« 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 | トップページ | 「ダイハツ・エッセ を語る」の巻 »

2010/05/04

「麒麟山純米大吟醸 感想」の巻

Kirinnzann1

5月3日、今宵の晩酌は、

麒麟山純米大吟醸

  

自分で買うには、ちょっと手の出ない代物。

値段もそうですが、日本酒を語るには、まだ実力不足の私。

 

一年程前に知人から頂き、万馬券を獲ったら飲もうと決めていた一品。
ちょっと、寝かせすぎた反省も。
今回の感想は、正確さに欠けたものになるのかもしれません。
もっとも、それらしい感想でもないのが、私の感想でもありますが(^-^;。

  

麒麟山といえば、1番の大衆酒(普通酒)として

Kirinnzan3_2 

麒麟山伝辛

というのがあるのですが、

正しく、日本酒!

という味わいで、日本酒が苦手という方には、ちょっと敷居が高く、逆に好きな方には、飽きずに飲める一品。
私の場合、あまり辛口だと、正直飲み辛い(^-^;のですが、名称からのイメージほど辛くない印象。

Kirinnzann2

麒麟山純米大吟醸

アルコール分 15~16%

現材料名 米、米こうじ

精米歩合 50%

私なりの感想。

純米酒といえば、あの日本酒のクセがあまり感じない、比較的、サラリ系を予想していたのですが、そこは麒麟山。
ズッシリ感があって、お米の風味が生きている!
そういう意味で、正しく純米酒。

大吟醸といえば、口に含んだときの華やかな香りを予想していたのですが、かなり控えめな気も。
逆に、その「さじ加減」も絶妙で、しつこさが抑えられているような飲み口。
そんな味わいです。

普通酒「伝辛」との比較で、1番違うのは、味はもちろん、

酔い醒めの良さ!

日本酒は、一合ぐらいが丁度いい私には、320ml詰めの瓶で、開封する前に、

呑み切れないのでは?

という不安もあったのですが、おいしく全て頂くことができました。
量を飲んだわりには、頭痛が全く無いのは嬉しいところ。

良いお酒のひとつと呼ばせていただきます。

 

麒麟山HPは、コチラ
↑今回頂いた瓶詰めは載っておらずで、やっぱり寝かせすぎたかなー(^-^;。

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

  

TREview語り口はまだまだですが、励みにしております。

  

[日本酒] ブログ村キーワード

|

« 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 | トップページ | 「ダイハツ・エッセ を語る」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!!
GWなのに予定なしの銀犀です。
>日本酒を語るには、まだ実力不足の私。
商売している訳ではないのですから
自分の思った事を書けばイイのではないでしょうか?

私など周りの事を気にせず
自分の思うまま感想を書いてます。
(美味しい時は・・・)

問題は自虐的ネタ品ではなくて
美味いと噂されているのにそうでもない時・・・
甘く採点してます。
では・・・

投稿: 銀犀 | 2010/05/05 13:03

銀犀様、味覚を語るのは難しくて、確かに、甘い採点は私の中にも存在します。
ヨソ様の寸評を見ていて、「おお!ちょっと飲んでみたいな」というのが、たまにあるので、狙いはソコなんですけど(^-^;。
決して、高い酒でなく(笑)

投稿: よっちゃん | 2010/05/06 22:38

私、お酒は種類問わず何でものめるんだけど味の違いに鈍感なんだよね~。

日本酒だったら、辛口とか甘口とかがいまいち分からない(笑)
なにのんでも同じ!!!

投稿: ジョー | 2010/05/09 00:24

ジョー様。
おお~、なんでもいける口ですか~。
私は、近年、ようやく日本酒飲めるようになりまして。
↑こうした瓶に入っているので語れるのですが、これが、コップに一杯で出されても、100%品種を当てることができない・・まだまだ、その程度だったりします。これからも!(笑)

投稿: よっちゃん | 2010/05/09 08:48

何?これ?
ブルーのお酒なの???
綺麗だわん♪
飲んでみた〜い!!!

って日本酒弱いし〜(笑)

投稿: あんじー | 2010/05/12 18:13

あんじー様、これは、クリアーなお酒でしたよ~ん。
日本酒は、クセが強いですよね~。飲んだ後、悪酔いする確立も結構高いですし。
サラリと飲める日本酒も紹介したいところなんですが(^-^;。

投稿: よっちゃん | 2010/05/12 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ロッド・スチュワート/Tonight's The Night(Gonna Be Alrigiht)これを聴け!53」の巻 | トップページ | 「ダイハツ・エッセ を語る」の巻 »