« 「天皇賞(G1)この馬券を笑え!‘08」の巻 | トップページ | 「新潟で ドラキュラ退治」の巻 »

2008/11/06

「ミューズの微笑み に財津和夫さん出演」の巻

NHK教育テレビで、今、話題になっている芸術紹介番組。

Myuzu1
ミューズの微笑み
   

話は、ちょっと古く、10月18日放送。
番組は京都にある、

河井寛治朗記念館

の紹介役で、財津さんが出演されました。

久しぶりに見た財津さん。
あまり変わりなく、もうスッカリ眼鏡姿にも見慣れました。

私は芸術にはウトイので、難しく番組を捉えがちと思いきや、もう財津さんが見れただけで、かなり面白かったです。

陶芸家、河井寛治朗氏が自ら設計して住んだ家が、そのまま記念館として公開されています。
河井寛治朗氏の紹介は→
コチラ

河井氏のことは、正直、私には語れません。
ので、財津さんのみ語らせていただきます。

(財津さんを語る資格もないような^^;)

  

  

  Myuzu2 

記念館を訪れる財津さん。

   
「こんにちは。

財津一郎さんと間違えられる、財津和夫です!」

とは、言いませんでした。
今後、間違えられないためにも、

紅白出場! 期待しております。

  
  

  
  Myuzu3 

  
  
河井氏が制作したというイスを紹介する財津さん。

「このイスは凄いんですよ。
モチをつくウスをくり抜いて、キャスターまで付いていて。
なんともユニークで、こんな事思い付く人いるんでしょうか」

何気ない紹介ですが、物の紹介のみならず、人物像まで斬り込む!
この斬り込み方が、聞き所でもあります。

  

Myuzu4 記念館中庭にあったのは、河井氏が友人から送られたという円球の大きな石。
実際の画像に、NHKが気をきかせて、河井氏の画像を被せたのですが、実に

心霊画像っぽい仕上がり^^;。

ここでも、財津さん、素晴らしい言葉です。
放送中、1番の言葉です。

「転がる石ですか。

 いつも一方方向にモノを考えないで、

      フレキシブルに考えなさい!
  
              ということでしょうか」

  

もう、素敵すぎです。
私だったら、

「砲丸投げに興味があったのでしょうか?」

で済ませてしまいそうです。
  

  

番組は進み、書斎室でイスに腰をかける財津さん。
  

Myuzu6 ヒゲをそりながら、ひと言。

「う~む・・・マンダム!」

(すいません、ネタです)

  

そして、おもいっきり飛ばしてラストです。
河井氏の作品に囲まれて、財津さんの〆の言葉です。


Myuzu7   
  
  
  

    
「今回、寛治朗さんの宇宙の中に、

スーッと入り込んでいった感覚になりました。

寛治朗さんのカラダは、

      温かくて穏やかで、ホッとしました。」

はい!うまく、まとめられました。
アーティストがアーティストを語る番組でまとまったと思えます。
財津さんの宇宙に対するメッセージ、あらためて聞いてみたいです。

 

  

実は私、番組見る前に大きな疑問があったんです。

「財津さん、なぜ、このオファーを受けたのか?」

というのも、ビートルズ以外、よその影響をあまり受けてこなかった印象があったので。

番組を見た後は、いい仕事されたな~と^^;。

  


財津さん、同番組で11月22日放送にも出演されるそうです。
楽しみに待っております。

  

  

  

  

|

« 「天皇賞(G1)この馬券を笑え!‘08」の巻 | トップページ | 「新潟で ドラキュラ退治」の巻 »

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

コメント

財津さんの画像に
よっちゃんさんのナレーション!?が可笑しい!!!
う〜ん マンダム(笑)

投稿: あんじー | 2008/11/07 16:28

あんじー様ありがとうございます。
この記事は苦労したんです。
頭の中で半月ほど考えてました。
ウケテいただき光栄です。
次の放送も、このパターンで^^;。
アクセス数さっぱりですが(爆)

投稿: よっちゃん | 2008/11/07 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「天皇賞(G1)この馬券を笑え!‘08」の巻 | トップページ | 「新潟で ドラキュラ退治」の巻 »