« 「イーグルス NHK SONGS 感想」の巻 | トップページ | 「フェブラリーS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 »

2011/02/09

「菊水ふなぐち飲み較べ 新米新酒」の巻

冬は日本酒だよな~!

ということで、今回、久しぶりに日本酒の感想。

Funaguti

新米新酒 ふなぐち菊水一番しぼり。

冬季限定のお酒。
  
新米から仕込んだという、本醸造生原酒。
生原酒なので、よく冷やしてからが飲みごろ。

  

東京のコンビニにも置かれていた、

「ふなぐち菊水一番しぼり」

を真ん中に、

「熟成ふなぐち」が兄貴とするなら、コチラは弟分といったところ。

兄貴が、より濃厚で芳醇な味わいに対して、弟はより軽やかな味わい。
新米でつくったという宣伝効果も加わり、フレッシュ感もあったりして。
私は、真ん中のオリジナルより、飲み飽きしないところで、コチラのほうが好きなのですが、冬季限定なのが惜しい。

とはいえ、アルコール度は変わらずの19度。

飲む際は、自分の武勇伝を無意識につくらないよう、飲みすぎには注意したいところ。

お値段は、スーパーで300円きるなら、まず買って損無しかと。
今年は、米が不作だったのか、流通量が少ないような気もして、あまり見かけず、値段の比較ができないのが正直なところ。

ちなみに、オリジナルふなぐちは、250円台まで下がってます。

  

冬は日本酒だよな~!と思いつつも、

      ふなぐちブラザーズは、冷酒(^-^;。

  

  

  

  

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 

 

[日本酒] ブログ村キーワード

  

  

TREview安いお酒の紹介を、おいしく紹介したいのですが言葉が難しい(^-^;。

|

« 「イーグルス NHK SONGS 感想」の巻 | トップページ | 「フェブラリーS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「イーグルス NHK SONGS 感想」の巻 | トップページ | 「フェブラリーS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 »