« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の7件の記事

2009/06/28

「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻

今春のG1ロード、いよいよラストがの宝塚記念。

阪神2200M芝コースで施行。

なんとか、一矢報いたいところ。

今回、予想はシンプルに、

ネタ絡みも含めて勝負です!

 

Maikeru  

 

  
世界のスーパースター、マイケル・ジャクソン

が亡くなったのは、一昨日のこと。

ここは、サイン馬券でいいのではないでしょうか??

 

ヒーローが亡くなったから、10スクリーンヒーローが来る!

 

 

という安易なサイン馬券で決まるとは思えず。
ここは捻って、

マイケルがいなくなって、心がキツイ
マイケル、キツイ
マイネル、キツイ
マイネルキッツ

1マイネルキッツを少し厚めに。

プロレス界のヒーロー、三沢選手に敬意を表し、

三番の3スマートギアも少々。

 

◎11ディープスカイ

好位抜け出しができることを見せた安田記念。
抜け出すタイミングぐらいが問題ではないかと。
複勝率100%、軸不動

●9ドリームジャーニー

11マーク作戦は大阪杯と同じ。
出遅れ癖、後ろからいくしかない、この馬。
展開に左右されるのは事実。
実力どうりの評価のまま買えないのは辛いところ。
あっさり、差しきるかもしれませんが。
届かず、4着も考えられます。

以下◎と●の間に入って残りそうな馬。

○1マイネルキッツ

天皇賞馬。
天皇賞レースのレベルは高くないと言われておりますが、今回のメンバーを見れば、そんなにレベルの高いレースになりそうもないのではないか?

▲8サクラメガワンダー

勝ちきるイメージはわきませんが、近走、一皮むけた印象があります。

△3スマートギア

気楽に乗る騎手の妙技に、ちょっと期待。

とりあえず、上記5頭で、直前気配確認後追加も(^-^;

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

本日は新潟競馬場で勝負です!

 

[競馬] ブログ村キーワード

追記・まとめ 6月29日AM2時

 

宝塚

馬券は、頭を11ディープに固定で、グリグリ馬券で勝負。
正直、購入時点で、厚く買うと予告した1マイネル、あまり良く見えず。
それよりも、2インティライミ、4アドマイヤメインのほうが良く見えました。
他、人気の7アルナスライン、10スクリーンヒーロー、14カンパニーまで、御丁寧に押さえ馬券を購入。

結果

1着●9ドリームジャーニー

2着▲8サクラメガワンダー

3着◎11ディープスカイ

3連複押さえ馬券が引っかかるものの、

おもいっきり、収支はマイナス!

ああ~、何やってんだろう・・・
サインに溺れて、撃沈・・・。

11ディープが伸びなかったこと以外、レースは実に見応えのある一戦でした。
が、儲けないので、感動せず。

ああ~、本当に何しに競馬場行ったんだろう・・・。
2勝3敗で、トータル赤字で帰ってきた一日でした。

 

 

 

 

TREview外し続ける中(涙)、励みにしておりました。

| | コメント (0)

2009/06/23

「財津さん『A-Studio』出演の感想」の巻

A1   

  

  

6月19日TBS系列23時から放送、

「A-Studio」  拝見しました。

メインキャスター勤める財津さんに、ゲストの笑福亭鶴瓶さん。

ん??

私、正直、この番組ジックリ観たのは初めてだったのですが、あらためて、

鶴瓶師匠、実に温かい人ですね!

  

今回、財津さんは

「サボテンの花」  「青春の影」

定番を2曲披露してくれました。

余計な一言ですが、

どちらも、別れの歌 です(^-^;。

バックミュージシャンは、今回のコンサート・ツアーのメンバーでした。
演奏、更に、磨きが入っていたような。

  

今の時代とは、貨幣価値も違う中、チューリップは早い時期にヒットが出て、長くバンドを続けられた・・
そんな印象を持っていたのですが、

デビュー時は、かなりシビアな世界を経験された

というトークが中心でした。
  

実際は私が思うに、
財津さんの才能があったからこそですが、当時としては、

かなり早目に掴まれた成功だったのではないでしょうか。

  

A2  

 

「青春の影」の曲紹介では秘話も。

チューリップが、プロとしてやっていくために、初めて所属した事務所が、

新興楽譜出版(シンコーミュージック)。
多くのシンガーソングライターが所属していたと記憶しております。
(現在も??)

