« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の8件の記事

2010/01/28

「ディズニー・シー 散策記」の巻

Dhoteru

 

前日はディズニーランドを満喫。
泊まったホテルから見た、早朝の景色。

日本海側に住む私が見るに、太平洋側の海は温かそうに見えます。
と、入ったわけでもありませんが。

ホテル内で1番驚いたこと。
ホテル内にあったローソン・コンビニに

Funaguti

新潟の酒、ふなぐちが置いてありました。

  

今回の本題。

ディズニー2日目は、

7年ぶりの、2回目の ディズニー・シー

(スィーと表記したほうがカッコ良くないか?)

前回来た時は、超混雑で、子供が小さかったこともあり、ひたすら歩いた記憶しかなく。

今回は、真っ先に、1番目立つアトラクション。
  

センター・オブ・ジ・アース

のファストパス取りに。
それを取った後に、入り口まで戻って、記念写真

Dseagenkan_2   

なぜ、私ひとりが、過密スケジュール??

思い返すと、私の一日は、

この最初の激走!

終わっていたのかも(^-^;。

  

Dyama   

この人工造形物の素晴らしい見晴らし。
本当に、たいしたものです。

この前日、ディズニー・シーでは、

ダッフィーなる、ぬいぐるみ達の発売日ということで、そのショップのまわりは、かなりの行列だったらしい。
その行列は、翌日の、この日も見られました。
ファンの思いは、本当に熱いものがあります。

  

  

このアトラクション待ちも40分近く。
さすがに、2日目だと疲れもあって、ただ、ダラ~ッと待つだけになりがちなのですが、絶叫コースターを間近に見て、固まる子供達。
私も、この手のものは苦手なのですが、近年、楽しめるものは楽しんでおきたい、たった一度の人生だからと、あえて積極的に(^-^;。
そして子供達は道連れに!(^-^;(^-^;(^-^;。

  

我が家のメイン、

センター・オブ・ジ・アース

も無事通過。
画像、動画ありませんが、あんなに速い登りで進むコースターは初めてでした。

  

展開は早く、夕方、帰路に着く我々を最後に楽しませてくれたのは、ブラスバンドの演奏。

  

タカタカッターン。
小気味良いリズム隊の音が耳に残ります。

  

  

最後の最後、プロレスラーにも会えました。

  

  

Ddori   

私の、勝ってな思い込みの師匠のひとり。

ザ・ファンクスの兄貴

ドリー・ファンク・ジュニア

  

  

そして、

  

  

  

Dburodhy   

 

ブルーザー・ブロディー!

  

ユーモアを、からだの動きで表現する彼らは、本当のエンターティナーです。

  

  

  

Hi3e00120001

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

さよならに涙ぐむ子供達。

また、来ようね!

特大万馬券当たったら。


それには、まず、馬券を買わねば。

ギブ・ミー・マネ~

  

Kick2   

  

TREview
  ↑帰りに、菊池桃子の「もう逢えないかもしれない」を口ずさみ、怒られながらも励みにしております。

  

  

  

今22万人が愛読中の大人気メルマガの最新情報はこちら!

| | コメント (4)

2010/01/25

「ディズニー・ランド散策記」の巻

1月22日・23日。

7年ぶりに、6回目の

ディズニー・ランド へ遊びに行きました。

 

Dyuki  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝、4時に起床。

新潟を出るときは雪が降っておりました。
  

Dsinkansen   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新幹線で、トンネルをぬけると、もう雪は無く。

それだけでも、私にはパラダイスに思えます。

 

Djyusu   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に舞浜駅へ。
駅を降りたとたん、自販機の飲料品が割り増しになるのは変わらずで。

この割り増し分が、舞浜全体の維持費に使われていると思えば納得か。
実際、ディズニーランド内外、吸殻は当然、ゴミひとつ見かけません。
本当にキレイです。

 

Dgenkan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dgenkan2   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日目は、ディズニーランドへ。
平日にきたのに、予想以上の賑わいに思えましたが、ピーク時は、この何倍なんだろうかと。

一日目にして、最大の失敗を最初から。

Dmonster  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンスターズ・インクのアトラクションに2時間近く並んでしまったこと。

さすがにディズニー。
遊び方、周り方もコツがあるようで、初めて行かれる方は、やはり事前に研究されていったほうが、絶対いいように思われます。

アトラクションも並んだ際、↑こういう前フリがあると、なかなか楽しいものですが。  

 

モンスターズ以降、ファストパスは必需品で。
でも、そのチケットを先廻りして 取りに行かなければならない。
それは、家族で誰がするのか?
  

