« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の3件の記事

2010/04/25

「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻

Rodbest

購入して20年以上経つ愛聴CD。

「ベスト・オブ・ロッド・スチュワート」

素晴らしい邦題が並びます。

「ただのジョークさ」 「もう話したくない」 

「胸につのる思い」 「さびしき丘」

タイトルから、青春時代のホロ苦いというより、おもいっきり苦い情景を浮かべてしまいます。

そして、なんだかな~の邦題も。

「燃えろ青春」 「君はハート泥棒」

このベスト、どういうわけか、当時の代表曲のひとつといってもいいはずの、
「ホット・レッグス」が収録されてないのが残念。

 

ふと思う。
このCDをプレスされた方は、今も健在か?
(なんのこっちゃ!)

今の時代、かなり新しい2枚組のベストも発売されているので、そろそろ買い替えようかなとも考えております。

収録曲についての、各思い入れは、その際に語らしていただくとして、

今回は一曲のみ。
これはお勧め。これも!ですね。

Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)

邦題も素敵で 「今夜きめよう」

CDの本人解説によると、

「ある晩、突然ひらめいた。どういうわけか、曲自体よりも複雑なイントロに時間をかけた」

とのこと。
意外や意外。
確かに、他の曲でもイントロには凝られてるロッド大先生。

  

窓の側から離れなよ             stay away from the window

裏のドアから逃げようなんてしないで      stay away from the back door too

電話も外してしまおう                          disconnect telephone line

ブラインドも降ろして                           rerax, draw the blind

さあ ゆっくりしようぜ

 

今夜こそ その夜              tonight's the night

すべて最高にきまるさ                         gonna be alright

愛してるよ ガール                             i love you girl

もう誰も                      ain't nobody gonna stop us now  

俺達を止められやしない

  

  

英詩の「rerax」の部分が、たまらなく好きです。
そして、この曲を聴きながら、いつも思うこと。

あの、しゃがれ声で、隣でギターを爪弾きながら
こんな歌を歌われたら、
女性はウットリするんだろうな~

と。
この曲のPVは、かなり真実じゃなかろうか?

おおっと、パイナップル・アレルギーの女性を除いてですね(^-^;。

1976年11月から、8週連続全米NO1の名曲。
今も色褪せることがなく。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  
↓PVではありませんが。

  

  

TREviewパイナップルにできるくらい、髪の毛ほし~

  

[ロッド・スチュワート] ブログ村キーワード

| | コメント (2)

2010/04/20

「日清カップヌードル・ライト 感想」の巻

カップラーメンの中で、もっともポピュラーなのが、世界中で愛される、

日清 カップヌードル

ときどき、ムショウに食べたくなる一品。

カレーヌードル、シーフードヌードルと兄弟達も健在。
歴史が長い分、バリエーションも豊富。

最近、仲間がひとつ増えました。

カップヌードル ライト

Cup1

オリジナルのカロリーが、一食77g当たり357kカロリー

ライトが、一食53g198kカロリー

おにぎり1個分を減らしてきたのが素晴らしい!

 

Cup2

早速、食べ較べ。
なお、一食で2つ食べたので、このときのカロリー摂取は

度外視! 度外視!

オリジナルとの違いは、

麺が細い!
けれども、ツルツルな食感が増して、これはこれで。

コロコロチャーシューが小さい。
サイトによれば、オリジナルのほうは、最近大きくしたようで。
肉好きの私は、ライトのほうでは、物足りなく。
ただ、あくまでも、食べ較べした際に感じたこと。

スープが薄口。
コクという点では、当然オリジナルのほうがあるのですが、ライトの後に、ズズーッとそそると、濃すぎるくらいに感じたりして。
でも、オリジナルの麺に、ライトのスープでは、バランスとれないかな~とも。
そういう意味で、味付けも、ちゃんと考えての発売。

比較総評。
食べ応えという点では、やはりオリジナル。
その差、24gでしかないのですが。
それ以上のものを感じました。
あくまでも、食べ較べしてての話で、実際、単品で食べた場合、この24g差というのは、あまり感じないのかもしれません。

