« 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「プリンス/パープル・レイン これを聴け!64」の巻 »

2011/07/05

「クイーンQUEEN NHKSONGS 感想」の巻

6月29日、NHKの番組、SONGSで放送されたのは、

 

結成40周年を迎えた

Queen


クイーン

 

 

かつて、私の青春の80年代。 

リアルタイムで新作を聴くことができた、偉大なバンド。

 

過去記事も~。

 

今回の放送は、40周年もあって、都会では催し物が開かれていたり?、 

最近来日で、日本で大活躍された 

レディー・ガガ 

(名前はクイーンの「レディオ・ガガ」がヒントらしい)の存在、  

そして、東北震災復興支援アルバムに、「手をとりあって」が収録されたのも大きな後押し、とのこと。

 

  「手をとりあって」 



手を とりあって このままいこう
 

愛する人よ 

静かな宵(よい)に ひかりをともし 

愛しき 教えを いだき

 

曲中、↑日本語の歌詞が入る傑作。
美しい言葉が、慣れない日本語の響きで、さらに輝きを増して。

Queensongs


お二人とも、60歳を超えられました。
穏やかさを感じました。
 

最近のクイーンの活動に参加されてない、ジョン・ディーゴン氏も温かく微笑んでるんだろな~。

 

番組では、 

「手をとりあって」とはとも思える、代表曲 

「ボヘミアン・ラプソディ」のライブ映像。

 

映像と一緒に日本語詞も流れたのですが・・・ 

不覚にも・・・この曲で初めて涙がこぼれてきました。

 

そして、楽曲は素晴らしいのに、PVは?の「ボーン・・・」

 

を挟んで、ライブ・エイドでの 

「うぃ~・あ~・ざ・ちゃんぴおん」 

解散の瀬戸際だったバンドが、ライブエイド出演で考え直したというのは有名な話。

フレディーのヴォーカル、メンバーの演奏も圧巻、聴衆の支持も絶大な映像。
この曲の持つパワーで自らを蘇生できた・・そんな気もしました。

 

 

懐かしさよりも、パワーを頂けた・・・素敵な番組でした!

 

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

濡れた枕が乾くことはなく。

Kusurei


椎間板ヘルニアで寝たきりで2週間。
気落ちする中での、素晴らしい番組。

NHKに感謝。

 

QUEENに感謝。

 

一番最初にQUEENを聴かせてくれた、

 

   兄貴に感謝。

TREview 情けないなか、励みにしてます。

 

|

« 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「プリンス/パープル・レイン これを聴け!64」の巻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

レディー・ガガと聞いて、どっかで聞いたことあるような?と思ってました。
そうなんですか、レディオ・ガガからきてたんですね。

私の従兄もクイーンが好きで、よく聴かせてもらってました。
「ボヘミアン・・・」「手を取り合って」いいですよね~。
「we are the champion」マイケル・ジョーダンが登場する時に掛かっていてカッコイイ曲だな~と思いました。
クイーンは日本びいきだそうで、レディー・ガガもその影響でしょうか?
SONGS見れば良かったな~。

よっちゃんさん椎間板ヘルニアですか?
辛いですよね。
二週間も寝たきりで大変でしたね。
もう良くなったのですか?

投稿: アジアン | 2011/07/09 12:45

アジアン様
クイーン、いいですよね~。このバンド名、大正解な存在で。
レディー・ガガは、ひょっとして?
とも思ってたのですが、実際、そうだとわかると嬉しいです。

ヘルニアは、まだ直らずで。

16日の財津さんコンサートも微妙で(涙)。

安静に、本気で安静を心がけてました。


投稿: よっちゃん | 2011/07/10 12:19

よっちゃんさん 座ってるのも大変じゃないですか?
財津さんのコンサート、途中10分の休憩はありますが道中+2時間座り続けるのはホント辛いかも。

あまり無理しないように、安静にして早く良くなって下さいね。

投稿: アジアン | 2011/07/10 22:38

アジアン様
幸い、一番端の席なので、辛かったら、スタッフに断って立ち見でもと・・・
とにかく安静にして、社会復帰して、コンサートにつなぎたいところ。安静にしていることを、まず頑張ります。
レポート、アップしないと(笑)

投稿: よっちゃん | 2011/07/11 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「プリンス/パープル・レイン これを聴け!64」の巻 »