う~む・・・
  
 
  

マンダム・・・(意味なしの言葉)

 

 

 

旅の恥は、かき捨て。
とは、よく聞きますが、自ら率先し恥をかきにいく父親だったりして。

 

 

この日は、なんといっても、

スペースマウンテン

ビッグサンダーマウンテン

と昔からのウリの乗り物を2回ずつ乗れたのは、やっぱり平日の特権かと。

 

ディズニーランド、行く度思うのが、アトラクション、ショー見物、買い物と、いずれも時間が足りません。

素晴らしいショーです。
人に感動を与える職業。
でも、人の知らないところでの努力。
そして、人に知られることが、あまりない裏方さんたちの協力。
素晴らしいショーです。 

夜7時閉園は、さすがに、早すぎたな~と少し残念にも。
入場数から、しょうがないのもわかりましたが。

締めに行ったアトラクション。

イッツア・スモールワールド。
この音楽は、耳に残りますね~。
 

翌日の、ディズニー・シー散策記も後日に。

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

TREviewはしゃぎすぎて、風邪をひきましたが、励みにしております(^-^;。

 

 

| | コメント (0)

2010/01/16

「菊水ふなぐち飲み較べ 熟成ふなぐち」の巻

今回取り上げたのは、前回のお酒、

ふなぐち菊水1番しぼり

の、兄貴的な存在の

熟成ふなぐち菊水1番しぼり

 

Funaguti2    

  

  

 

  

  

  

  

  

  

アルコール度数は、同じく19度と高め
冷、もしくは、オン・ザ・ロックで飲むお酒。

後で、確実にまわります!

自分の許容範囲を超えないよう注意は必要かと。
武勇伝をつくるには、もってこいともいえますが(^-^;。
  

菊水のHPでは、金色缶のふなぐちを、熟成させて、よりおいしくさせたという紹介で、味は確かに、ふなぐちの延長上の味わい。
口に含んだときの香りが、少し、強調されてます。

私は、よりウマイと思うのですが、その強調された味が、かえって苦手と言われる方もいます。

  
金色のふなぐちが、

本醸造生原酒

となっておりますが、コチラは、

吟醸生原酒

 
となっており、味は好みの別れるところですが、格は1つ上。

  
お値段は、スーパー等で、1缶310円を切り、300円ちょっとで買えたら、お買い得といえそうです。

 

その濃厚な中身から、飲んでるときは、さほど感じなかったのですが、飲み終えた後、口の中に広がる、フルーティーな後味は、なかなか楽しい。
吟醸と名乗るだけのことはあるなと。
満足度は、かなり高いお酒です。

  

おおっと、私は菊水とは、なんのつながりもなく・・・
ただ、ただ・・・1ケースでも、送られてこないかな~と(^-^;。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

  

TREviewまだまだ、語り口が足りませんが、励みにしております。

  

 

[日本酒] ブログ村キーワード

| | コメント (4)

2010/01/11

「アン・ルイス/REBIRTH これを聴け!50」の巻

An 年末の音楽番組で、過去のヒット曲を振り返る番組があり、インパクトを、あらためて残してくれたのは彼女。

アン・ルイス

けっこう、個性的なヴォーカルだったんだなと再確認した後は、ムショウに聴きたくなって、借りてきたアルバムが

REBIRTH SELFCOVER BEST

なるもの。

リバースといえば、リバースのブレーンバスタ~ ・・・・ひとり言
  
このアルバム、発売は‘05年。
内容は、往年のヒット曲の新録盤。

アレンジは変われど、彼女のヴォーカルは変わらず。

思い出すのは、彼女の名セリフ

「日本語で歌う以上は

  ジャンルは関係ない

         全てが歌謡曲!」

この言葉の出るキッカケはわかりませんが、当時、ニューミュージック、ロック、ポップス、アイドル全盛の歌謡曲と色分けがされていた、80年代の言葉。

アン・ルイスが歌う以上は、アン・ルイスである!が言葉の真意かと。

 

実際、この新録盤を聴くと、今も変わらずの本当に個性のあるヴォーカル。

 

名曲満載ですが、オオッ!と目を引いたのは、名曲のひとつでもある

ラ・セゾン のクレジット

作詞が三浦百恵さん

で有名ですが、今なら同等に驚いてよさそうな、

作曲が沢田研二さん。

通称ジュリー
TVでは、アイドルに近いシンガーな活躍をされておりましたが、陰でもしっかりした仕事をされていたんだなと。

ちなみに、私のジュリーの1番は、

ス・ト・リ・ッ・パー

だったりしますが、これも、作詞作曲はジュリー。
TVの華やかさも凄かったのですが、レコードでの音つくりにも、結構こだわりがある方。

 