その取締り役をされていた人物が、草野さんという方。
生活保障するかたわら、チューリップの曲選考にも、かなりの発言権があったらしいです。
その草野さんが、4年前すい臓ガンで亡くなる際、自ら建てたお墓には、

僕が大好きだった歌 という曲名が並ぶなか、

日本の曲で、唯一、「青春の影」の名前が彫られておりました。
チューリップに対して、最大級の賛辞を残していったことに感動です。

 

「青春の影」シングル発売の際、まわりは、みんな反対だったようです。
「心の旅」「夏色の思い出」「銀の指輪」とポップ路線が大当たりの後、この曲でいいのかと。

「これから、もうひとまわり、大きくなってほしい」

当時のディレクター、新田さんの思いと、

「ここから、音楽的にもう一段上がりたい」

という財津さんの願いがかなって、発売になったシングル。

前途、草野さんは、反対だったらしいのですが、天国に持っていかれたあたり、反対したことを、多少なりとも悔やんでいたのでしょうか。
単純に名曲のひとつでもありますが。

今回の放送、良い話が聴けて、ラッキーでした!

TBS、ありがとう!

(ラッキー→死語??)

  

  

    

  

余談で。A3   

  

  

ライバルとして紹介されていた、武田鉄也さん。

番組では、鶴瓶師匠が語ったため、多少はソフトな言葉になったのかなと。
実際は、若い頃の財津さん。
音楽では、ライバルとしては考えていなかったと私には思えるのですが。

  

  

  

  

[財津和夫] ブログ村キーワード

| | コメント (0)

2009/06/17

「がんばれ!斉藤彰俊!団体ノア!!」の巻

Noa1_2   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Noa2   

 

 

 

 

 

 

 

 

  
  

 

 

 

がんばれ! 斉藤 彰俊

 

がんばれ!  NOAH!!

 

 
  
 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
もっと、素晴らしい記事がかけて、世の中にNOAHをアピールできればよいのですが。
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

 

追記。

みちのくプロレスで、素晴らしいレフェリングをされていたことを思い出します。

テッド・タナベさんの御冥福をお祈りします。

 

 

 

| | コメント (8)

2009/06/14

「三沢光晴さんの御冥福をお祈りします。」

一夜明けて、信じられなかったことが、朝の報道番組で、どうやら事実のことかと。

早すぎる死と、ため息が出たジャンボ鶴田さんが49歳の若さだったのに、それより早い46歳で亡くなられるとは。

Misawa_3  朝の番組、ザ・サンデーで徳光さんが語られていた、

「本人は無念だったのじゃないか。

悔しいけれど、冥福を祈らざるえないのかな、という気持ちです。」

御冥福を祈らざるえない。

多くの方の心情と重なる言葉と思われます。

ちょっと、三沢選手の試合の印象を。

半分以上は、ターザン山本氏の言葉↓。
この後、山本氏の「俺は、アントニオ猪木だ!」発言が、彼の最大の失言ではなかったのか??
カリスマ性を表現した言葉選びに失敗。

ちゃう、ちゃう、ターザンはレスラーじゃないじゃん。
うぬぼれちゃダメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「三沢の試合は切ない。」

 
怪我もあって、その都度、「ガラスのエース」と呼ばれることもありましたが。
切ない本質は、そこではなく。

新日の闘魂三銃士が90年代初頭、長州、藤波を踏み台に、のし上ろうとしているとき、ほぼ、同期の三沢の相手は、天龍脱退後も、涼しい顔しているジャンボ鶴田。
これは、三沢の実力でなく、鶴田の実力を語った言葉。
もし、三銃士が全日だった場合、脚光を浴びるのは、もう少し先だったのではないか?。

話題性も、新日が一枚上手。
全日のレスラーは、ジャイアント馬場の信念に基ずきリングの上が全て。
余計な発言は許されず。
鶴田、ハンセン相手に黙々と戦う三沢。
(元々、三沢本人も誇大な発言を嫌う)
会社のバックアップがあって、のびのび戦う三銃士とは、ギャラも含めて環境の差は歴然。

だから、三沢の戦いは切ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて選手権に挑む際の心情を

「24時間の内の1時間」

「終わったあとの、飲みを楽しみに」

  

何気ない、この言葉に随分助けられました。

「切ないのは今だけ。
明日の今頃は笑ってられるさ。」

とは、今でも、よく思うことです。

  
  

この切ない戦いは、やがて三沢さんを軸とする、四天王プロレスという形で実を大きくして、人気を決定づけるわけなのですが、そのプロレスに外国人が付いていけないというジレンマも。

馬場夫人からの呪縛を断ち切るためにNOAHを設立。
私には、馬場夫人が、武藤さんにできて、三沢さんには許せなかったのはなぜか?
今でもわかりません。

リングの上でも、リングを降りてるときも、実直な信念を貫かれた三沢さんです。

  

