« 「JC(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 »

2009/12/05

「ふじの井 大吟醸の感想」の巻

先日、TVで放送されていたのですが、

新潟県はアルコール消費量全国1位

そして、日本酒の消費量も全国1位!

だそうです。

私は、アルコール消費量は、首都圏のほうが多いのでは?と思っていたので、ちょっと意外でした。
日本酒も、確かに地元酒造は多く見かけます。
私の初めてのバイト先が酒造会社でしたので、余計、珍しくは感じなかったのかもしれません。

度々、記事を取り上げようと思いたったのは、よそ様の、お酒の感想ブログを眺めていると、実に面白い。
飲んでみたいと思わせられる記事が、たくさんありまして。

私もそうなんですが、一番最初に大衆酒を飲んで、「これが日本酒」というイメージをつくってしまうのは、実にもったいない話。

そこで真似して、おいしい、

私の場合、下戸でも楽しめるお酒を紹介できたらな・・

いやいや、ただの感想です。

  

今回は、知人から頂き、

味わいました!

Fujinoi_2   

  

  

  

  

  

  

  

  

ふじの井酒造 大吟醸 

  

香りは実に華やかで、大吟醸のソレです。

お米から、どうして、この華やかな香りがするのか?
実に不思議。

のみ口は、実に優しい。

お値段の安いパック酒や、カップ酒を口にした際、感じる、

あの独特の、ツンとくるスッパ味(曖昧な表現)はありません。

そして、余計な甘さもなく、飲み飽きしない、まさしく、

精米歩合40%の研ぎ澄まされた一品。

画像は、180ML入りの瓶。
まだ飲めるかなというところで終わるという意味でも、私には丁度いい量でした。
気になって、お値段を調べたのですが、ちょっと今の私には敷居の高い額で、前途の飲み飽きするほど、飲めるお酒でもなく、何も考えず飲んだことを少し後悔したりして。
もっと大事に、何かの記念に飲むべきだったな~と。

あと、よくありがちな事なのですが、中身が素晴らしければ、その外観は、そんなに洒落なくてもいいのではないか?
プレミアムな雰囲気が、かえって、逆効果になるときも(^-^;。

などと、諸々考え事をしているうちに、酔いも醒めてくるのですが、この酔い醒めも、実に爽やかだったりするので、

本当に、いい酒、

値段の高い酒は違いますね~。

  

多種多様のアルコール飲料が楽しめる日本人に生まれて感謝です。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

 

TREview音楽のときと同様、語り口は、全然甘いですが励みにしております。

  

[日本酒] ブログ村キーワード

|

« 「JC(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「JC(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘09」の巻 »