話戻って、もう少しアルバムの紹介。

バラードはシンプルに、ロックは、よりロックなアレンジに。
シンセ音の後退で、よりヴォーカルが際立つ仕上がり。

あっというまに、一枚聴き終わるのは、かつて耳にしたキャッチーなメロディーが満載だからでしょう。
中でも、私には冒頭の2曲、

リンダ 作詞作曲が竹内まりあ アンのミドルネーム

グッド・マイ・ラブ 作詞・なかにし礼 作曲平尾雅章

が、眉唾の出来に聴こえてきます。
何度でも聴きたい。

1番、大好きな

WOMAN  作詞・石川あやこ 作曲・中村英也

が、本当に短く感じるのが残念にも思えます。

他、アルバム中盤から並ぶ、

六本木心中、ああ無情 

を含む、一気に畳みかけてくる展開も素晴らしく。

  

そんな彼女は、まだ53歳。
違う分野も含めて、ますます活躍されることでしょう。

  

 

砂も 地球のカケラ なんだと

いつか あなたは 言ってたね

     BY WOMAN

 

スケールの大きな歌詞だ~!。

  

 

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

地球人も、宇宙のカケラ・・・・
ん?スケール大きすぎか~(^-^;

  

TREview励みにしております。

  

  

  

| | コメント (4)

2010/01/10

「初めてのケーキつくり」の巻

今回は、初めてのケーキつくりをレポート。

  Oni2

  

(オニ)嫁の誕生日。
いつも、安いケーキで申し訳ないと思いつつ、小学校で料理クラブに入っている子供達に、ケーキをつくってもらい、

もっと安くあがらないか?が狙い・・・(^-^;。

  

ケーキの出来上がりを左右するのは、ホイップクリームの出来しだい。

「学校では、5分でできたのに、全然泡立たない!」

な~んて、ことない!

学校では、泡立て機を使ったらしい。
そんな便利なものは、我が家には無いので、早々に私の出番。

Hoippu 実際やってみると、全く泡立たず。
ネットで検索すると、少々のレモン汁、お酢を垂らすと、固まってくるいらしい。

そこで、大事な大事な大事な、チューハイ用のレモン汁を数滴。

とりあえず、納得のホイップができるまで、実に1時間(^-^;。
私のケーキつくりはここで終焉。

ホイップクリームは、ホワイトクリームが2、
刻んだチョコを溶かして混ぜたチョコクリームが1、
ココアがなくミロを代用したミロクリームが1の割合で3種類を用意。

まだまだ、バリエーションを増やせそう。

  

Furutu スポンジとスポンジの間に挟むフルーツは、みかんと、缶入りのパイナップル、白桃を準備。
限りなく甘くなりそうなケーキに、フルーツはどうしても挟みたいところ。

  

Chokobiscket ケーキの上に乗せるトッピングは、チョコビスケットを刻んだものを用意。
サクサク感の演出になるか?と。
これも、まだまだ、バリエーション増やせそう。

Cake1 自家製ケーキとうたう以上、スポンジも焼きたいところ。
しか~し、思いとは裏腹に、スーパーで98円で売られていたチョコ味のスポンジを使用したりして(^-^;。

1段目のスポンジに、ミロクリームを乗せて、その上にフルーツを。
更に、その上に、チョコクリームを乗せて、2段目を重ねる。

  

Cake2 2段目を重ねて、1番上はホワイトクリーム。
フルーツの残りと、チョコビスケットをふりかけ。
しか~し、今回のホイップクリームが、少し柔らかめだったため、安定感に乏しい。

間に、フレークも挟むべきだったか?と反省も。

  

Cake3 完成。

見た目も、予想以上の出来栄え。

ちなみに今回の費用。

チョコ、チョコクッキー、砂糖、レモン汁、ミロは、家にあったものを使用。

ホイップクリームの元2箱、98円×2

スポンジ2段 98円

頂きモノの、みかん 0円

パイナップル、白桃の缶 98円×2

子供の手 0円

私のホイップ作業代 3万5千円

実にリーズなぶるなお値段。

  

 

さ~て、来週のサザエさんは 肝心の味は・・・・

甘すぎた! ンガッ!ウム!

