« 「桜花賞(G1) この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「新発売 サントリー THE STRAIGHT ザ・ストレート感想」の巻 »

2009/04/16

「徳光さんVSプロレスラー」の巻

たまには、プロレス・ネタもやらないといけません^^;。

今回は、少し話は古く。

1990年4月13日。
この日は、東京ドームで

「日米レスリングサミット」と名称付けられた大会が行われました。
WWFの日本上陸を、全日と新日が協力したカタチの興行。
カードの組み合わせからは、全日の馬場社長の手腕が大きく物を言った形でして、新日は脇役に過ぎず。

メインは

ハルク・ホーガンVSスタン・ハンセン でした。

かつて、新日本で一緒にタッグを組んでいた仲。
当時のハンセンは全日の外人トップレスラー。
そしてホーガンは、全米NO1のレスラー。

名勝負の末、勝ったのは・・・あえて、言いますまい。

  

  

さて、この日、輝いたアナウンサーがおりました。
今や、ギャンブラーとしても名高い、


徳光和夫さん

その徳光さんが、残した2番勝負の紹介です。

  
なにやら体格の良い女性。
当時、ランディ・サベージのマネージャーを勤めていた

シェリー・マーテル。

全日本女子プロにも来日したことがあるレスラーとのことです。

  
女子に手を出さなかった、徳光さんがエライのか?

素人に手を出さなかった、シェリー・マーテルがエライのか?

当時、永遠のテーマと思われたことも、

今では、どうでもいいこと だったりします。

  
そして、もう一番。

こちらでは、徳光さん完敗!!

  
アルティメット・ウォリアー。
アメリカのマンガから出てきたようなキャラでした^^;。

徳光さんは健在ですが、彼は今、どうしてるのでしょう??

  

と、いうことでサッパリ、プロレスを語った気がしない、今回の記事でした^^;。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

私てきには、恐いレスラーNO1は、この方です!
                 →クリック

  

  

TREview励みにしております。 

 

 

 

ムレて気になる足のニオイ、どうしてる?

 

  

プロレス

  

|

« 「桜花賞(G1) この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「新発売 サントリー THE STRAIGHT ザ・ストレート感想」の巻 »

プロレス」カテゴリの記事

動画ネタ」カテゴリの記事

コメント

>ハルク・ホーガンVSスタン・ハンセン
実は私 TVでも観てないんです。
結果だけ知ってますが・・・

ハンセン派の銀犀でしたが・・・
無念でした。

>その徳光さんが、残した2番勝負の紹介です。
銀犀のTVの記憶の中に
徳光さんの印象がないのはなぜ??


怖いレスラーですか・・・
銀犀はレスラーを見た事はありますが
試合はTV観戦だけでした。

でも・・・
絶対 一位は”タイガージェットシン”でしょう。
TVで観ていても危険だと思ってましたから
実際 あの場所にいたら・・・
逃げるでしょうね。
では・・・

投稿: 銀犀 | 2009/04/16 00:32

やっぱりいいですね、プロレスは♪
荒廃した?日本に希望を与えるのはプロレスなんじゃないでしょうか?!
後発の総合格闘技も廃れてきてますし、他のスポーツも私的にはイマイチ(やっていたアメフト除く^^)
あんなに体を張っているものは他にはないですから!

投稿: かなりんパパ | 2009/04/16 11:48

気合い笑った〜!!!
徳光さん、ビビってるよね(笑)
って、最近観てないや。。。徳光さん
息子さんがどこかの局で司会やってわん♪

投稿: あんじー | 2009/04/16 19:21

お題と関係ない事なんですが、ダグファーナス、ダニークロファットってどうしたんですかね?
ふと名前が浮かんできまして^-^

投稿: かなりんパパ | 2009/04/17 23:23

銀犀様もジェットシンですか~。私もです。
ジェットシン、一言で、狂気の世界。
あれは、日本人では出せない世界かと。
徳光さん、この頃は特版のみの出番だしたので印象が無いのかもしれません。
実況担当してたのは昭和40年代かと。
私も、実況、リアルタイムでは聞いておりませんので^^;。

投稿: よっちゃん | 2009/04/17 23:55

かなりんパパ様、私はプロレスラーに何度自分の人生を重ねたか数えきれません。鶴田病気欠場後、特に天龍には特別な思いがありました。
みちのくプロレスの初期の頃の素晴らしさも忘れらません。(今も頑張ってるようですが)
夢を抱いたレスラーが少なくなった、プロレスを上げてやろう、世間と戦ってやろう、というレスラーが少なくなった、そんな気もします。

カンナムエクスプレスですね~♪
懐かしいですね~。当時の全日のエースはハンセン。
もう少し体格があれば(どちらか一人でも)、違った活躍もあったような。
現在2人ともリタイヤされてるみたいです。
ちなみに、彼らの上を行ったブルドックスの、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス。
スミスは亡くなり、キッドは車イス生活。実に過酷な職業ですよね。

投稿: よっちゃん | 2009/04/18 00:29

あんじー様、徳光さん健在ながらも、メインキャスターの番組が次々と打ち切りにあって、以前ほどのインパクトは残せてないようです。
それでも、あの良心の塊みたいなイメージにかわりなくhappy01
そういう意味でも、「みのもんた」凄いですね~。

投稿: よっちゃん | 2009/04/18 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「桜花賞(G1) この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「新発売 サントリー THE STRAIGHT ザ・ストレート感想」の巻 »