« 「チャリティープロレス ZERO ONE 観戦記」の巻 | トップページ | 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 »

2012/06/17

「ジョージ・マイケル/FAITH これを聴け!71」の巻

最近、すっかり洋楽の新しい新譜を耳にすることはなくなりました。
AKB48は聴きますが(^_^;)。

 

旧譜は今でも聴いてます。

 

時代を遡ること80年代。
私がもっとも聴いた洋楽ソロアーティスト、アルバムベスト5は 

ジャイケル・マクソン 「スリラー」

 

ブルース・スプリングスティーン 「ボーン・インズァ~・USエ~」

 

ブライアン・アダムス 「レックレス」

 

ビリー・ジョエル 「イノセントマン」

 

  
そして、今回取り上げる、

 

ジョージ・マイケル 「FAITH」

 

ちょっと余談で、
ポール・マッカートニー、ロッド・スチュワートは70年代の輝きを持続するのがやっとに思えて。
フィル・コリンズは、声が好みでなく・・
それでも代々木でのコンサートへ行った(^_^;)。
  

あとプリンスも凄かった!。

 

Faith

本作は、ワム!でポップアイドルの頂点を極めた後、解散後の1St。
1987年発売。

 

シンガーソングライターとしての才能が、溢れんばかりの彼が見せたハックションアクションは、

 

脱アイドル

 

露骨な「Ⅰ WANT YOUR SEX」を先行発売。
この冒険が世の中で認められて、アイドルから、アーティストへのイメージ転換は大成功。


全世界で2000万枚以上売り、6曲の全米NO1のシングルを輩出したモンスターアルバム。

 

その中身は実にバラエティーで、小気味よい「FHITH」から始まり、ゴスペル調の「FATHER~」、上記の「I WANT~」、バラード「ONE MORE TRY」までの流れは、流石のひとこと。
5曲目以降も実にバラエティーにとんだ構成で飽きさせることなく。

 

打ち込みリズムを多用した乗りのいいサウンドに絡むのは粘りのあるヴォーカル。
逆にバラードでは、実に深みのあるヴォーカル。
いずれも、実にソウフル&ワンダフォ~。
当時の有名ヴォーカリストの中でも屈指の存在。

 

明らかに、ワム!在籍時より、驚異的な成長を見せたジョージ・マイケル。

  

今思うと、このアルバムが、以降のアルバムと比べて、メチャクチャポップなのは、ジョージの脱アイドルの表れ以外でしかなく、できることならば、ワム!ラストの「ディファレント~」で見せたような音楽をやりたかったんじゃないかと。

  
正直、3作目「オールダ―」で、私は脱落。
2枚目以降、さらに壮大で深い展開を見せるものの、どうも、とっつきずらさが先行、睡魔との戦いになるんで(^_^;)。

アイドルの次に、世間が彼に求めたのはスーパースターとしての存在。
アーティストでありたい彼と世間のギャップは埋まらなかったようにも。
マイケル・ジャクソン同様に、スーパースターの孤独を感じてしまいます。

この「FAITH」、素晴らしい曲がギュ~ッと詰まっているのですが、ひとつ疑問も。
それは歌詞の内容。

ここで彼が歌う「君」という存在の対象は、

「彼女」と、とらえればいいのか?

「彼」と、とらえれればいいのか?

歴史に残る一枚にかわりなく♪

 

後年、自らの体験を表現したといわれる

「アウトサイダー」

を耳にしたとき、実にジョージらしい、彼にしかできないアピールだなと。
こういうファンキーな部分が、私は一番好きなんですが。

|

« 「チャリティープロレス ZERO ONE 観戦記」の巻 | トップページ | 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ジョージ・マイケルと言えばやはり毎年クリスマスになると聴こえてくる『ラストクリスマス』かな~♪ 
声が好きで良く聴いてましたがアイドルだと思っていたら、顔があまりにも濃い~い顔で驚きました。(;´Д`A ```
でも、今聴いてもいいですね~♪

投稿: アジアン | 2012/06/23 22:55

と、送信してしまいましたがいえいえ他にも用が。
Tulipの再結集に向け先日の台風4号が吹き荒れる中、Ustreamからおやじトーク(船越さんとか・・^^)の“チュナイト”がライブ配信されました。
よっちゃんさん聴かれましたか?

http://www.ustream.tv/channel/tunight

第二弾もあるようですが、まだ未定のようですね。
よっちゃんさんツイッターをされてるのなら次は是非ソーシャルストリームに参加されてはいかがでしょう。

あ、それからカウンターが9万9千になっていてびっくりしました。
いつの間に~♪

投稿: | 2012/06/23 23:18

アジアン様
先に競馬記事が先行して申し訳ありません。
昨晩(夜中)、早速、教えていただいたサイトを覗いてきました。
実に楽しい60分。ありがとうございました。
印象に残っている言葉は「完璧主義の財津さん」(笑)。
だろうな~と。

チケットも先行発売で、確定しておりまして、競馬も一段落なので、これから思いを描いていこうかなと。

ツイッターはですね~、まだまだ良くわかっていないのが現状です。

アジアン様、秋に盛り上がりましょう!

投稿: よっちゃん | 2012/06/24 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「チャリティープロレス ZERO ONE 観戦記」の巻 | トップページ | 「宝塚記念(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 »