« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

2012/10/14

「井上・高橋VS桜庭・柴田、新日TV放送に思う」の巻

表題選手名間違ったままトラックバック送ってしまい申し訳ありませんでした

ノアの地上波放送終了後、プロレスから離れつつあるのが現状。
残った大御所、新日本プロレスは若手の売り出しを中心とした興行とTV中継。
この若手達がなかなか覚えられず・・・。
自分と同じ年代の、永田、天山、小島、中西には頑張ってほしいところ。

そんな中で、久しぶりにTVを見てみようと決めたのは

井上・若手高橋VS桜庭・柴田 の一戦。

もうカードを見ただけで、誰が負けるのか?想像はつくものの(^_^;)、新日本に殴り込みをかけた、プロレスラーの雰囲気を残しつつも格闘家の2人の振る舞いが最大の見所。

試合時間が3分、井上は試合をさせてもらえなかった展開。

ちょっと、動きが本来のものではないようにも思われたのが柴田。
顔はお父さんに似てきましたが、A猪木に雰囲気が似ているようにも。
桜庭は、余裕シャクシャク。
腕決めの際も、実にシャープな動き。

柴田がどこまで勘を戻してくるのか?
桜庭がどこまで相手の技を受けるのか?
懐に刀を持っている・・そんな印象のある二人なだけに、今後の展開が楽しみ。

ちょっと来週以降もTV中継みてみようかなと。

頑張れ!プロレスラー!

| | コメント (0)

2012/10/13

「秋華賞(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻

今週のメインは、G1レース。
3歳牝馬限定、京都2000Mで行われる

秋華賞(G1)

今回は、2010年のアパパネに続く3冠馬達成が濃厚な

14ジェンティルドンナ

が、どこまで突き抜けるのか??
そして、岩田騎手は、泣くのか??

う~ん、負けたときに泣いて謝る騎手がいないのはなぜ??

ローズS組が主流のこのレース。
2着候補筆頭も1ヴィルシーナということもあって、配当は実に期待薄も、それは当てての話(^_^;)。
今の自分にはオッズ伝々語ることも許されず。

まずは当てなければということ、懲りもせず、3連複勝負。

Syuuka


追加馬券も検討しつつ、明日は息子の柔道大会のため、早々に

勝負!

[競馬] ブログ村キーワード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記10/15PM11時半

ただいまJRAのサイトでVTR確認。
馬券獲れたというより、負けなかったのは判っていたのですが、けっこう激戦の中で

ジェンティルドンナ 3冠達成

おめでとうございます。

1着14ジェンティルドンナ

2着1ヴィルシーナ

3着2アロマティコ

敢闘賞6チェリーコマキ

3連複1990円。儲けなし。

んがっ!

当日、追加馬券を買えない環境に救われました。

勝ったジェンティルドンナは、見事に差し切りで。
ヴィルシーナは、勝ちを意識して、ダイワスカーレットみたいなレースを披露してくれました・・がチェリーコマキが途中から頭に立つことは、計算外だったことかと。
この2頭のライバル対決は、しばらく楽しませてくれそうです。

さ~、菊花賞。今度こそプラスで勝ちたいな

| | コメント (0)

2012/10/08

「BOSCHMANN PR-200SSサテライトスピーカー取り付け」の巻

我が愛車、ディオンもいよいよ13万キロ。
車の記事更新も2年ぶりだったりして。

 

10万キロを超えたあたりで、正直、必要部品以外はお金をかけたくないところ。

 

  
  

 

私の一番のこだわりは、

 

車の中で、大好きな音楽を良い音で聴きたい!

 

それも安価で。

欲を言えばオープンカーで高級オーディオで隣には美人のネーちゃん・・・

Oni21_2

 

 

ツィーターの取り付け→コチラ 

 

ウーハーの取り付け→コチラ 

 

 

以前に話があったのですが、過去記事、今回の記事で、満足のいく音という表現は、あくまでも個人的感想、自己満足の世界です。

 

仕上げはフロントスピーカーというのは、頭にあったのですが、いかんせん、ディオンの場合、スピーカーとスペーサーが一体型というのがミソ・・・いやウンコ・・・でなくクソ。
実際、内貼りを外して見てみたら

Sp

こんな感じ(えっ?絵がわからない??)で、スピーカーと木のスペーサーが一体型。
どうやら、17センチスピーカーが合いそうとネットで調べたものの、

中古品で5千円前後のものしかなく、実際、

①本当に17センチで付くのか?
②一体型ゆえ、そこそこの音を出す純正より、いい音が出るのか?
③デットニングは必要か?

上記3点が引っかかり、手を付けられなかったのが現状。

 

ちなみに、競馬では軽く10倍以上の損失・・・ナニやってんだろうと自己険悪の週末。

 

 

そんな日々の中、ネットで見かけたのが、もっとも安易で

前方定位を体感できる

という、サテライトスピーカーをダッシュボード上に取り付けるというアイデア。

ところが、サテライトスピーカーの中古がなかなか見当たらず、
やっと手にしたのが、型が古いためバーゲンセールで売られていた、

P9300199

BOSCHMANN PR-200SS

 

価格が千円なり。

 

これなら、冒険してもOKだなと。

P9300200_2

まずは、スペースの確保。
意外やジャマをするのが、過去に取り付けたツイーターだったりして。

P9300204


おもいきって、Aピラー内側上部に移動して取り付け。
頭上にくるため、しっかりビス止め。

穴あけ工具を準備していなかったのと、安価品なので角度調整がきかず、内貼り樹脂の角度に合わせつつの調整位置決めで、けっこう時間をとられる。

P9300201


サテライトスピーカーの土台取り付け。
ダッシュボードのプラスチック素材は、Aピラー内貼り樹脂より硬く苦戦。
特に左側は、助手席エアバックとの間を取りたいので、際一杯での取り付け。

配線は、今回センターユニットをバラすのが面倒だったので、ツィーターのクロスオーバーネットワーク前からの分岐で。

音が出ることを確認してからの最終組み立て。

P9300206

さて完成後の音の感想は、

前方定位の完成!

しか~し、ツィーターが近ずいたため、やけに高音強調が実感できるものの、やや中音のボリュームに欠けるような気も。

Tuitakaba_2

とっくに生産終了のソニーのMDXで、どう調整していくかが、今後の楽しみ。

カーステをいじっていると、亡くなった従兄を思い出します。
正直、晩年、あまり話ができなかったのですが。
まだ、自分が中坊だったころ、ドライブに連れていってくれました。
そのとき、車の中で聴いた音がカッコよくて、カッコよくて。
今振り返ると、カセットテープで純正のオーディオ、スピーカーのみ後付箱型のリアに乗せるやつだけだったはずなのですが、それでも、家で聴く音よりも、シャカシャカな良い音鳴らしてたな~。
(家のオーディオがしょぼかったせいもありますが)
何を話したのか、さっぱり覚えてないのですが、後々、そのときかかっていた音楽がTOTOで、今の半分以下の距離しかないバイパス線上から見える山の風景は覚えてたりします。

いい歳しても、ジャンジャカ鳴らして走るぞ~♪

| | コメント (0)

2012/10/07

「惜しかった凱旋門賞」の巻

Oru


日本から参戦した、現在最強のオルフェーブルは

2着に惜敗

最後直線抜け出したときは、勝負アリ!と喜びも束の間、

う~ん、これは勝った馬が凄かった。
直線、抜け出しに苦労していたようにも思えたのですが、前にオルフェーブルがくると、ぐんぐん伸びてきたのには驚き。

その馬に乗っていた

 

 

 

 

 

 

 

Firu_2


フィル・コリンズ

でなく

Perri


Oペリエ騎手、いまだ腕は落ちておらず。

一緒に語るのは、どうか?
とも思われたのですが、コチラは

惜しくもなんともない

毎日王冠の馬券。

世代交代の時期がきたのでしょうか。

Mainiti


どうやら、落ちるところまで落ちそうです・涙。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »