« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の6件の記事

2010/09/20

「玉かけ免許取得」の巻

Tamakake

先週行ってきたのが、

玉掛け免許 の講習。

  

この年齢になって免許を取らせてくれる、私の行く会社には感謝。

  

  

でも、意外に難しかった!

私は食品会社勤務なので、初めて聞く言葉も多数。

学科試験、実技試験の、ダブル試験。

うち、実技の試験では質量測定なるものが含まれていて、ここで大きなミスをしたことに、後で気ずく失態。

  
この質量測定、
あらかじめ手の箇所(例えば、広げた手の平)の寸法を測り、指定された物体の寸法を、その手の箇所を使って計る、手の寸法の誤差も頭に入れて質量を出すという試験。

大きなミスに気ずかなければよかったのですが(汗)。

その後の、実際、自分で玉掛けをする試験では、背水の陣の心境。

  

 

  

昔(20年以上前?)は、一日で済んだようですが、今回は3日間の講習。
近年、クレーンの操作ミスよりも、玉掛けの知識不足による事故が圧倒的に多いらしいからとか・・・。

  

これから年々、増々、取得が厳しくなると教官が話されるなか、無事、合格できてなにより・・・・

な、先週でした。

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview励みにしております。

| | コメント (8)

2010/09/19

「ディオンの記録」の巻

股には

たまには、愛車の記録もしておきたいなと。

D5112

愛車というか、もはや、壊れるまで乗るしかない状況の中でのマイカーは

三菱 ディオン

  

Dhion

このたび、10万キロに。

とりあえず車自体は好調。
後付けしたオーディオ関連も好調で、満足の音楽が聴けるため、もう5万キロは乗りたいところ。

懸念は、ここ2年で、オイル減りが多くなってきているところ。
車検で見てもらった際は、漏れは無いとのことで、

三菱の失敗作と噂の、GDIエンジン

の特徴が強く出てきている傾向。

  

  

これから、中古購入を考えている方へ一言、言い切りで。
たとえ、デザイン等惹かれるものがあったとしても、肝心のエンジンの出来が悪いので、

安くても、やめておきましょう!

  

  

購入考えてる人、いるんでしょうか・・・?

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

10万キロ記録

9月16日AM7時30分

曇り。

会社敷地内で。

TREviewオープンカーがほしい中、励みにしております。

| | コメント (8)

2010/09/13

「財津さんの世界8チューリップ/青春の影」の巻

実は私、この曲を取り上げるのは、このブログを辞めるときと決めていたのですが、最近、気ずいたことがありまして、急遽、記事アップとなりました。

その気ずくキッカケは、先日、取り上げた、

中島みゆきさんの 「狼になりたい」

で、自分が持っていた解釈と、ネット上で見られた万人の解釈が違うことに、自分の解説の言葉を無くしたことから始まりました。

1480925303

チューリップ 「青春の影」

過去にジャケットのみ語らせていただいたのですが・・・

反響の悪い記事は、コチラです(^-^;。

さて「青春の影」、問題はその歌詞内容。

ネットで見ると、この歌は、

恋愛から男性が結婚を決意したプロポーズの歌。

ええっ!別れの歌じゃなかったの??

私が、初めて、この曲を聴いたのは小学生のとき。
美しいメロディーではあるが、決して明るくはない曲調と2番の歌詞から、別れの歌と思い、そのまま、今年の9月まできてしまいました。

ところが、9月に入って、何気に歌詞検索をかけたところ迷いが。

1番の歌詞は、

君の家(君の心)に続く道を、大きな使命を抱き進んでいく。

大まかにいうと、これで、間違いないかと。

そして、この力強い1番の歌詞から、結婚式に使われることもあるようで、実際、私の友人も使用しておりました。
(ええっ、結婚式で別れの歌でいいの??が、今でもあります)

ところが、2番になると、主人公の男性は、君だけにとどまらず、もっと大きなものを語りだします。
恋と愛の違い。

「愛を知ったために、彼女の瞳に涙が」

今まで、正直、深く考えたことがなかったのですが、彼女が泣く理由。

プロポーズをされての嬉し涙。

が一般の解釈になるのでしょうか??

私は、やむなく訪れた別れに対する涙だと思ってました。
 

「恋の喜びは、愛の厳しさへのかけはしにすぎない」

恋人よりも、夫婦のほうが、その思いは深い。
恋愛期間とは、違う世界になる

が一般の解釈になるのでしょうか?

ん?切ない思いをするために結婚するの??

と反論できなくもないような・・

最大の謎掛け言葉は

「今日から君はただの女

  今日から僕はただの男」

私には、本当に、ただの男と女。
なんの関係もない男女に戻る言葉かと思っていたのですが、一般的には、恋愛関係を抜けた男女、両親から独立して旅立つ男女という解釈もあるようです。

う~ん、奥深い解釈だな~と感心したりして。

「風の中にたたずむ」

これも、実に美しい言葉なのですが、幸せな気分のときに、風の中に立つというより、私は悲しいときに立ちたい・・、風に落ち込んだ気持ちを持っていってもらいたい・・

以上の理由から、私は「別れの歌」と思っていました。

よそ様の見解にもありましたが、

結婚を決意した男性の心情が1番の歌詞ならば、夢を追いかけて破れた男女の心情が2番と・・

と、思っていながらも、最近考えたこと。

あまり、変化球を使わない財津さんの詞。
深い含みは無いようにも思われますが、取り様によっては、幸せの歌にも、別れの歌にも聴こえるこの曲。
発表から、ここまで名曲と呼ばれ続けるのは、美しいメロディーラインもありますが、やっぱり

「幸せの歌」

だからなんだろうか・・・とも。

| | コメント (7)

2010/09/11

「ホタルノヒカリ2第10話感想」の巻

今夏、毎週水曜日。

私が楽しみにしていたドラマ

「ホタルノヒカリ 2」

  

さすがに、は無さそうと思わさせられる展開ですが・・。

第10話目、ブチョウの父親役で出演された、石坂浩二さん。

Hotaru

  

  

  

  

  

財津さんでもよかったんではないか??

  

Futari_2

  

  

  

  

たぶん、ギャラも半分ですんだんでは??(^-^;。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

TREview白髪より脱毛が気になるなか、励みにしております。

  

| | コメント (0)

2010/09/07

「‘10夏の思い出・TV出演」の巻

記事にしておりませんが、競馬はたまにやっておりました。

この日は、8月29日新潟記念の日。

Keiba1

ん?わからない??

↓部分アップで

  

Keiba2

アップにしても、本人にしか、わからず!。

(正直、記事をアップしてて、むなしかったりして)

  

帽子の模様で、

モヒカン刈、はたまた、

ドリーファンク・ジュニア・・。

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

  

競馬歴長いのですが、生で初めて見た感想も。

細江純子さん。

ギャラリーにも気を使われる、チャーミングな方でした。
TVで見るより、茶目っ気あるようにも。
ズバリ、ここからファンになることを決めました!

  

井崎修五郎さん。

どこか、とぼけた雰囲気があって、なおかつユニークな先生ですが、生で見たい番の感想は、「お洒落な方だな~」と。
とってもダンディーな先生でした。
大好きです。

  

夏の思い出・・・まだまだあったような・・・

  

  

  

TREview肝心の競馬が当たらず、記事にならぬ中、励みにしております。

| | コメント (2)

2010/09/04

「堀内孝雄/カリフォルニアにあこがれて これを聴け!58」の巻

   
   「若いカウボーイの物語」
  

彼は青い海と夢を求めて、テネシーを出てカリフォルニアへ、

たったひとりで、はてしない旅を始めました。

果てしなく続く孤独な旅路。

 

道中、いろんな出会いが起こります。

 

テキサスでは、酔っ払った老人に絡まれます。

「どうして、故郷を出てまで、不幸を探しにいくのか

                  ・・・・・・・・・・・お前はバカだ」

酔っ払いの言葉を、聞き流してしまうのは彼だけでなく。

  
ただただ、カリフォルニアに憧れて、彼は進んで行きます。

 

 

ニューメキシコで、彼は若い娘に恋をしました。

人を愛する素晴らしさを知ります。


     
それでも、彼は、夢をあきらめず先に進みます。

たったひとりで。

 



汗を流しながら大地を耕す夫婦。

彼が進むのを止めて、感慨深くながめたアリゾナでの風景。

彼がカリフォルニアに求めた夢とは、違う幸せの形。

彼の胸の中は、彼にしかわからず。

 



旅もまだ途中、

         
広い荒野で彼は病に犯されました。

      
意識が遠のく中、彼にだけ聞こえてきたのは、

テネシーに残してきた、彼のお母さんの声。
  

「テネシーに帰っておいで、今すぐに」

 

どんなに離れていても、どんなに距離があっても、

親の思いに変わりはありません。

 


カリフォルニアに憧れて、

カリフォルニアに憧れて、

彼は旅の途中で、亡くなりました。

          微笑みを浮かべて・・・・・

 

 

夢はかなわずも、彼は大きなものを掴んだ・・・そう願います。

 

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

「カリフォルニアにあこがれて」、上のアルバムに収録。

アリスの活動と並行でリリースされた、堀内孝雄さんの1STソロ。
当時25歳。
歌は、若い頃からメチャクチャ上手い!
谷村新司さんも上手いですが。

今や、アリスのベーヤン以上に、演歌歌手としての知名度も確立されましたが、演歌には疎い私には、かなり遠い存在に。

 

カントリーアルバムを、つくってほしいな~!

 

TREviewいいな~、ベーヤンはフサフサで。と思う中励みにしております。

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »