« 「第24回笹川流れマラソン大会 参加感想」の巻 | トップページ | 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 »

2010/04/20

「日清カップヌードル・ライト 感想」の巻

カップラーメンの中で、もっともポピュラーなのが、世界中で愛される、

日清 カップヌードル

ときどき、ムショウに食べたくなる一品。

カレーヌードル、シーフードヌードルと兄弟達も健在。
歴史が長い分、バリエーションも豊富。

最近、仲間がひとつ増えました。

カップヌードル ライト

Cup1

オリジナルのカロリーが、一食77g当たり357kカロリー

ライトが、一食53g198kカロリー

おにぎり1個分を減らしてきたのが素晴らしい!

 

Cup2

早速、食べ較べ。
なお、一食で2つ食べたので、このときのカロリー摂取は

度外視! 度外視!

オリジナルとの違いは、

麺が細い!
けれども、ツルツルな食感が増して、これはこれで。

コロコロチャーシューが小さい。
サイトによれば、オリジナルのほうは、最近大きくしたようで。
肉好きの私は、ライトのほうでは、物足りなく。
ただ、あくまでも、食べ較べした際に感じたこと。

スープが薄口。
コクという点では、当然オリジナルのほうがあるのですが、ライトの後に、ズズーッとそそると、濃すぎるくらいに感じたりして。
でも、オリジナルの麺に、ライトのスープでは、バランスとれないかな~とも。
そういう意味で、味付けも、ちゃんと考えての発売。

比較総評。
食べ応えという点では、やはりオリジナル。
その差、24gでしかないのですが。
それ以上のものを感じました。
あくまでも、食べ較べしてての話で、実際、単品で食べた場合、この24g差というのは、あまり感じないのかもしれません。

普段の食事で、カップヌードルに、おにぎりや、パンを一緒に食べる場合、このライトは、健康にさせてくれる、そんな気持ちになります。

大好きなエビも、省かれず入っているのも嬉しいところ。

  

しか~し、さすがに、一食で2個食べると、胃の心配したりして(^-^;

  

日清食品、株を買おうかな~・・・

馬券で儲けたら・・・×××

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview胃がもたれるなか、励みにしておりました。

 

|

« 「第24回笹川流れマラソン大会 参加感想」の巻 | トップページ | 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

本家のカップヌードルは高いので最近はトップバリュ
等のPB商品しか口にしてません(泣)いつだったか安い!と思って買ってみたら”スープヌードル”でして(爆)あの時のガッカリ感、半端じゃなかったです・・・

投稿: かなりんパパ | 2010/04/20 01:35

かなりんパパ様、スープヌードルは「すかして」くれますよね~。それはそれで、需要があるのはわかるのですが、せめて、パッケージングを変える必要がありますよね。紛らわしい(笑)。

投稿: よっちゃん | 2010/04/21 22:29

わかる〜
カップヌードルはたまに無性に食べたくなるよねぇ♪

そういえば〜子供の頃
初めて発売された時は珍しがって
祖母まで食べてました(笑)

ライト、気になってたけど
同じ味を求めてはいけないのね(汗)
カロリー低い分、味はやっぱ違うものが多いよねぇ
味を取るか?カロリーを取るか?悩むね(汗)

投稿: あんじー | 2010/04/24 16:58

騙されたって思いましたぁ~*o*
パッケージも伝統だから変えないんですかね?
私のように食すまで気付かない人もいる?

投稿: かなりんパパ | 2010/04/25 01:48

あんじー様
私なら、同じ値段ならボリュームあるほうかな~(笑)
もっとも、ライトの値段下げると、プレミアム感がなくなりそうですよね~。

投稿: よっちゃん | 2010/04/25 09:19

かなりんパパ様。
いや~、これは私思うんですが、「まがい品」が多数ある中で、日清が、みずから、やっちゃいけないような。
カラーの使い方ひとつで、十分わかりやすくなるのに、妙ですよね~。

投稿: よっちゃん | 2010/04/25 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第24回笹川流れマラソン大会 参加感想」の巻 | トップページ | 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 »