« 「緑川 純米酒 感想」の巻 | トップページ | 県下小須戸柔道大会2011 »

2011/11/10

「FMWの世界 工藤めぐみのドロップキック」の巻

女子プロといえば、1990年代までは年功序列の世界
プライベートは当然、それはリングの上でも。


その縦社会を崩したのは、アジャ・コングブル中野の両名だったのではと。

 

 
  

Img_1605046_51168827_2_4

↑ブル中野 さん

 

 

 

 

 

2017_2

↑アジャ・コング さん

時代は、たぶん、1993年。
女子プロは対抗戦ブームのまっただなか。

 

そんななかで行われたレアな一戦。
( )内は当時の推定年齢。

 

FMW

工藤めぐみ(24歳)  ナース中村(15歳)

 

   対

 

LLPW

 

風間ルミ(129歳!)  穂積詩子(25歳)

 

ついでに・・財津和夫45歳

 
 

↓この試合、1番の見どころは、当時女社長で年長の風間ルミに、FMWの若い2人が、どう戦うか?
で~、風間は逆に、どう振る舞うのか

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

工藤VS風間の初コンタクトで見せた

 

工藤のドロップキックのエグさ

 

が全ての試合。
  

際立つ、工藤めぐみの強さ。

予想以上に活躍したのは穂積。
自身の線の細さと、社長の分まで補うプロセスセンス。

中村は・・・当時、ひとまわり上に混ざってはしょうがない部分も。

 

 

いろいろ楽しめた女子プロ。
懐かしい。

TREview  ↑4人とも健在で嬉しい中、励みにしております。

 

|

« 「緑川 純米酒 感想」の巻 | トップページ | 県下小須戸柔道大会2011 »

プロレス」カテゴリの記事

動画ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「緑川 純米酒 感想」の巻 | トップページ | 県下小須戸柔道大会2011 »