« 「NHK SONGSに財津さん出演、見逃すな!」の巻 | トップページ | 「財津和夫 ふたりが眺めた窓のむこう 感想」の巻 »

2009/10/29

「財津さんNHK・SONGS一回目感想」の巻

10月28日放送のNHK・SONGS。

主演!されたのは

財津和夫 さん

今回は新作での、

ASKAさん

との共作にスポットを当てられた構成でした。

近年、自身のアルバムにおいては、ますますストイックなまでの創り込みをされるASKAさん。
そのASKAさんに、シンプルな曲の依頼する財津さんとの、やりとり。
そして、レコーディングにもASKAさんが立会い。

録音ブースの中で、考え込むASKAさん。

レコーディング風景では、かなり緊張感が漂っていましたが、見てるコチラも妙に緊張してしまいました。

ASKAさんの、あの一瞬(実際は30分以上考え込んでいたらしい)の心境やいかに。

ASKAテイストを、どこまで出したらいいのか?

という葛藤もあったことかと。

財津さんいわくは、

ASKA節の注入

できた曲は、「愛していたい」

まだ、一回しか聴いておりませんが、実に多彩にメロディーが散りばめられています。
90年以降の財津さんでは聴かれなかった(あったかもしれませんが、私の今の記憶に残っていない(^-^;)、転調(サビのひとつ?)を利かせたメロディーの幅を持った一曲。
楽曲は、財津さんの狙う通り、シンプルですが、聴きながら、口ずさんでみるものの、キーの高い、結構、難易度の高い曲です。

私の予想ではバラードだったのですが(^-^;。

さすがは、ASKAさん。

素晴らしい仕事でした。

先人、先輩に対する敬意を忘れないASKAさん。
自分に対する遠慮という枠を外してあげて、限られた時間で、いかに高い次元で融合するか?が、財津さんのテーマだったような気もします。

スタジオでの、2人のパフォーマンスも最高でした。
  

その後は、「サボテンの花」「青春の影」

もう、安心の2曲で(^-^;。

  

私は、まだ新作未開封なのですが、

平原綾香さん と、

懐かしかった、プリンセス・プリンセス

富田京子さん

の歌詞あの歌詞を財津さんは、どう造りこんだのか?
あえて、女性の言葉を借りた財津さん。
これだけの曲数を持っていれば、言葉に詰まるのは当然のこと。

新作の一番の聴き所は、歌詞が織りなす新しい世界!

  

  

 

さ~て、

来週のSONGSは小田和正さんがゲストで登場。
財津さんと小田さんとは、付き合いも長く、気さくな間柄のようですが、その中でも、音楽に対する互いの緊張感は必ず見られそうで、そこが見所かと。

楽しみに待ちます。

  
                   
ンガッ!ウム!(BYサザエさん)

  

  

  

 

 

   

[財津和夫] ブログ村キーワード

|

« 「NHK SONGSに財津さん出演、見逃すな!」の巻 | トップページ | 「財津和夫 ふたりが眺めた窓のむこう 感想」の巻 »

CHAGE&ASKA 中島みゆき」カテゴリの記事

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~(^O^)/
またまたご無沙汰しておりました。
なんとか元気にやってます。書き込みありがとねっ♪

財津さん、私も見逃しませんでしたよ!!
最近物忘れがひどく、気がつけば見逃した~!Σ(゚д゚;)
ってことになりかねないので、朝から呪文のように
「NHK・11時」と繰り返していました。

すっかり落ち着いた感のあった財津さんも、今回は
チャレンジ!しましたね~☆なんだか嬉しいな♪
いろんな方の楽曲がどんなふうに財津さん色に染められ
完成したのか・・・とても興味深いです。

ASKA節の入った「愛していたい」もステキ♪
それでも、あくまでシンプルに、同世代に耳馴染みのある
安心感ある曲調にこだわっていましたね~。
私はもっとそういう枠からはじけ出た財津さんをもう1度見て
みたい気がするんだけど・・・よっちゃんさんの感想は?
次回は小田さんとの曲作り。楽しみですね~(o^-^o)

新しいアルバムを早く聞いてみたくなりました!
よっちゃんさんの感想もまた詳細にレポートして下さいネ。
それでは・・・インフルエンザに気をつけて、良い季節を
楽しくお過ごし下さ~い(^O^)/

投稿: スイトピー♪ | 2009/10/29 10:13

スイトピー♪様、お元気そうで安心しました~。
私は昨日、ついウッカリ?晩酌、寝てしまったのですが、10時50分に目が覚めるという、ウルトラCの夜でした。

新作は正直、まだ開封していないのですが、私も思うところは、スイトピー♪様と一緒で、もっと、言葉が悪い(^-^;。
今回の新作については、90年代以降、財津さんの弱点だった詞界に、変化が現れるのは、大歓迎です。
おそらく、「run」製作時の苦労の反動でシンプルという言葉が出たのかなと想像しておりますが。
楽しんで作った!そんな雰囲気もTVから窺えましたが。はたして?
枠は、80年代以降、ハマリまくってますよね~。
オーソドックスすぎて、今の10代の子には、訴えるものは足りない気もします。財津さんはロッカーでもありませんし。

今晩からジックリ聴きますので(^-^;。
もうしばらく、お時間ください。ませませ。
  
来週は小田さん登場です。
正直、財津さんに物言いできる人も、そうそういない中で、財津さんを「おまえ」と呼べる小田さん。ズケズケした話なんでしょうかね~。そういう部分で期待して見たいです。

スイトピー♪様、心遣いありがとうございます。

来年は、また、コンサートで盛り上がれそうです。

スイトピー♪様、御一緒に

「財津さん!バンザーイ!」
 


投稿: よっちゃん | 2009/10/29 23:02

あれ?小田氏が出た放送終わっちゃいました???
観ようと思っていたんですけど...
いつの番組だったか、小田氏はえらい横柄な口調で
財津氏をおまえ呼ばわりしていたのを聞いて、いくら
なんでも...って思いました。
同世代のライバル(断トツチューリップですが)、それだけ深い絆があるからこそなんでしょうね~

投稿: かなりんパパ | 2009/10/31 23:48

かなりんパパ様、放送はまだですよ~。
「おまえ」って言ってましたよね!
先の売れたのは財津さんなんですが、トータルでは圧倒的に小田さん。
ここが強気になる理由かと。
もっとも、財津さんが一歩引くから成り立つ関係にも思えますが(^-^;。

投稿: よっちゃん | 2009/11/01 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「NHK SONGSに財津さん出演、見逃すな!」の巻 | トップページ | 「財津和夫 ふたりが眺めた窓のむこう 感想」の巻 »