  

(オニ)嫁に、ほめられて、ニコニコする子供達。

ま~、良かったのかな~。

  

  

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview狙いがバレバレで私には全く誉め言葉が無い中、励みにしております。

  

  

大人の男はワイルドでセクシー、しかもエレガントだ。 【土屋鞄製造所】

| | コメント (4)

2010/01/06

「天龍源一郎のノスタルジア」の巻

私が天龍さんを好きな理由は、

Tikoku2_2   

  

30代の頃のフックラしていた財津さんに似ているからでなく。
んっ?似てないか~??(^-^;。

天龍源一郎。

今年の2月2日で60歳になります。
かつて、様々な名勝負を魅せてくれました。

  

  

出身団体は、御代ジャイアント馬場さん創立の全日本プロレス。
そこでのライバル達との熱き戦い、

ジャンボ鶴田、

スタン・ハンセン、

ブルーザー・ブロディー

との死闘が、後々、全日離脱後も、彼の誇り、揺るぎない自信となっていたのは当然のこと。
それは、特にWARとして、新日に殴り込みをかけた際、より深いものに。

その天龍が、自分の遺伝子を引き継いでくれたレスラー達のいる団体、ノアに参戦。
そこで、ノアは演出を考えてきました。

 

天龍のノスタルジアの否定。

このときの、天龍の表情が、私には切なく見えて、忘れられないシーンです。

  

  

  

見られない場合、コチラ

   

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

後に、森嶋が、もう一皮むけて、GHCのチャンピオンになりましたが、登るキッカケのひとつの試合だったのではなかろうかと。

そして、この演出は、天龍に対する意思表示。

自分達は、天龍さんの残した遺伝子だけで、ここまできたわけじゃない!

逆に

天龍さんに、火を着けてやろうじゃないか!

という心意気も感じるわけで。

  

当の天龍の気持ちは・・・やっぱり複雑だったことでしょう。

  

  

  


TREview

↑励みにしております。

  
  

昨年末、12月30日。

スティーブ・ウィリアムス さん

声帯全摘出までされて、癌と戦われていたのですが、亡くなられました。

御冥福をお祈りします。

  

[プロレス黄金時代] ブログ村キーワード

| | コメント (6)

2010/01/02

「ふなぐち菊水1番しぼり 感想」の巻

今回記事にするのは、新潟県内、お酒の置いてあるコンビニでは必ず見かける、名前が広く知られたお酒。

菊水酒造(HPはコチラ)の

「ふなぐち菊水1番しぼり」 

アルミ缶入りというのがミソ!(ビン詰めもあります)

Funaguti   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

本醸造生原酒。

味は、甘口。

そして口に含んだ際、感じる濃厚さは圧巻。

ちょっと、日本酒の枠を超えているような気もする、超個性。

よく冷やして、もしくはロックで頂くとウマイというお酒。
 

けっこうポピュラーのため、巷でも、いろいろな話をききます。

味が上記のとうりのため、飲み飽きしやすいとか、

口を空けずにそのまま保存。
2~3年では足りないが、10年モノは、極上のウマさとか。

  

アルコール度が19%と高めです。
酔いがまわるのが私には早い早い(^-^;。

そして、その度数の高さから、ヨソ様の武勇伝にも拍車がかかるようです(^-^;。

私は、ふなぐちを飲むときは、これ1本で。
2本目を飲みきる自信は全くありません。

お手軽価格で手に入ります。
200ml缶で、
コンビニで270円台。
スーパーで260円台。
なら、お得な値段といえるのではないでしょうか。

ウマイ1本ではありますが、これ1本で、「日本酒」に対する概念は持たれないほうがよろしいかと。

日本酒というより、アルコール(酒)を飲んだ満足感が高い、そんな気分に私はなります。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview語り口はまだまだながら、励みにしております。    

[日本酒] ブログ村キーワード

 
 

| | コメント (2)

2010/01/01

「財津さんのお年玉」の巻

先月、ひとあし先に頂いた、財津さんのお年玉

もう少し詳しく説明すると、

レンタルショップのTUTAYAで、財津さんのCDを買われた方のみ、

ビクターエンタテイメント(CDの発売元)

への応募葉書が付いていたみたいで、見事B賞に当選。

B1   

  

  

  

  

  

  

 

500円のミュージックギフトカード。

嬉しい!

  
 

けれども、表面が財津さんの新作ジャケット。

使いずら~い。

  

  

そうだ!オークションに高額で出そう!

                    ・・・・・××××

  

  

 

  

[財津和夫] ブログ村キーワード

今22万人が愛読中の大人気メルマガの最新情報はこちら!

  

  

| | コメント (2)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »