« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の4件の記事

2010/05/25

「ラッシャー木村さん、亡くなる」の巻

昭和のプロレスラーのひとり。

ラッシャー木村さん

5月24日、肺炎のため、亡くなられました。
68歳。

  
  

過去記事、再アップさせていただきます。
この過去記事を超える内容はできませんので。

‘06年5月16日↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Rassyarelay 「ノア」。
去年7月の東京ドーム大会をTVで観ていたのですが、ラストにいきなり、モニターで、木村さんの引退挨拶が流れました。

そういえば、最近見かけないな・・・と、特に深くも考えていなかったのですが。

インターネット、雑誌等で「何かしら」のお知らせがあったのかもしれませんが、私の中では、全く情報がインプットされておらず、職業病なのか?その辺はわかりません。

最後の挨拶がリング上でなく、どこかのホテル?(病院・・?)

  

こんな形で「けじめ」をつけられた、木村さんの心情を察すると
涙が出てきてしまいました。
                        

木村さんの簡単すぎる紹介です。

大相撲からの転進。

国際プロレスで、「金網の鬼」と異名を取るエースに。
サンボの心得もありながら、自分のファイトスタイルに合わないと封印。
一直線のファイト。

経営困難から団体が潰れ、当時の国際、吉原社長の命(願い?)を受けて、新日本プロレスへ。
「はぐれ国際軍団」として、猪木のライバルというより、踏み台扱いに。

初登場での
「こんばんは」
という挨拶が、猪木さんを失望させた・・・と噂もありますが。
(直後にアニマル浜口さんが、マイクを取り直して面目保つ!)

3対1のハンデキャップ戦等、猪木の仕掛けるマッチメイクは、国際軍団をミジメに見せる、ヒールに仕立て上げる戦いで、当時の国際プロレス・ファンは、失望と、肩身の狭い思いをされたのではないでしょうか。

ところで、当時のアニマル浜口さん。
猪木さんの延髄蹴りの際、

当たる前に倒れこんでいなかったか?疑問あり

  

  

新日VS国際の抗争も熱が冷めてきたころ

「俺も新日本を辞めて、後で合流するから。
先に行って、次世代のエース、前田を頼む」
とは、猪木さんの言葉。
  
その猪木の命を受けて新団体UWFへ移籍。
ところが、猪木のヤローはこない。
(このUWF設立は猪木さんとTV朝日の関係悪化の際でたアイデア?)
  

UWFは経営悪化の一途をたどる中、起死回生を狙って、初代タイガーの佐山さんに声をかけ、新しいプロレスを唱えるも、このときスデにラッシャーは、UWFにいたのか、いないのか?フェード・アウト状態。

このまま、新日本に使い捨てされ、惨めなまま、忘れ去られるのか?

[プロレス黄金時代] ブログ村キーワード

  

そんなラッシャーに愛の手を差し伸べたのは、御大!ジャイアント馬場!

正しく、捨てる神あらば、拾う神あり。


猪木さんによって、プロレスラーとしての商品価値が0にされたものの、馬場さんにかかると、50%は復活したのでは?と思えたところは、拾った神の凄さ。

実際のところ、馬場神様、自ら声をかけたのか、ラッシャー本人が頭を下げて入った(入団)のかは、私はわかりません。

少なくても、当時の馬場さんの計らいは、破格なものでした。
1984年末の世界最強タッグ。
前年組んでいた、

私の心の師匠 「ドリー・ファンク」

は「テリー」との「ファンクス」復活のため、馬場さんとは組めない。
そこで馬場さんは、自分のパートナーを「X」として、開幕まで名前を伏せる徹底ぶり。
  
当時、中坊の私は、親父と一緒に、土曜日の夕方5時半からのTV中継に釘付けだった(当然、リアルタイムでの情報は知らない)のですが、今でも、覚えてるアナウンサーのセリフ。

「さー、今年も年末の祭典、世界最強タッグの開幕入場式がはじまります。(オイラのテキトーな前フリ)~中略~ さー、注目の馬場のパートナーは

 おおっ!木村だ!ラッシャー木村です!!

うちの親父が
「おいおいおい!ラッシャーだねっか~!」
あのときの、親父の驚いた顔!興奮してしまったのは私も一緒。
ときどき、見ていた私の母親(オニババ)も
「あら~、この人、猪木にメチャクチャやられてた人じゃない」
そしてTVの中では、「してやったり顔」の馬場さんと、「緊張感アリアリ」のラッシャーの表情を見たら、私はなんだか、涙がこぼれてきました。
  

ジャイアント馬場・・・偉大なり!

ところがです。
シリーズも途中で、この2人は仲間割れしてしまうんです。
なんで?入場式でこぼした、熱い涙を返しておくれ!

当時、全日で埋もれていた、どうでもいい?鶴見五郎さんと、後に活躍の阿修羅原さん、剛竜馬さんの元国際軍団を救済するためというの理由(馬場さんに反旗を揚げて、戦いの場を増やす)とのことですが、結局空まわりで自然消滅。

この年の最強タッグ、ベスト・バウトは、初戦のVSハンセンとブロディーの超獣コンビ。
ラッシャー、なかなか善戦するものの、ラストはブロディーにかかえられて、ハンセンがトップロープからのラリアットで撃沈・・・当時の実力、勢いの差をまざまざと見せ付けられた展開でしたが、試合後のラッシャーを気遣いながらも、満足気な馬場さんの表情が忘れられません。
  

ジャイアント馬場 偉大なり!


この2人、数年後、またタッグを組んで楽しませてくれたのですが、今、2人ともリングの上で見れなくなったのは、本当に寂しいです。
  
このタッグでのベストバウトは、やはり最強タッグでの、VS天龍・ハンセンと私は思います。

  
  

木村さんは、引退後「ノアの終身名誉選手会長」に就任された
(ノアも粋な計らいするよな~。木村さんも幸せなことと思われます)
とのことで、ぜひ、もう1度だけでも、どんな形であれリングにあがってほしいです。

木村さん、お疲れ様でした。

TREview励みにしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人の良さが逆に災いしてか、大成したとはいえないレスラー人生なれど、その人の良さゆえに、多くの人から声援を送られたレスラー。

思い返すと、プロレスラーとしては、動きも固く、決して、ウマイとはいえないものの、その不器用なファイトが、かえって個性的でもありました。

体調を崩されて、セレモニーもできぬまま引退されたのは、本人も悔しかったことと思われます。

木村さん、お疲れ様でした。
ちょっと悲しくて、たくさん楽しい思い出、ありがとうございました。
天国で、おいしいお酒を飲まれてください。

私は、ときどき、木村さんのことを思い出します。
木村さんの生き様に較べたら、私の生き様は、まだまだ・・。

木村さんの御冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

ムレて気になる足のニオイ、どうしてる?

 

  

プロレス

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/24

「キリン コクの時間 に酔う」の巻

今春、もっとも愛飲したビールの兄弟、

Kirin

キリン コクの時間

アルコール分5%

リキュール(発泡性)

価格は、近くのスーパーで350mlが105円。

キリンの印象といえば、なんといっても「ラガービール」
私が子供のころ、ビールといえば、それしかなかったような・・。
で~、イタズラで父親の飲むビールを、ひと口。
あの苦味の鮮烈さは、今も覚えてます。
「どこが、ウマイんだろう?」

ウマさがわかって、大人になるんだなと(^-^;。

さて、この「コクの時間」

ビールの中でも、筋金入りの本家ラガービールと較べると、飲み口はマイルド。
(さすがに、この価格では(^-^; )

辛味が強いと、飲み飽きしてくる私の味覚には、ちょうどいい辛さ。

飲み始めのときは、特別なコクを感じるものでもないのですが、酔いがまわるにつけ、ウマ味が増してくる・・・そんな不思議な「新ジャンル」の一品。

カタログ落ちした、「サントリー ストレート」以来のお気に入り。

これから、暑い夏がくる季節の変わり目。
各社、新製品を出してくると思われるのですが、それが、また楽しみ。

ビール、その弟達も含めて、多種多様に楽しめる、日本人に生まれて幸せです。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

TREview励みにしております。

  

  

| | コメント (0)

2010/05/15

「ダイハツ・エッセ を語る」の巻

我が、

哀車のディオン は車検。

今回はタイミングベルト交換も含むため、かなりの出費を覚悟しつつも、代車をしっかり楽しみたいなと。

代車、その車の名前は、

ダイハツ エッセ  の1番下のグレード。

Essedezainn1

シンプルでありながらも、可愛らしいフロントのデザイン。

Essedezainn2

シンプルでありながらも、レトロな雰囲気も感じるリアのデザイン。

ダイハツHPのコンセプト。

等身大のスモールカー

大きすぎない軽自動車ということでしょうか。

Esse2

確かに後席のシートを見ると、大人4人での移動は厳しそう。

Esse1

でも前席のシートは、ホールド感抜群のバケットシート(ぽい)が置かれ、居心地の良さは、なかなかのものだったりします。

ただ、うちの嫁にはホールドしなかったりして(^-^;。

Oni21_2

ナニ書き込みしてるんじゃ~!

