« 「ASKA 12  これを聴け!52」の巻 | トップページ | 「財津さんと、WE DREAM」の巻 »

2010/03/14

「財津和夫コンサート2010 感想」の巻

Z

行ってきました♪。

財津和夫コンサートツアー 2010

私の中で、今年最大のイベント。

財津さ~ん!

Gopen_2 ゴペンなさい!。

 
コンサートを楽しむために。

①当日の仕事を引きずった気持ちで、ギリギリの時間で会場に入ってはいけない。

②当日、指の古傷を痛めて、大きな手拍子ができんかった!なんて事があってはいけない。

③声を出しずらかった!なんて~ことも、年明けからの体調管理のマズさからきたもの。

以上、次回コンサートでは悔いの残らぬよう気をつけます。

Hi3e0019

今回の会場は、新潟県民会館

多くの著名人が、コチラで公演されてる、新潟の定番所。
その昔、レイ・チャールズも来たらしい。

前途のとうり、入場はギリギリの時間。
夕方6時前、開演前のロビーは、かなりの混雑。
でも、混雑が苦でなく、

うれしい!
  

女性で、品のある方、キレイな方は、みんな、

アジアン様、スイトピー様 に見えるから不思議です。
(私は、お二方の素顔は全くわかりません)

で~、そうでない方、それなりの方、 

男性も含めて、共通することは、

みんな、優しそうな人に見えてしまう。

チューリップのとき、ソロのときでも、毎回、思うことがひとつ。

今の世の中を支えているのは、

        みなさんではないのか?

  
ちなみに私は支えていただいてるほう(^-^;;。

帰りの車を出す際も、

実に気持ちのいい譲り合い。

まわりがそうなら、自分もそうしたいところ。
競馬場では、絶対ありえない光景。

さて、今回の財津さん。

おいしいところ がギュ~っと詰まったコンサート。
照明効果、セットも抜かりなく。

チューリップのときと、ソロのときとの1番の違いは、トークの長さ。
今回は、短め。
前回と比較して、短め。

それでも、若い頃の「映画のタイトル」にかけた失敗談は絶妙で、下ネタの「さじ加減」は実にらしいところ。
600を超える曲を持ち、歌詞も想像するに8割以上。
全てに実体験を反映できるわけでなく、そこは、財津さんのつくる物語、メッセージを、こちらが想像するのですが、↑の失敗談を笑って聞くものの、
「成功していたら、後々の財津さんの世界(別れの歌の世界)に影響あったのでは?」
とはいえ、そこはミュージシャン。
確実にモテてるわけで、こうして長くに渡って、浮いた話も無くやってきたのは、自己管理を徹底されてきた裏ずけがあるからで。
ひとつのトークから、後々を想像してしまう私。

一曲目から、ソロとしてのヒット曲のあの歌をバンド演奏でスタート。
当たり前のようで、意外に新しい試みだったりして。
さっそうと登場して、アコースティックギターの弾き語りを始めるのがソロでの定番だったのですが、今回は一発目からジャ~ン♪と。

今回のバックバンドは、声もちゃんと出てます!
やっぱり、チューリップの曲をやる際は、コーラスがかなり重要。
バックにクールファイブがいてもいいくらい。

ん?やっぱり、姫野さんだ~。



高音が出なくなった!なんてのは、財津さんのコンサートへ行ったことがない人の言葉。

伸びのある高音と、そこから粘って強調されるヴォーカルは健在。

「君の 地獄突き 指」 のヴォーカルの素晴らしさ。

れれ~、こんなに声出して歌いきってたっけ~?などと(^-^;。

コンサート、毎度のお楽しみは、今回、どんな曲を持ち出してくれるんだろうか??

過去には、

「君の季節」、
「遅れる  時計」、
「土砂降りの日」、
「悲しみに コンニチワー 挨拶を」

等、ファンにしかわからない曲、ファンなら好きなんだろうな、という曲を演ってくれてますが、

今回は、結構出してくれました。
中でも、シングルでありながら、売ることよりも、「らしさ」にこだわりを感じさせた

「たったひとりのオーディエンス」

「オーディエンス」、キレイな言葉を持ってきてたんだな~。
↑発表時、全く無かった感想。

中盤には、過去のアルバムのラストを飾った曲のメドレー。
アルバムでは、最初と最後に強力な曲を置いてきたチューリップと財津さん。
メドレーの曲と曲の間の時代は、長いキャリアの中で、時間差もあるのですが、「愛」を歌われてきました。
それも決して大きな言い方でなく、むしろ控えめなメッセージ。
発表時、イメージは壮大なれど、アルバムでは中途に思えて、後の芦ノ湖コンサート用の曲でしかなかったように思えてた、
  
「OUR SONG」

目の前の山に登りなさい。
登れば、そこには何かあるはず。

四苦八苦で、一瞬でも、今回のコンサートあきらめかけた思い。
ちょっと、目頭が熱くなった一瞬。
ゴチャゴチャ考えず、まだまだ登らなきゃいけない!と自分に戒め。

これからコンサート、行かれるかたへ。

今回は、あの歌の、大合唱 がありますよ~!

新潟では、かなり盛り上がりました。
財津さんの音頭も、余裕シャクシャクで。
実に楽しい!
何度でも参加したい!

「皆様の拍手が励みになります」
頭を下げる財津さんに、拍手は更に大きく、大きく、大きく響いてました。

今回のコンサート、スイトピー♪様の話されたとうり、財津さんに勢いを感じます。

ソロのアルバム作品からだと、どうしてもテンション下がるのは否めない部分もあったのですが、長年、地道に演ってきた曲の反応は上がってきてるような気もします。
  
6~7年前にいらしたときは、県民会館の2階はカーテンされてました。
正直にあのときの「寂しい思い」。
チューリップなら埋まるのにな~と。

それ以降も含めて新潟では、私は、それ以外には行ったことがない、ちょっとな、それでいて音響のしっかりした会場でコンサートされてました。

今回の県民会館は、2階席も開放されておりました。

祝!リヴェンジ

TVのCMの効果もあったことでしょう。
こうした、プロモーションに力を入れてきたことに「やる気」を感じます。

Futari
アルバムから得たものが大きかったのでしょうか?。
いい意味で、コチラが思う以上のことを考えてるような雰囲気を感じるコンサートでした。

もう一丁!

さらに、追い風も吹いてます。

倉木麻衣さんの、最新シングルのヒット。
作曲!
  

「永遠よりながく」

サビだけで、納得の一曲。

財津さ~ん。
まだまだ、ファンは、

山から下ろしてくれないようですよ~!

[財津和夫] ブログ村キーワード

⇒ムダ毛ケアはこちら

|

« 「ASKA 12  これを聴け!52」の巻 | トップページ | 「財津さんと、WE DREAM」の巻 »

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

コメント

よっちゃんさん ありがと~ヽ(´▽`)/

今回は一発目からドカ~ン!と始まるのですね。
そうですよね、それでこそチューリップ!
あ、いえチューリップではありませんが (^-^; 私の記憶でもソロになってからは比較的静かにコンサートが始まっていたような気がして・・・。
財津さんの意気込みが感じられますね。

「君の指」力入ってましたか?
この曲もファンしか知らない曲ですが、ソロの中では定番曲になりそうですね。
財津さんこの曲は毎回力強く丁寧に歌ってる気がします。
以前この曲の前のMCで「泣いちゃうかもしれません」なんて言ってました。何か思い入れがあるのでしょうか。
私もこの曲 毎回聴きたい曲のひとつで大好きです。

「たったひとりのオーディエンス」
何年ぶりに聴くのかな~?懐かしい。
別世界に入っていきそうですね、どんな感じにアレンジするのか楽しみです。

そして 財津先生の歌唱指導は学生時代お世話になった音楽の先生とは比較にならないほど楽しい、日ごろ静かな私も(?)大声張り上げますよ~♪
私も早く一緒に大合唱したいです。

よっちゃんさんのレポ読んでて財津さんまだまだ健在だな~(ついでにおしゃべりも♪)と安心しました。


え、ところで『品のある方、キレイな方』?
なんだか以前にも同じようなことを聞いたような・・・。
気のせいかな?
ま、そういう事にしておいてっと、ヾ(^-^; これからも財津さんが歌いつづけるかぎり応援していくつもりです。