  

三沢さんがいなくなってしまいました。
団体NOAHだけでなく、プロレス界全体の大きな痛手です。
まだ、46歳。
プロレス界のことのみ挙げるとすれば、一番難しい問題、次世代のレスラーの底上げが未完で終わったことが、本人も悔やまれてならないことかと。

  

三沢さん、

素晴らしい試合で勇気づけていただき、

ありがとうございました。

  

| | コメント (5)

2009/06/11

「ダイハツ・ムーヴを語る」の巻

私の乗っているディオンが、エンジン不調の為、修理に出しました。
調べてもらった結果が、

スパーク・プラグの消耗

という実に怪しい回答ながらも、とりあえず調子は戻ったみたいです。

その修理に出している間、貸していただいた車は

ダイハツ・ムーブ(現行型)

  Movegaikan1
  

  
   

グレードはわかりませんでしたが、装備の内容から、今回の車は、1番ベーシックなグレードと思われました。

ムーブといえば、スズキのワゴンRがライバル
初代のムーブはワゴンRを追っかけて、ミラの土台を利用してつくられたモデルでした。
初代に限っては、ミラの低い着座位置に大きな屋根を被せた印象だったのですが、2代目からは独立モデルとして開発。
着座位置も屋根に合わせて、高くセッティングされました。
(ここまで、10年も前の話)
  
しかし改良を重ねつつも、ワゴンRの人気には、まだ届かない・・・が、前型モデルまでの現状でなかろうかと。
先行発売は、強し。
真似をして、追い越すところが、TOYOTAのいやらしさ。

そこでダイハツは考えたのか?。
現行型からより、思いきった変更をしてきました。
ようやく、ワゴンRから離れた発想にも思えます。
外観は角を丸めて、実にモダンな印象。

これは、タントという居住性がピカイチのシリーズと、イメージが被るのを避ける意味合いも含んでるのは、もちろん。
それ以上に、デザインへのこだわりが大いに感じられる1台になりました。

Movehirosa

  

  
  
  
デザインを強調したとはいえ、居住性の確保はできております。
エンジン、エンジンルームの寸法を短くしたことにより、平均的な大きさの大人4人は余裕でに乗れそうです。

Movesitunai_2 Movekomado 

 

  

着座位置が高いというより、フロントガラスの大きさ(長さ)から、見晴らしは良好。

私には、逆に、そのせいか、包まれ感があまり感じられない。
乗っているとき、外から見たら、自分の上半身の露出が、かなりあるんでは?と余計な心配もしたりしましたが、実際は、そんなことはなく^^;。

  

  Moveinpane

 
  
  
    
インパネも実にモダン。

センターメーターに目がいきますが、外の光をダッシュボード越しに取りいれる造形は、なかなか凝った造り。
これが、ベーシックグレードなので、ここまで凝らなくても?とも思えたのですが、カスタムグレードで、タコメーターもついて、そこそこ派手なメーターまわりなら、かなり見栄えがしそうです。

  

  Movesupika

    

  
私のこだわりは、カーステの音。
ベーシックグレードなので、スピーカーはフロント2つのみだったのですが、ツイーターも含めて、6スピーカーまでグレードアップできるみたいです。

ちなみに純正のオーディオ、2スピーカーでの感想は、

音の解像率は、今ひとつ。
ロックも歌謡曲な音に聴こえる。

 

Movekomono

  

  
  

小物入れも、アチラコチラに。
デザイン優先のダッシュボードのため、容量は少々犠牲になっている部分も。

 Movedenki3
  
  
  
車内灯の進化には、目を見張るものがありました。
軽も、ここまできてるのか!と、小さなことに驚き。

  

一日、通勤の往復に乗っただけの、今回の代車、ムーブ。

燃費はかなり良さそうです。
運転は、その見晴らしの良さから、取りまわしも、かなり楽です。

エンジン音は、それなりに、車内へ入ってきます。
これが、上のグレードのCVT車、もう1ランク上のエンジンなら、違った印象を受けるかもしれません。
運転道中感じた、モッタリ加速も、今回、あくまでもベーシック・グレードでのことかと。

  

最後に、今回のムーヴは買いか?  

  
カスタム系の満足度が高そうなだけに、私は、ベーシックグレードなら、もう少し価格の安い、他の車種のベーシック・グレードを選びます。
カスタム系は、かなりカッコイイ!!
ダイハツの気合が感じられ、こちらは、ひょっとして、5年後に買うとしたらの中古車候補のひとつです

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview励みにしております。

  

中古車 - All About [クルマの賢い買い方・売り方]

| | コメント (6)

2009/06/08

「振り返れば奴がいる 名シーン②」の巻

先日アップさせていただいた記事に続き、今回は、その第2弾を。

あの伝説のドラマ

「振り返れば 安勝 奴がいる」 

からです。

織田裕二さんの、めったに見られないシーン。
さすがに、コレはラブ・シーンとは言わないよな~。

  

  

  

仕事のできる男は、人間関係も割り切れている

・・・・かな??と。

ちなみに、私の場合は

職場は、人間関係が自分の中で、80%以上の割合で占めている、
思いっきり、ソレに引きずられてる人間でした。

 

チャンチャン。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview競馬が当たらず落ち込む中、励みにしております。

  

  

  

罠にハマるオトコ続出!?

| | コメント (4)

2009/06/01

「財津さんの世界5 チューリップ/世界の果てで 再アップ」の巻

‘07年12月4日にアップした記事に、音と動画を付けて再アップさせていただきます。
ファン以外は知らない曲ですので、当時、アクセスもさっぱりでした。(今回も??)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ainouta

 

 

 

 


  
今から、約20年前のCD。

その頃くらいから
レコード→CDの時代になってきました。

私も、初めてのCDプレイヤーを、当時、たまたま東京に住んでいたため、秋葉原で購入。
機械を買えば、鳴らすものも準備しなければ。
   
そこで生まれて初めて買ったCDは、当然 

チューリップ で~ん♪

レコード盤よりCD盤は、当時1割以上高かった!

さて、上画像。
今や廃盤、オリジナルツインシリーズ「ザ・名盤」なるもの。
チューリップだけでなく、他にも70年代アーティストの旧譜を2枚セットにしてCDで復刻したものです。

ちなみに、一時期、オークションで高価引き取りされていた「音蔵シリーズ」は、この後を引き継いだものかと。


なぜ、この2枚組CDを選んで買ったのかは、今でも理由をハッキリ覚えております。

アルバム 「僕がつくった愛のうた」

のラストの 「世界の果てで」

をCDでどうしても聴きたかったから!です。

このラストを飾る3分弱の曲。
私は楽器が演奏できず、なおかつ、音楽を表現する知識が乏しいため、表現しようがないのですが、
生ギターを初めとする、各楽器の音色の明確さ、ストリングスの完璧さ、それらが1体で奏でるメロディーは美しいのですが、妙に悲しい。
  
詞はいたって、シンプル。(歌詞カードで3行)
曲の最初に財津先生が口ずさむように歌い、その詞の余韻を、演奏が盛大に盛り上げるロックバラード!


    
近年、私の脳裏をよぎるのは、数年前にヒットした

「世界の中心で、愛をさけぶ」

というタイトル名、このフレーズ。
書籍、映画、ドラマでは、このタイトルにいろんな要素が交じって、傑作となっているのは承知で、あえてタイトルのみのコダワリで話を進めさせていただきます。

私には、世界の中心で愛を叫ぶことができるのだろうか?
それは、できない。
自分自身を偽善者に見てしまいそうだから。

ならば、財津先生みたく、世界の果てで歌を口ずさむことは?
それもできない。
メッセンジャーとしては足りないものだらけだから・・・

世界の果てで、砂いじりをしてる・・・
残念ながら、それが今の自分に1番似合ってるよな~。

    

「世界の果てで」 
  

歌っているのは この僕

僕は ここで 歌っている

悲しみの歌や

希望の歌・・・

  

財津先生、世界の隅っこで、先生の歌を聴いてましたよ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加動画

 

  

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

Ainouta2 ←「僕がつくった愛のうた」ジャケット裏。
  
今でも疑問に思うこと。

  
なぜ、上半身裸の写真をジャケット裏に使ったのだろう?
なぜ、吉田さんまで脱いでしまったんだろう?(笑)

あの絵本がCD盤付いてなかったのが残念。
 




財津さんが、世界の果てで、創っていた名曲のひとつ。
↓この曲で、このバージョンでCD化してくれないかな~
 
大音量で聴いていただければ、幸いです。 

財津先生のソロ・コンサートでは定番の引き語りバージョン。
ラストで使われていた時期もあったのですが、私は、この曲を聴くと不覚にも涙をこぼしてしまいます。
なぜ、ここまでファンでいられたのか?
もはや、自分でもわかりませんが、それよりも

「ファンで良かった、間違いなかった」

そう思えてならない瞬間が沸いてくるんです。

  

 

| | コメント (8)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »