« 「チューリップ40周年コンサート・リクエスト」の巻 | トップページ | 「惜しかった凱旋門賞」の巻 »

2012/09/06

「越乃寒梅 感想」の巻

今回のお酒の感想は、地元でも一昔前までは、

幻の酒  と呼ばれていた

 

越乃寒梅 特別本醸造

 

で~ん

P7080121


今は幻ではないのか?

はい。大手スーパーに行けば並んでいますので^_^;。

一説といいますか、よく耳にするのが、

幻と呼ばれるほど旨いのか?という言葉。

当然、一昔前までの話。
流通量が少ないことが、プレミアム感に拍車をかけ、関東方面では万額に近い値段で売られていたことを考えれば、ありえると思える上記の言葉。
現在、特別本醸造は地元で3500円くらいでしょうか。

 

比較がなく、わかりずらい表現ですが、感想。

 

予想外に軽やかで、その中で、日本酒の味(米)がしっかり立っている、美味しいお酒でした。
絶妙のさじ加減と思われます。

 

この越乃寒梅を開ける前に飲んでいたのが、大手メーカーの一般大衆酒でしたので、余計に、軽やかさを感じたのかもしれません。

 

 

実はコレは頂き物♪。
そういうことで、もう飲めない一品かもしれませんが、幸せな時間を満喫できました。

|

« 「チューリップ40周年コンサート・リクエスト」の巻 | トップページ | 「惜しかった凱旋門賞」の巻 »

おやつ・グルメ・お酒」カテゴリの記事

コメント

日本酒って大人、ですよねぇ^^
最近はもっぱら頂き物のスーパードライ
ですよ~

投稿: かなりんパパ | 2012/09/22 18:16

かなりんパパ様
暑いときはビールですよね~、やっぱり。
最近、体重増で少し控えてました。
日本酒は、あの独特のクセとどう向き合うか?というのが私のポイントです^^。

かなりんパパ様、申し訳ありません。HPリンクきれみたいでしたので、削除とさせていただきました。もし、新たなアドレス等、ございましたら、御一報頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: よっちゃん | 2012/09/23 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「チューリップ40周年コンサート・リクエスト」の巻 | トップページ | 「惜しかった凱旋門賞」の巻 »