  
 

Esse3

鉄板が剥き出しの内装は、私には、良く思われますが、好みの別れる部分。
鉄板の上に貼られているプラスチック樹脂には、しっかりシボ打ち加工がほどかされていて、安っぽさはありません。
センターに置かれたメーターの視認性も良好。
ダッシュボードも湾曲で、今や、軽自動車でも当たり前の2層の組み合わせ。

しか~し、ダッシュボードの下をちょっと覗きこむだけで、その裏が見えるのは手抜きな部分。

  

ダイハツらしくない、というより、最近の車らしくないという点で、

収納ポケットは、コンテの半分にも満たない少なさ。
ダイハツの特権ともいえる、プッシュ式カップホルダー、もしくは、前席ドアの折り畳み式カップホルダーは採用してほしかったところ。
デザイン重視より、コスト減に思われます。

全3種グレード、フロントシフトの採用。
デザインから低床、後席足元中央に、シャフトの盛り上がりがあるため、コラムシフト、インパネシフトの採用はなく。
シャフトの部分が出る以上、シフトノブを前に持ってきてもスペース効率上の意味は無く。
前席、後席の空間スペース減。
現行ミラが、クリアーしている点だけに惜しい。
ミラよりも、車格は下?

  
  

 

Essedezainn3

エッセ、最大の迷いは、リアのデザイン。
おもいきって、斜めにしたリアは、見た目、可愛いい・・・だけだったりして。

Esseniitu

後席の居住性を低くしたのと、積載量の少なさは、仕方のないところ。

これでも全長、全幅はコンテと同じ。
軽自動車の寸法一杯だったりして、見た目ほど小さくはなく。

  

なにやら、批判の言葉ばかり並べてしまいましたので、良い部分も。

なんといっても、走りの良さ

同じエンジンで、ムーブより100Kgタントよりも200Kg車重が軽い!
時速60Km/hからの加速は、2車よりも楽にこなすのは面白いところ。
エンジン音も、心地良く響いているように思えてくるから不思議。
  
ターボ車の設定があれば、もっと面白そう。
というのも、バイパス、2車線を走っていると、この可愛いイデタチのせいか、割り込みを食らう回数が多いのは実体験。
結構、キビキビとエンジン回してるにも関わらず(^-^;。
なかには、ちょっと、煽ってやりたくなる割り込みも。

 

Esseaudios

純正カーオーディオの音質もなかなか。
シンプルな操作のみで、細かい設定が省かれているのは残念なれど、ラウドネスを利かせて聴くと、結構、自分には理想的な音が聴かれました。
ツイーターらしきものがあるようでも、そこにはナニも無かったのは、1番下のグレード車だからか?

  

総評

若い女性にターゲットを向けた宣伝は余計なようにも。
シンプルでありながら、けっこう走るパーソナルカーとしての存在をアピールしてほしいところ。
軽自動車、本来の姿にも思えます。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

私てきには、デザインで選ぶなら、エッセより、ココアだな~。

 

TREview励みにしております。

  

| | コメント (10)

2010/05/04

「麒麟山純米大吟醸 感想」の巻

Kirinnzann1

5月3日、今宵の晩酌は、

麒麟山純米大吟醸

  

自分で買うには、ちょっと手の出ない代物。

値段もそうですが、日本酒を語るには、まだ実力不足の私。

 

一年程前に知人から頂き、万馬券を獲ったら飲もうと決めていた一品。
ちょっと、寝かせすぎた反省も。
今回の感想は、正確さに欠けたものになるのかもしれません。
もっとも、それらしい感想でもないのが、私の感想でもありますが(^-^;。

  

麒麟山といえば、1番の大衆酒(普通酒)として

Kirinnzan3_2 

麒麟山伝辛

というのがあるのですが、

正しく、日本酒!

という味わいで、日本酒が苦手という方には、ちょっと敷居が高く、逆に好きな方には、飽きずに飲める一品。
私の場合、あまり辛口だと、正直飲み辛い(^-^;のですが、名称からのイメージほど辛くない印象。

Kirinnzann2

麒麟山純米大吟醸

アルコール分 15~16%

現材料名 米、米こうじ

精米歩合 50%

私なりの感想。

純米酒といえば、あの日本酒のクセがあまり感じない、比較的、サラリ系を予想していたのですが、そこは麒麟山。
ズッシリ感があって、お米の風味が生きている!
そういう意味で、正しく純米酒。

大吟醸といえば、口に含んだときの華やかな香りを予想していたのですが、かなり控えめな気も。
逆に、その「さじ加減」も絶妙で、しつこさが抑えられているような飲み口。
そんな味わいです。

普通酒「伝辛」との比較で、1番違うのは、味はもちろん、

酔い醒めの良さ!

日本酒は、一合ぐらいが丁度いい私には、320ml詰めの瓶で、開封する前に、

呑み切れないのでは?

という不安もあったのですが、おいしく全て頂くことができました。
量を飲んだわりには、頭痛が全く無いのは嬉しいところ。

良いお酒のひとつと呼ばせていただきます。

 

麒麟山HPは、コチラ
↑今回頂いた瓶詰めは載っておらずで、やっぱり寝かせすぎたかなー(^-^;。

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview語り口はまだまだですが、励みにしております。

  

[日本酒] ブログ村キーワード

| | コメント (6)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »