« 「山本小鉄さん亡くなる」の巻 | トップページ | 「‘10夏の思い出・TV出演」の巻 »

2010/09/04

「堀内孝雄/カリフォルニアにあこがれて これを聴け!58」の巻

   
   「若いカウボーイの物語」
  

彼は青い海と夢を求めて、テネシーを出てカリフォルニアへ、

たったひとりで、はてしない旅を始めました。

果てしなく続く孤独な旅路。

 

道中、いろんな出会いが起こります。

 

テキサスでは、酔っ払った老人に絡まれます。

「どうして、故郷を出てまで、不幸を探しにいくのか

                  ・・・・・・・・・・・お前はバカだ」

酔っ払いの言葉を、聞き流してしまうのは彼だけでなく。

  
ただただ、カリフォルニアに憧れて、彼は進んで行きます。

 

 

ニューメキシコで、彼は若い娘に恋をしました。

人を愛する素晴らしさを知ります。


     
それでも、彼は、夢をあきらめず先に進みます。

たったひとりで。

 



汗を流しながら大地を耕す夫婦。

彼が進むのを止めて、感慨深くながめたアリゾナでの風景。

彼がカリフォルニアに求めた夢とは、違う幸せの形。

彼の胸の中は、彼にしかわからず。

 



旅もまだ途中、

         
広い荒野で彼は病に犯されました。

      
意識が遠のく中、彼にだけ聞こえてきたのは、

テネシーに残してきた、彼のお母さんの声。
  

「テネシーに帰っておいで、今すぐに」

 

どんなに離れていても、どんなに距離があっても、

親の思いに変わりはありません。

 


カリフォルニアに憧れて、

カリフォルニアに憧れて、

彼は旅の途中で、亡くなりました。

          微笑みを浮かべて・・・・・

 

 

夢はかなわずも、彼は大きなものを掴んだ・・・そう願います。

 

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

「カリフォルニアにあこがれて」、上のアルバムに収録。

アリスの活動と並行でリリースされた、堀内孝雄さんの1STソロ。
当時25歳。
歌は、若い頃からメチャクチャ上手い!
谷村新司さんも上手いですが。

今や、アリスのベーヤン以上に、演歌歌手としての知名度も確立されましたが、演歌には疎い私には、かなり遠い存在に。

 

カントリーアルバムを、つくってほしいな~!

 

TREviewいいな~、ベーヤンはフサフサで。と思う中励みにしております。

|

« 「山本小鉄さん亡くなる」の巻 | トップページ | 「‘10夏の思い出・TV出演」の巻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!!
>彼は大きなものを掴んだ・・・そう願います。
自分の意志で
自分の行きたい人生の進路(想い)に向って
旅をして逝ったのは
他の人と比べたら幸せなのだと思います。

「若いカウボーイの物語」
昔の曲ってイイ歌が多いですよね。
では・・・

投稿: 銀犀 | 2010/09/04 18:57

銀犀様、
私は、最近の歌は、あまり聞いてない口なのですが、風景が頭の中で浮かぶ曲が好きですね~。日本の曲では。
で~(笑)、アーティスト側の解説はないほうが、自由に想像できて、なおいいです。
洋楽だと、また違う聞き方になるんですが。

投稿: よっちゃん | 2010/09/05 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「山本小鉄さん亡くなる」の巻 | トップページ | 「‘10夏の思い出・TV出演」の巻 »