« 「田原俊彦ビッグ発言真相」の巻 | トップページ | 「緑川 純米酒 感想」の巻 »

2011/10/23

「菊花賞(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻

本日メインは、京都3000Mで施行される、今年最後のクラシック戦、

菊花賞(G1)

見どころは、2冠達成のオルフェーヴルが勝って、あのディープインパクト以来の3冠なるか?
そのディープの産駒も、今回出走するのだから時が過ぎるのは早い!。

  

今回の予想、というより、もはや思い込み。

◎14オルフェーヴル

三冠達成濃厚。相手関係で勝負付は終わっているかなと。先週の1番人気で勝てなかった、ケンちゃんの逆襲でいいのではなかろうかと。

○15ウィンバリアシオン

◎に押さえられているものの、青葉賞勝ちを加味して、長距離の不安少なし。叩いて上積みのある今回。

△1トーセンラー

近10年、馬体重450K以下で勝ったのは、この馬の父、ディープインパクトのみ。ディープみたいなスケールを期待というよりも、京都・きさらぎ賞で14に勝っているところで。

△5フェイトフルウォー

唯一、関東からの参戦馬。鞍上は関東の大先生。予想以上に人気。

△8ペルシャザール

ダービー、差の付いた3着馬。3着ならあるか・・・と。

△18ショウナンマイティ

西の大先生鞍上。神戸新聞杯のレース前、先生は期待した発言されたみたいですが、いざ走ってみて「アレッ?」・・・とは発言しませんでしたが、そんなとこだったんではと。人気薄の妙味で。

Kikka_2

追加馬券検討中です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記PM10時+追記の追記10月26日

Kekka1

Kekka2_2


追加馬券は、8枠の3頭を絡めて高配当狙い・・8枠出番無し(^_^;)。

今回、馬券を獲れて、ちょっと自分の過去を振り返ると、菊花賞当たったのは、実に1998年以来。
1着セイウンスカイ・2着スペシャルウィークの1・2番人気が勝って以来。

本日の結果

1着◎14オルフェーヴル1番人気

オルフェーヴル様、3冠達成!
偉業達成にふさわしく、まさしく、王道なレース完勝。
あのナリタブライアン、ディープインパクトのときは、馬券を外していたこともあって(相手選びの失敗)感動がなかった記憶があるのですが、今回は素直に感動。

2着○15ウィンバリアシオン2番人気

思い切った後方待機。
おいおいアンカツ、どうなってんだ~!
結果2着は、今考えると、安藤騎手の中で、相手は一頭のみの読みがあっての騎乗だったのかなと。
2着で結果オーライだったものの、ハラハラと。

3着△1トーセンラー3番人気

うまく、よく走りました!。

 
 

4着、5着の2頭は長距離でどうか?で馬券対象外・・・危ない危ない(^_^;)。

8ペルシャザール、17着。
レース後の後藤騎手の言葉。
「喉鳴りのある馬で、ガス欠」
喉鳴りがあるなんてわかりませんでしたが・・・前日段階で、知りたかったところ。
公表されていたのか??と。

東西の大先生2名・・・・まだまだ先で期待します!。

今回、贅沢を言えば、払い戻しでプラス5千円になってほしかったところ。
まずはホッとしました。

TREview

|

« 「田原俊彦ビッグ発言真相」の巻 | トップページ | 「緑川 純米酒 感想」の巻 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「田原俊彦ビッグ発言真相」の巻 | トップページ | 「緑川 純米酒 感想」の巻 »