« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の6件の記事

2010/02/24

「ダイワハウス CMに思う」の巻

巷で、数多くあるCMの中で1番のお気に入りは、

役所こうじ さんが大活躍する、

ダイワハウスのCM.

Daiwa1

  

Daiwa2

  

「ダイワハウチュ」

から、まさかのこの展開。

今後も、目が離せません(^-^;。

  

ここまでのCMは、コチラで見れます。

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。  

| | コメント (6)

2010/02/21

「フェブラリーステークス(G1)この馬券に泣く!‘10」の巻

Keiba31

日曜日メインは、東京ダートコース1600Mで施行される、

フェブラリーステークス(G1)。

ダート戦は、高齢馬も活躍。
中央と地方では、砂の差があるのか、地方の実績は中央ではあてにならず、予想ファクターが絞り切れないのが正直なところ。

今回は、芝路線から強力な先行馬が参戦。
ローレルゲレイロ、まさかの出馬リーチザクラウンと先頭争いは必死と思われるだけに、前々に付けた馬達での決着と予想。

このコース、スタート地点が芝
ここで前を行きたいが、行き脚の付かない芝馬は脱落。
そして、このコースで実績の少ないダート馬も、かなりの減点。

データ1点で少しカット。

12番人気以降カット→2・7

◎4エスポワールシチー

1番人気単勝2倍以下。まずオッズからは鉄板軸。
昨年4着時とは安定感が別次元。

○6サクセスブロッケン

現最強馬4がいる以上、2連覇は厳しそうで、馬券的妙味で飛ばすのなら、コチラのほうかと。
馬とは別のところの意味も含めて、本命にはできない対抗評価。

●14リーチザクラウン

私が武豊ファン。
だからもありますが、調教は絶好調らしい。(毎度のことで(^-^;)
前に行くしかない競馬で、前残りに期待。
ローレルゲレイロに先にいかせて、もし折り合えれば前残りはあるんじゃなかろうかと。
逆にローレルが控えても、距離適正からも、ローレルは馬券対象外で。

△1・3・8・11・12

を全て組み合わせて買うわけでなく、高配当狙いの組み合わせで。

本日は所用のため、新潟競馬場で買う予定。

今年一発目のG1。
当たらないかな~。

[競馬] ブログ村キーワード

 

追記PM11時50分

上記朝1での予想とは、全然違い、

◎4から4歳馬、◎からダート馬、
◎から上記2点のミックス馬券の購入を検討。

パドック見は全然わからないものの、モニターで前走時との比較を見た際、
○6気配が前走時と変わらず、太い分だけ評価下げ?
●14も前走時と変わらず、有馬2けた着順だっただけに評価下げ?

1番、前走時より良さそうだったのは3.
◎4も変わりなし。

Feburari

結果4→3→6

ダート馬同士の決着。

馬単押さえ馬券がかかり、かろうじて勝つ。
今年、初勝利。

も、購入1300円
馬単が1190円。ん?!赤字やん!
しかも、ハナからカットの5を4と間違って購入の失態付き。

御一緒に、

  「んがっ!」

 

レースは4エスポワールの横綱レース。
前々に付けて、直線に入るとアッサリ先頭へ。
他馬をよせつけず。
騎手、馬とも決して絶好調とはいえなかった分が6と3の差だったようにも。

14リーチは中段で折り合ったというよりは、結果から、スピードの乗れないダートには向いていなかったといえるのでは?
まず、芝のマイル戦が先だったのではないか?
武騎手が、ここまで手こずる馬も稀でなかろうか。
今後も、この馬に乗り続けてほしい気も。
馬券を買う、買わないは別で(^-^;。

 

続く、京都12R、東京12Rは、当然のように落とす!

今年も、暗雲がモクモクと私の頭上に。

 

<

| | コメント (0)

2010/02/20

「財津和夫さん、誕生日おめでとうございます!」の巻

Concert

春風と一緒に、財津さんが新潟にやってきます。

2月19日に、財津さんは62歳になられました。

職業柄もあるでしょうか、

やっぱり若くて、カッコイイです。

 

自分が、その歳になったとき、ここまで若々しくいられるか?
若々しくいたい!

コンサート楽しみにお待ちしております。

 

[財津和夫] ブログ村キーワード

| | コメント (2)

2010/02/15

「トムとジェリー に思う」の巻

まずは、傑作をひとつ。

  

流れるようなスリリングな展開に、オチはなんとなく想像できるものの、それは、どうでもよくて。
素晴らしい!。

  

Tomjerry

私が子供のときは、

小(弱い物)が、大(強い者)をやっつける!というパターンにワクワクしたもので、特にトムの叫び

「A~、WOW~!」

が聴けると、今でも笑ってしまうのですが、

現在、小学生のうちの子の感想といえば、

「トムがやられすぎて、ジェリーが可愛くない」

らしい。

こう思える時点で、自分が小学生の頃より、子供達のほうが、大人なのかなと。

(あくまでも、個人的感想)

  

映像と音とギャグを、見事に調和させた傑作も。

  

このアニメでアカデミー賞を受賞。
実に60年前の作品・・・・だそうです。

永遠に残るキャラクター。
まだまだ活躍してくれそうで凄いな~。

  

    

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしいすごい とても良い 良い  

TREview励みにしております。

| | コメント (6)

2010/02/03

「ASKAさんの素敵な詞PART12 憧れ」の巻

Yukidaruma

手乗り雪だるま。
手の上で、融けたくなさそうです。
こぼれ落ちたくなさそうです。

こちらの今は大雪です。
  
  
  

今回は、Youtubeで見つけた動画から、センスのある詞を。
未CD化ですね~、残念。

 

      「憧れ」

指先をこぼれても 誰のせいじゃない
   

寒い国から吹いた 風のいたずら
    
  

指先をこぼれても 誰のせいじゃない
  

胸が打つ音色なら 星が聴いてるよ
   

 

 

指先から、こぼれて、慌てて、拾おうとしても、間に合わず・・・・

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  
  
 

TREview寒い中(^-^;、励みにしておりました。

 

 

 

| | コメント (4)

2010/02/02

「今宵のひとこと 12」の巻

  「思い出の場所」

  

  

Run

  

雨、雪が降ってなくて、体調のいい日に、ウォーキングしています。
多くても週2回。
それでも、3年くらい続けているのは、ちょっと自慢(^-^;。

夜のウォーキングで、ときどき利用しているコースがあります。

  

そのコースには、簡易な休憩所があるんです。

そこで、去年の2月まで、高校生のカップルを見かけました。
3月から見かけなくなったので、卒業だったことかと。

私は、ときどきしか通らなかったのですが、それでも、よく見かけたということは、かなりの頻度で逢われてたのかなと想像できます。
さすがに、まともに直視できませんでした。

私なら、話すことは無くなりそう。

恋の素晴らしさが、そこにはありました。

  

Kyuukeijyo

彼らを見かけなくなって1年。

今の2人の関係は

当然、全くわかりません。

  
でも2人は

この場所に

思い出を

たくさん刻んだことを

覚えてますように。

  

  

TREview

| | コメント (4)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »