« 「秋華賞(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 | トップページ | 「ノア10・26新潟大会観戦」の巻 »

2012/10/14

「井上・高橋VS桜庭・柴田、新日TV放送に思う」の巻

表題選手名間違ったままトラックバック送ってしまい申し訳ありませんでした

ノアの地上波放送終了後、プロレスから離れつつあるのが現状。
残った大御所、新日本プロレスは若手の売り出しを中心とした興行とTV中継。
この若手達がなかなか覚えられず・・・。
自分と同じ年代の、永田、天山、小島、中西には頑張ってほしいところ。

そんな中で、久しぶりにTVを見てみようと決めたのは

井上・若手高橋VS桜庭・柴田 の一戦。

もうカードを見ただけで、誰が負けるのか?想像はつくものの(^_^;)、新日本に殴り込みをかけた、プロレスラーの雰囲気を残しつつも格闘家の2人の振る舞いが最大の見所。

試合時間が3分、井上は試合をさせてもらえなかった展開。

ちょっと、動きが本来のものではないようにも思われたのが柴田。
顔はお父さんに似てきましたが、A猪木に雰囲気が似ているようにも。
桜庭は、余裕シャクシャク。
腕決めの際も、実にシャープな動き。

柴田がどこまで勘を戻してくるのか?
桜庭がどこまで相手の技を受けるのか?
懐に刀を持っている・・そんな印象のある二人なだけに、今後の展開が楽しみ。

ちょっと来週以降もTV中継みてみようかなと。

頑張れ!プロレスラー!

|

« 「秋華賞(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 | トップページ | 「ノア10・26新潟大会観戦」の巻 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「秋華賞(G1)この馬券に泣く!‘12」の巻 | トップページ | 「ノア10・26新潟大会観戦」の巻 »