« 「天龍源一郎のノスタルジア」の巻 | トップページ | 「アン・ルイス/REBIRTH これを聴け!50」の巻 »

2010/01/10

「初めてのケーキつくり」の巻

今回は、初めてのケーキつくりをレポート。

  Oni2

  

(オニ)嫁の誕生日。
いつも、安いケーキで申し訳ないと思いつつ、小学校で料理クラブに入っている子供達に、ケーキをつくってもらい、

もっと安くあがらないか?が狙い・・・(^-^;。

  

ケーキの出来上がりを左右するのは、ホイップクリームの出来しだい。

「学校では、5分でできたのに、全然泡立たない!」

な~んて、ことない!

学校では、泡立て機を使ったらしい。
そんな便利なものは、我が家には無いので、早々に私の出番。

Hoippu 実際やってみると、全く泡立たず。
ネットで検索すると、少々のレモン汁、お酢を垂らすと、固まってくるいらしい。

そこで、大事な大事な大事な、チューハイ用のレモン汁を数滴。

とりあえず、納得のホイップができるまで、実に1時間(^-^;。
私のケーキつくりはここで終焉。

ホイップクリームは、ホワイトクリームが2、
刻んだチョコを溶かして混ぜたチョコクリームが1、
ココアがなくミロを代用したミロクリームが1の割合で3種類を用意。

まだまだ、バリエーションを増やせそう。

  

Furutu スポンジとスポンジの間に挟むフルーツは、みかんと、缶入りのパイナップル、白桃を準備。
限りなく甘くなりそうなケーキに、フルーツはどうしても挟みたいところ。

  

Chokobiscket ケーキの上に乗せるトッピングは、チョコビスケットを刻んだものを用意。
サクサク感の演出になるか?と。
これも、まだまだ、バリエーション増やせそう。

Cake1 自家製ケーキとうたう以上、スポンジも焼きたいところ。
しか~し、思いとは裏腹に、スーパーで98円で売られていたチョコ味のスポンジを使用したりして(^-^;。

1段目のスポンジに、ミロクリームを乗せて、その上にフルーツを。
更に、その上に、チョコクリームを乗せて、2段目を重ねる。

  

Cake2 2段目を重ねて、1番上はホワイトクリーム。
フルーツの残りと、チョコビスケットをふりかけ。
しか~し、今回のホイップクリームが、少し柔らかめだったため、安定感に乏しい。

間に、フレークも挟むべきだったか?と反省も。

  

Cake3 完成。

見た目も、予想以上の出来栄え。

ちなみに今回の費用。

チョコ、チョコクッキー、砂糖、レモン汁、ミロは、家にあったものを使用。

ホイップクリームの元2箱、98円×2

スポンジ2段 98円

頂きモノの、みかん 0円

パイナップル、白桃の缶 98円×2

子供の手 0円

私のホイップ作業代 3万5千円

実にリーズなぶるなお値段。

  

 

さ~て、来週のサザエさんは 肝心の味は・・・・

甘すぎた! ンガッ!ウム!

  

(オニ)嫁に、ほめられて、ニコニコする子供達。

ま~、良かったのかな~。

  

  

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview狙いがバレバレで私には全く誉め言葉が無い中、励みにしております。

  

  

大人の男はワイルドでセクシー、しかもエレガントだ。 【土屋鞄製造所】

|

« 「天龍源一郎のノスタルジア」の巻 | トップページ | 「アン・ルイス/REBIRTH これを聴け!50」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ゆっぴです。凄いですね、ケーキ作りなんて奥様が羨ましいです
(^.^)b

投稿: ゆっぴ | 2010/01/10 17:35

ゆっぴ様はじめまして。
いえいえ、私には、言葉ありませんでしたので(爆)。
ま~、ぬるくも、熱くもない仲・・・と言えるかと(笑)

投稿: よっちゃん | 2010/01/10 22:30

おはよう御座います。
愛知県豊田市から銀犀です。
お子さんにに作ってもらったケーキは
奥さんにとって美味しくて
忘れられないプレゼントになった事でしょう。
(影の功労者も褒められましたか?)

ホイップクリーム用泡立て器ですが

泡立てる金具さえあれば
電動ドリルでいけますよね。

銀犀家はそうでした。
では・・・

投稿: 銀犀 | 2010/01/19 07:32

銀犀様。
電動ドリル、確かに泡立ち良さそうですね~。
電動歯ブラシ・・・さすがに、小さすぎるでしょうかね~(^-^;。
ちなみに、いずれも、持っていませんが(笑)。

投稿: よっちゃん | 2010/01/20 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「天龍源一郎のノスタルジア」の巻 | トップページ | 「アン・ルイス/REBIRTH これを聴け!50」の巻 »