« 「ダイハツ・ムーヴを語る」の巻 | トップページ | 「がんばれ!斉藤彰俊!団体ノア!!」の巻 »

2009/06/14

「三沢光晴さんの御冥福をお祈りします。」

一夜明けて、信じられなかったことが、朝の報道番組で、どうやら事実のことかと。

早すぎる死と、ため息が出たジャンボ鶴田さんが49歳の若さだったのに、それより早い46歳で亡くなられるとは。

Misawa_3  朝の番組、ザ・サンデーで徳光さんが語られていた、

「本人は無念だったのじゃないか。

悔しいけれど、冥福を祈らざるえないのかな、という気持ちです。」

御冥福を祈らざるえない。

多くの方の心情と重なる言葉と思われます。

ちょっと、三沢選手の試合の印象を。

半分以上は、ターザン山本氏の言葉↓。
この後、山本氏の「俺は、アントニオ猪木だ!」発言が、彼の最大の失言ではなかったのか??
カリスマ性を表現した言葉選びに失敗。

ちゃう、ちゃう、ターザンはレスラーじゃないじゃん。
うぬぼれちゃダメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「三沢の試合は切ない。」

 
怪我もあって、その都度、「ガラスのエース」と呼ばれることもありましたが。
切ない本質は、そこではなく。

新日の闘魂三銃士が90年代初頭、長州、藤波を踏み台に、のし上ろうとしているとき、ほぼ、同期の三沢の相手は、天龍脱退後も、涼しい顔しているジャンボ鶴田。
これは、三沢の実力でなく、鶴田の実力を語った言葉。
もし、三銃士が全日だった場合、脚光を浴びるのは、もう少し先だったのではないか?。

話題性も、新日が一枚上手。
全日のレスラーは、ジャイアント馬場の信念に基ずきリングの上が全て。
余計な発言は許されず。
鶴田、ハンセン相手に黙々と戦う三沢。
(元々、三沢本人も誇大な発言を嫌う)
会社のバックアップがあって、のびのび戦う三銃士とは、ギャラも含めて環境の差は歴然。

だから、三沢の戦いは切ない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて選手権に挑む際の心情を

「24時間の内の1時間」

「終わったあとの、飲みを楽しみに」

  

何気ない、この言葉に随分助けられました。

「切ないのは今だけ。
明日の今頃は笑ってられるさ。」

とは、今でも、よく思うことです。

  
  

この切ない戦いは、やがて三沢さんを軸とする、四天王プロレスという形で実を大きくして、人気を決定づけるわけなのですが、そのプロレスに外国人が付いていけないというジレンマも。

馬場夫人からの呪縛を断ち切るためにNOAHを設立。
私には、馬場夫人が、武藤さんにできて、三沢さんには許せなかったのはなぜか?
今でもわかりません。

リングの上でも、リングを降りてるときも、実直な信念を貫かれた三沢さんです。

  

  

三沢さんがいなくなってしまいました。
団体NOAHだけでなく、プロレス界全体の大きな痛手です。
まだ、46歳。
プロレス界のことのみ挙げるとすれば、一番難しい問題、次世代のレスラーの底上げが未完で終わったことが、本人も悔やまれてならないことかと。

  

三沢さん、

素晴らしい試合で勇気づけていただき、

ありがとうございました。

  

|

« 「ダイハツ・ムーヴを語る」の巻 | トップページ | 「がんばれ!斉藤彰俊!団体ノア!!」の巻 »

プロレス」カテゴリの記事

動画ネタ」カテゴリの記事

コメント

朝 詳細が分かりました・・・
物凄く残念なりません!!

本当に・・・
では・・・

投稿: 銀犀 | 2009/06/14 21:52

詳細を知るな、というお告げか朝見ていたテレビでは
1番組冒頭ほんのちょっとだけ、しか見ませんでした。
これだけの器の人っているんでしょうか・・・

投稿: かなりんパパ | 2009/06/14 23:29

銀犀様。
私も朝のTVで、ようやく現実を受け止めざるえない、
そんな心境になりました。
本当に残念です。

かなりんパパ様。
三沢さんは、器大きかったですよね。
体調悪くても、休むに休めない・・人気商売の「せつなさ」も含んだ事故が残念でなりません。

投稿: よっちゃん | 2009/06/15 17:51

プロレス好きのよっちゃんさんがショックを受けてるかな〜って思ってたよ。。。
三沢さん残念だけど、ファンはずっと忘れないからね!

投稿: あんじー | 2009/06/18 17:57

あんじー様。
私も忘れません。
忘れられません。
試合を通して、
「明日から、もうちょっとだけ頑張ってみようかな」
なんて、よく思いました。

ちょっとだけ、もう少し、頑張ってみようかな

と今考えてました。

投稿: よっちゃん | 2009/06/18 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ダイハツ・ムーヴを語る」の巻 | トップページ | 「がんばれ!斉藤彰俊!団体ノア!!」の巻 »