よっちゃんさん ホントにありがとうございました。
よっちゃんさんも頑張ってね。

投稿: アジアン | 2010/03/14 19:45

アジアン様、早々ありがとうございます。
バレました~(笑)
今回、以前の記事からコピー、そこから、上下付け足していきました(^-^;。
実際、マナーのできた方が多く、そこは大人の集まりというのがピッタリのような。
今までの比較でいえば、自分より若い方も少し増えたような。で~、そういう方達、そして、今回が初の方達、予想以上の声に驚いたんじゃないかな~と。
まだまだ、書き足しできそうです(笑)。

「ストーブ」が、私には、どこか、つくった感が見え隠れしちゃうんですが、「君の指」、良かったですよ~!期待100%でいいと思います。
あと、メドレーも良かった!

それと公式HPすら見ずに行ったのですが、今回はグッズもちょっと増えて。
CDも、結構、賑わっていて。
なんででしょう?
嬉しいんですが、どうも、客観的に分析できなくて(笑)。
 
財津さん、元気でした~!

アジアン様、おもいっきり期待して楽しんできてください!
それまで、体調気をつけて。

なんか、嬉しかったから、駐車場までダッシュで行った私でした~♪。
 

投稿: よっちゃん | 2010/03/14 23:48

「たったひとりのオーディエンス」
は僕も大好きな曲ですね!!
今度弾いてみようかな~^^

僕も財津さんのライブ行きたいです><

投稿: 玉葱 | 2010/03/15 23:07

玉葱さん、ひょっとしての御迷惑?おかけして申し訳ありません。すいませんでした。

「たったひとり・・」玉葱さんなら楽勝そう!

投稿: よっちゃん | 2010/03/17 05:29

品のあるキレイな・・・スイトピー♪さんです(^^;ゞ
な~んて、よっちゃんさんとは絶対会えないです(笑)

コンサート♪楽しまれたようでよかったです!
レポート楽しく読ませていただきましたよん♪
興奮が伝わってくるぅ~!
13日は、今頃よっちゃんさん楽しんでるんだろうな~って
何度も思ってましたよ。

うん、うん・・・今はもう多くは語りたくないって感じ。
とにかく元気でがんばってる財津さんが嬉しかった。
歌声を聞けてよかった!!
また次も行きたいって思わせてくれましたよね?
「やる気」ですよね?財津さん!

財津さん、バンザーイ!!\(^o^)/

個人的には、しみじみと唄ってくれた「僕が作った愛の歌」
や、久々に聞いた「セプテンバー」に感動~♪
モチ、まだまだ山からは下ろさないよ~(^_-)-☆

投稿: スイトピー♪ | 2010/03/17 13:22

確か、雪の中チケット取りに行ったんだよねぇ〜

大好きな財津さんに会えて良かった!!!
熱い思いが伝わってきますぅ♪
コンサート三か条わかる気がする〜(笑)

投稿: あんじー | 2010/03/18 17:37

スイトピー♪様、いつも、コメント見て、ニヤッとしてしまいます。

今回は新作を出した後のツアーのせいか、ダレたところがなく、気合十分に感じられました。
「僕がつくった~」は、ピアノのアレンジが少し変わってて。「セプテンバー」は、よくできていただけに、ますますチューリップが遠くに感じられたり(^-^;。
見所尽きなかったです。

スイトピー♪様、まだまだ!下山なんて、とんでもない話ですよね。
私思うに、今回のツアー、財津さん自身、いい手応えを感じてるんでないかな~と♪。

投稿: よっちゃん | 2010/03/18 21:49

あんじー様、なぜ大好きなのか、もはや判らないのですが、大好きな財津さんに会えてよかったです。
  
こんなに熱く語りながらも、ファンクラブに入っていなかったりする私です(^-^;。


投稿: よっちゃん | 2010/03/18 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ASKA 12  これを聴け!52」の巻 | トップページ | 「財津さんと、WE DREAM」の巻 »