきます。

動画は約20年前のものです。
保存状態は、当時のビデオカメラなので、決してよくありません。

一般の人が、パソコンで編集なんて時代ではありません。

写っているのは、20年前の私です。
今とは別人です(爆)。

当時、親友のTさんが、投稿制作ビデオに凝っていた時期でありまして、一回だけ出演させていただきました。
そのTさん、この後も、いろいろ制作、TV出演までされました。
地方番組ですが、TVに出演された友人は、このTさんのみ。
偉大です。
  
おそらくTさんにとって、この作品は恥ずかしい作品とは思われるのですが、私には、若いからこそできた宝物になりました。

それでは・・・恥知らずの私を笑ってください。

  
ツッコミは抜き で、お願いします。

 

 

 

 

 

パチンコ・パチスロ無料攻略情報(1年間)提供!

| | コメント (4)

2008/11/06

「ミューズの微笑み に財津和夫さん出演」の巻

NHK教育テレビで、今、話題になっている芸術紹介番組。

Myuzu1
ミューズの微笑み
   

話は、ちょっと古く、10月18日放送。
番組は京都にある、

河井寛治朗記念館

の紹介役で、財津さんが出演されました。

久しぶりに見た財津さん。
あまり変わりなく、もうスッカリ眼鏡姿にも見慣れました。

私は芸術にはウトイので、難しく番組を捉えがちと思いきや、もう財津さんが見れただけで、かなり面白かったです。

陶芸家、河井寛治朗氏が自ら設計して住んだ家が、そのまま記念館として公開されています。
河井寛治朗氏の紹介は→
コチラ

河井氏のことは、正直、私には語れません。
ので、財津さんのみ語らせていただきます。

(財津さんを語る資格もないような^^;)

  

  

  Myuzu2 

記念館を訪れる財津さん。

   
「こんにちは。

財津一郎さんと間違えられる、財津和夫です!」

とは、言いませんでした。
今後、間違えられないためにも、

紅白出場! 期待しております。

  
  

  
  Myuzu3 

  
  
河井氏が制作したというイスを紹介する財津さん。

「このイスは凄いんですよ。
モチをつくウスをくり抜いて、キャスターまで付いていて。
なんともユニークで、こんな事思い付く人いるんでしょうか」

何気ない紹介ですが、物の紹介のみならず、人物像まで斬り込む!
この斬り込み方が、聞き所でもあります。

  

Myuzu4 記念館中庭にあったのは、河井氏が友人から送られたという円球の大きな石。
実際の画像に、NHKが気をきかせて、河井氏の画像を被せたのですが、実に

心霊画像っぽい仕上がり^^;。

ここでも、財津さん、素晴らしい言葉です。
放送中、1番の言葉です。

「転がる石ですか。

 いつも一方方向にモノを考えないで、

      フレキシブルに考えなさい!
  
              ということでしょうか」

  

もう、素敵すぎです。
私だったら、

「砲丸投げに興味があったのでしょうか?」

で済ませてしまいそうです。
  

  

番組は進み、書斎室でイスに腰をかける財津さん。
  

Myuzu6 ヒゲをそりながら、ひと言。

「う~む・・・マンダム!」

(すいません、ネタです)

  

そして、おもいっきり飛ばしてラストです。
河井氏の作品に囲まれて、財津さんの〆の言葉です。


Myuzu7   
  
  
  

    
「今回、寛治朗さんの宇宙の中に、

スーッと入り込んでいった感覚になりました。

寛治朗さんのカラダは、

      温かくて穏やかで、ホッとしました。」

はい!うまく、まとめられました。
アーティストがアーティストを語る番組でまとまったと思えます。
財津さんの宇宙に対するメッセージ、あらためて聞いてみたいです。

 

  

実は私、番組見る前に大きな疑問があったんです。

「財津さん、なぜ、このオファーを受けたのか?」

というのも、ビートルズ以外、よその影響をあまり受けてこなかった印象があったので。

番組を見た後は、いい仕事されたな~と^^;。

  


財津さん、同番組で11月22日放送にも出演されるそうです。
楽しみに待っております。

  

  

  

  

| | コメント (2)

2008/11/02

「天皇賞(G1)この馬券を笑え!‘08」の巻

本日のメインは、東京競馬場芝2000Mで行われる

天皇賞・秋(G1)です。

  

前評判は3強の戦いと言われております。
しかし、そこは捻ってくるのがJRA.
3頭ですんなり決まるとは?と思えます。

Tennosyou 本日所用のため、馬券購入済みです。

◎14ウォッカ

前走、ハナに立ち、スーパーホーネットに差されて2着。
前走より体調上と呼ばれている今回は、前を行く馬がいるので、4コーナー早目抜け出しではないか?
7ダイワを並ぶ間もなく抜かせるか?
後ろから斬れる馬が来ないことを祈ります。
今回のウォッカは、パドック写りが素晴らしいようです。

○7ダイワスカーレット

馬体は良いらしい。
問題は心配機能。
休み明け、最後の直線で息切れしなければ、ウォッカ以外は抜かせないかと。

●2ディープスカイ

今年のダービー馬。世代最強馬。
古馬より斤量2K少ない。
後ろから確実に伸びてきそうですが、同世代より今回の相手は確実に上手。
ダイワの絡む、変則的なペースに惑わされず、上をとらえきれるか?
頭の確立は少ないとみます。

▲12タスカータソルテ

上記3頭に割って入る馬を考えたのですが、意気のいい4歳で。
17は枠が^^;

△1・3・5・9・16

で勝負!!

これだけ、馬券数を買えば・・・と祈っておりました。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
他の方の予想も見れます。
素晴らしい すごい とても良い 良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記11/3 AM1時)

Tennosyou2

  
勝つには勝ちましたが、1~3番人気での決着で、儲けはわずかなり。

レースは、レコード更新の歴史に残る名勝負でした。
  
1~4着まで、同タイム。
本当に僅かな差。
  
ならば配当的には、4着のカンパニーが3着にきてくれればな~と。
それでもカンパニー、恐るべし7歳です。

レース後の勝利者インタビュー、普段G1を勝っても涼しい顔の武騎手
今回は笑顔がほとんどありませんでした。

「勝てば馬のおかげ、負ければ騎手のせい」

世の中の人達は、実に厳しく彼を見つめております。

勝ったんだから、笑っておくれ!

  
そんな武騎手を蒼褪めさせたのは2着の7ダイワスカーレット。
1度ウォッカに抜かされたと思いきや、ゴール前にもう一度伸びたのは凄い。
安勝騎手の「1度使っていたら勝っていた」のコメント通りかと。
道中、ダイワ必勝パターンのスローペースにさせなかったのは、ウォッカと同厩舎の15トーセンキャプテンのマーク。(結局トーセンは16着)
ここでペースを落とせてたら上りの脚は、もっと斬れて頭を獲れたようにも。
最強牝馬は勝ったウォッカでなく、彼女と思わせる内容。恐るべし!

さて▲で、波乱を期待した12タスカータソルテ。
馬場が合わなかったのか?その他諸々で、最下位。

笑える馬券の真骨頂だったりして。

んがっ!

  

  

TREview ランキング励みにしておりました。

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »