« 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「万馬券だ~!9」の巻 »

2011/12/25

「有馬記念(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻

今年ラストの大一番は、人気投票を基に、中山芝2500Mで施行される

有馬記念(G1)

過去の完敗レースを振り返ると、

前走より距離伸びていいんじゃないか?のステイヤー馬より、距離もつんかいな?のマイラー馬に足元をすくわれてきたような気も。
展開はスロー。


馬齢別連帯率は、3~5歳馬が高いものの、6~8歳馬の紛れ込みで3連復、3連単は、固いレースの印象があるにもかかわらず、高配当。

仕事で見れないのは毎年のこと。
最後に当たったのは、ナリタブライアン→ヒシアマゾンまで遡るので、本当に、お祭りなレース。
幅広く馬券を流す!が勝利への方程式か。

Arima


◎9オルフェーブル

御存知3冠馬。菊花賞圧勝。最強世代の4歳馬を超えた存在かと。

○1ブエナビスタ

現役最強牝馬。前に付ける宣言がはたして。
毎回調教駆けしないと言われるこの馬が、今回は絶賛なのがはたして。
引退レース・・・がはたして。

●13アーネストリー

10トーセンの調教が軽いのが引っかかり、今回コチラのほうに注目。
逃げ切れるほど甘いメンバーでないのは天皇賞と同じ。控えて早め抜け出しも、1、9には分が悪く、どこまで粘れるか?で。

△多数

休み明け、ピーク越え、前走見せ場無しの大敗等、負のイメージが大きい馬数頭。

さらに、保険で?9抜きの馬券も考えたいのですが、明日は仕事なので、今晩はここまで。

さ~、勝負!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記(PM9時)

仕事から戻り、ビデオ確認

昼休みに入力した、いらなかった追加馬券

Arima2

Arima3_3

さすがに、これだけ多数点の馬券を買えば、引っかかるだろうというところが、もう予想の域にあらず。

結果、それが幸い。

展開は予想以上のスロー。
敗れたブエナビスタ、他の有力馬も、道中、いかに力を抜いて走れたか?が明暗を分けた一戦だったのではなかろうか。

1着9オルフェーブル様

強いのはわかっているのですが、クラシック路線では、相手が弱すぎたのではないか?という懸念があったのも事実。
結果、現役最強!

2着5エイシンフラッシュ様

再び鞍上のルメール騎手頼みの一頭。使える脚(ラストの上がり)が一瞬ではないか?という疑問が秋2戦を見て思えたのですが。道中スローの中、鞍上の好騎乗がが幸いの結果。サンキュー!

3着7トゥザグローリー様

天皇賞、JCを見ての感想。G1では敷居が高いのか?
状態上向きの話はあれど、どこまで行けるか?
あくまでも、紛れがあっての3着かと。
結果は、堂々の3着。サンキュー!

Arima4


めでたく、万馬券のオマケ付で獲れました~。

4着14ルーラーシップ

半年休み明けの馬より、秋G1結果が残せずも、レベルの高いレースに出走した他の有力馬ほうが上ではないか?で、馬券対象外扱い。
4着にきたのは・・・アブナイ、アブナイ(^_^;)
次走、間違いなく勝つ馬。

5着10トーセンジョーダン

天皇賞、JCと実に強い競馬。調教が軽いのが気がかりだったのですが、やっぱり疲れがあっての5着だったのかと。

7着1ブエナビスタ

 
 
戦前の懸念はあったものの現役最強馬の一角に変わりなく、軸馬の一頭でした。

9着13レッドデイビス

西の大先生の記録(中央G123年連続勝利)更新途絶えたのは残念だったものの、予想段階では、未知の大物の一発大駆けを夢見させてくれた一頭。

10着12アーネストリー

逃げ切るには、もう少しリードが欲しかったところも、道中、2ヴィクトのピッタリマークに足許すくわれた気も。前より後ろを気にせざるえない状況で、そこはG1の厳しさ。
ハナに立つのも予想外だったんでは?とはTVの予想屋さんの話。
多くの人は逃げるだけで予想してると思いましたが。
2の脚を使って勝つんじゃないか?という見せ場はつくれたか・・

実に見応えのあるレースでした。

ブエナビスタ、お疲れさまでした。


たくさんの思い出ありがとう!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

[競馬] ブログ村キーワード

TREview  ハゲ身にしみて はげみにしております。

|

« 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「万馬券だ~!9」の巻 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘11」の巻 | トップページ | 「万馬券だ~!9」の巻 »