普段の食事で、カップヌードルに、おにぎりや、パンを一緒に食べる場合、このライトは、健康にさせてくれる、そんな気持ちになります。

大好きなエビも、省かれず入っているのも嬉しいところ。

  

しか~し、さすがに、一食で2個食べると、胃の心配したりして(^-^;

  

日清食品、株を買おうかな~・・・

馬券で儲けたら・・・×××

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview胃がもたれるなか、励みにしておりました。

 

| | コメント (6)

2010/04/05

「第24回笹川流れマラソン大会 参加感想」の巻

Sasagawa

参加してきました。

4月4日 笹川流れマラソン大会

前日までの曇り空が、ウソのような快晴で、
新潟にも、ようやく春が訪れたようです。

  

Sasa1

国道345号線を、飛ばして現地へ。
海岸線沿い。
キレイな景色なれど、所用を足してからの出発だったため、景色よりも、

「前の車、ジャマ~!」 な気分。

午前9時の受付時間終了間際に到着するも、駐車場がなく、

「こりゃ、アカン!」

参加を断念しかけるも、スタッフ、交通整理の方の計らいで、かろうじて受付していただけたことに感謝。

Sasa2

さすがはマラソン大会。

皆様、ウォーミングアップされてます。
脇で、それを眺めながら、車中でそそくさと着替え。

後で聞いた話では、泊まりでこられて、前日から走り込みされてた方も、かなりいらしたようです。

10Kコースは10時スタート。

Sasa3

5分前のスタート地点。

かなりの人数で。
緊張感よりも、熱気のほうが強かったようにも。
私も並んでいて、

ワクワク

 

Sasa4

いよいよスタート。

後方だったこともあり、スローなスタート。

大勢で走るのは楽しい!

1K過ぎたあたりから、ちょっとペースアップ。

  
Sasa5

途中、数箇所のトンネルを通りながら、海沿いを走るコース。
事前に心配していたのは、

浜風の影響。

大会中は、実に穏やかな風でした。
今思うと、風の影響を気にするペースでもなかったような(^-^;。

驚いたのは3K超えたくらいの地点で、早くも

Uターン走者と、すれ違い!

トップグループの速いこと、速いこと。

あの速さの持続力は、正しく、

鍛え抜かれた精神と肉体の成せる技

でなかろうかと。
まさしく、超人オリンピックに参加した気分に。

 

4K地点位で、

30分早くスタートした、ハーフコース参加のトップグループと、すれ違い。
これまた、タンタンと速かった!

自分が、この超人達に付いて走ったら、500Mで終わってしまうんではなかろうかと。  

Sasa6_2

浜風の香りを感じることで、車の中から見たときより、キレイに思える景色。

   

Sasa7_2

沿道の方達にも、多くの声援を頂きました。

感謝感激。

  

Sasag_2

かろうじて、ゴール。

ゴール前の急斜面。
心臓が止まるというより、肺が壊れるんではと。

 

それでも、自己記録更新でゴールできたのは、気分よく走れたから。

  

後の表彰で驚いたのは、60代の方が、40分をきるタイムでゴールしていたこと。
凄いです!

  

Sasa8_3

完走証+ドリンク+おにぎり+みそ汁 のサービス。

ご飯のウマさは特筆物。

他、トン汁、うどん、お弁当等、販売されておりました。
安く!

Sasataoru_2

タオルでなく、大きな記念バスタオルのサービス。

満足度高し!の一品。

  

「お金を払ってまで、なぜ、参加?」

の答えは簡単で、

「楽しいから」

でした。

  

来年も出てみたい!

できたら、次はハーフに挑戦したい!

そう思えた大会でした。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

スタッフの皆様、お疲れ様でした。
素敵な世界、ありがとうございました。

写真撮れなかったのですが、タイガーマスクで走られた方、カッコ良かったです。
ディズニー、他、着ぐるみで走られた方、楽しかったです。
また、お会いできますように♪。

  

  

TREview潮風で髪の毛が揺れる中、ハゲミにしております。

 

  

  

  

  

| | コメント (6)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »