« 「玉置浩二/ALL I DO これを聴け!47」の巻 | トップページ | 「財津和夫・著/遅刻した少年」の巻 »

2009/03/05

「悪意/善意 たましいの素顔 を読む」の巻

Tamasii 江原啓之 著

悪意/善意 たましいの素顔

読みました。

図書館から借りて^^;。

本の内容は、タイトル通りでして、悪意、善意、偽善意を、わかりやすい事例を取り上げながら解説。
その心のコントロールの仕方、心の在り方について語られております。
  
善意と偽善意の区別が、自分に中で、もはや判らなくなっている方には、読む薬になってくれそうです。

 
私の場合、いざ実践となると、なかなかできない。
あまり聞く耳を持たない人間であることが、このへんでも、よくわかるのですが。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

 

以下、私自身の事が中心なので、読み飛ばされてください。

私が最近考えてるのは魂の存在。

今、活動できているのは身体があってのことなのですが、はたして、体を離れた部分での魂は存在するのか?
心とは、魂なのか?

もうひとつ、最近考えていたのは、悪意について。
ここ数年、私の中で、善意というものが小さくなってきている事実。
善意なのか?偽善なのか?
(偽善は悪意でもあるような)
善意が小さくなってくる以上、目立つのは対の悪意。

よそ様の悪意には、悪意で応えよう!という考え方。

筋が通ってない以上、同意できない・・までは誰でもあることなのですが、批判にまわってしまう自分。
実際、世の中、あいまいな面白さもあるわけで、結局、頭の中でまわりまわって、自分を責める始末。

(具体例を挙げるわけにいかず、抽象的な表現ですが)
  

本を読んでの感想、内容を自分に被せた場合、ひとことで、

私は修業が足りない!

読む前からわかっていたことですが、それは確信に^^;。

一番は、ダメな事はダメと言える善意が私には欠けております。
(自分だけの価値感で、相手を批判してもいけないのですが)
それがわかっただけでも、1つ前進になるのかな?とも。

  


いつも、TVを見てて思うこと。
一度、江原さんに視てほしい。
言われることは想像できるんですが。

「あなた、今年は競馬全敗ですね。

それは、御先祖様が辞めろ!とメッセージを出してるからです」

これしかないような・・・
でも、もし御先祖様からのメッセージで負け続けてるとしたら、逆のメッセージで伝えてほしい気もします。
特大万馬券獲得とか。
普段、買わない馬券を閃かせてくれるとか。

と、本を読んでも、欲は全く変わらず^^;。

  

  

  

  

  

TREview見ざる・聞かざる・言わざる。
でも本当は見てるから、ソッと声をかける。そんな大人が理想です。

  

  

  

|

« 「玉置浩二/ALL I DO これを聴け!47」の巻 | トップページ | 「財津和夫・著/遅刻した少年」の巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
自身の行いを振り返る事ってそう簡単に出来ませんよ。
それを気付かれたのが凄い収穫ですよね^^
生まれ変わる事が出来なくとも「現状を有難いと思い
感謝する」のが大事なんですよ。
超ポジティブ志向でいるのも大事ですし~
今度その本、借りて読んでみたいと思います。

投稿: かなりんパパ | 2009/03/08 01:19

かなりんパパ様お言葉ありがとうございます。
上記の、江原さんの、この本によると、人間の魂と呼ばれるものは、神の存在に近付くまで修業という形で生まれ変わるらしい・・のですが、前世の記憶が無い以上、今現在の自分で勝負??するしかないわけで^^;、嫌なことがあっても、それだけに捉われずに、楽しくいけたら幸せですよね。
ちょっと、これ以上深くなると、まだ語る言葉が足りない私です^^;。

投稿: よっちゃん | 2009/03/08 12:23

恩着せがましく色々とすいませんm(_ _)m
私、歳をとってお節介が酷くなってしまうような気が...
ストレスからか最近イライラしてしまう事があって、
後になり罪悪感で一杯に。
自身に驕りというか甘えがあるんでしょうね、きっと。
お互いに頑張りましょう^^

投稿: かなりんパパ | 2009/03/08 23:07

かなりんパパ様、上記私のコメント、本の部分で追加修正させていただきました。

恩着せがましいとは、思いませんでしたが(笑)。

私は、競馬で挫折感一杯に(涙)。
本当は、弾けた気持ちで、財津さんを語りたいのですが。
まずは勝って(赤字回収は厳しい)、スッキリして次のステップにいきたいと。
最近は、コレばかりでした。

頑張ります!

投稿: よっちゃん | 2009/03/08 23:49

心のコントロールというものは
人生において難しい課題の一つですよね。
銀犀は常々思っている事が
間違っている事
不幸になるかもしれない事
指摘しないで温和に流すのは
正しい事なのか・・・

銀犀は指摘してしまう為
厳しいと言われます。
(思いやってそう言って貰っているのかも・・・)
(小馬鹿にして聞き流している人もいます。)

正しいか正しく無いかは
周りが決める事で
返答 や 注意は
悪意で返さない人の意見は取り入れています。

人生は一生が修行で
極めた者などいないのですから
と思ってます。

>善意が小さくなってくる以上、目立つのは対の悪意
それは貴方が基本的には善行を重んじる方
だからでは無いかと思います。

清く流れている川は穏やかで平坦
何か澱み・乱れている部分は
川の表面を見てハッキリ解り
気にしてしまいます。

ブログの記事・回答を観る限り
銀犀は善行を重んじる人として
読みに来てます。
では・・・


投稿: 銀犀 | 2009/03/14 18:26

銀犀様、私自身は決して善人ではない!な~・爆。
実際の私とブログでの私は別人です。
これは言い切れる事実です。
やっぱり、不特定多数の人達を相手に物を書く楽しみと、反面、恐怖はあるので、実に外面のいいブログでの私です。

卑怯な手を多用する私でも、気をつけてることはあるんです。
お金を借りてまで、競馬をしない。
お金を借りてまで、酒・タバコを呑まない。
基本的に、千円以上のお金は親友でも貸さない。
う~む、お金のことばかりですが^^;。
あとは、いい加減な部分が実に多い。

自分の正義心に対しても、実に猜疑心で一杯です。
やっぱり、世の中と勝負してる人間として、認められてない事実もありますので。
正義が無くても認められる人は認められる。
だから、私の正義は、しまっておくことにしました。

違う楽しみを、もっともっと楽しんでいきます。

(抽象てきで、わかりずら文で申し訳ありません)


投稿: よっちゃん | 2009/03/14 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「玉置浩二/ALL I DO これを聴け!47」の巻 | トップページ | 「財津和夫・著/遅刻した少年」の巻 »