« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の5件の記事

2013/11/17

「マイルCS(G1)この馬券に泣く!‘13」の巻

Kouyou

今年のマイルズCSは混戦。

別路線、京都適正を、適当に比較 しつつ

Mail

勝負!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記PM4時

Mairu2

あらら、どういうわけか2週連続的中

プラス300円・・・・んがっ!

1着5トーセンラー

国内外G1、100勝おめでとうございます。
去年のサダムパテックの勝利は、強引に馬群を割っての勝利で、んんー?という勝ちだったのと比較して、今回は完璧な勝利。

2着4台輪蛯名さん

正直買いたくない騎手なのですが、スワンSでの勝ちに遠いものの、鋭い末脚披露と京都適正であるかな~・・・・程度の考察

3着13ダノンシャーク

馬体重持ち直しで3着は外さないかと。

2サダムパテック

去年勝っているんだから、今回も3着以内ならあるかと。結果7着。

3レッド

デムーロ騎手の一発ならず8着

6ガルボ、間違って購入^^;

12クラレント

馬体重見るまで、本命、対抗だったのですがプラス12Kで評価下げ、11着

15ダークシャドウ

これは、18リアルの戸崎騎手と入れ替えた意味がなかったな~。16着。

今晩は勝利の美酒でなく、負けなかった普通酒といったところ。
酒買って、儲けチャラ^^

| | コメント (0)

2013/11/11

「万馬券だ~10」の巻

実に1年11ケ月ぶり。
2013年エリザベス女王杯

Manba1

嬉しいことは嬉しい!

しかし・・・今年まだ3勝目・・・シュッワッチ!

| | コメント (0)

2013/11/10

「エリザベス女王杯(G1)この馬券に泣く!‘13」の巻

Erizabesu

本日のメインは京都外まわり2200Mで行われる、牝馬限定の

エリザベス女王杯(G1)

予想はサッパリわかりません。

重馬場で、カット予定の14デニムもカットしきれず。

勢いでいけば3マンボか?
末脚勝負で古馬6・7もカットしきれず。
実績では9大魔神・・

迷いまくりも勝負!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記PM4時

ヨッシャー! 

Eri2

1着3マンボ

この騎手は、この馬に乗るときだけ別人。
「たまには、僕の騎乗もほめてほしい」
いつも、そういう積極的な騎乗をしてほしい。以上。

2着18ラキシス

川田騎手だから押さえました。正直、昨日新聞見るまで存在しりませんでした。

3着7アロマティコ

末脚きれるものの、勝ちきれないレースはここでも。

予想もそうですが、実際のレースも、正直よくわからず。
道悪で本領発揮できなかった馬もいるんだろうなと。
とりあえず、勝ててよかったです。

| | コメント (0)

2013/11/07

「財津和夫LIVE&TALK2013 感想」の巻

Dsc_0020

少々、曲目等で内容に触れることを、お許し願います。

更新遅くなりましたが、今年も財津さんに会えたことに感謝しておりました。
当日は、余裕で出かけたものの車のトラブルで、結局、開演15分前に到着。
この瀬戸際の運の無さは一体なんなんだろう・・・。
間に合ってるのだから、運が良いと捉えるべきなのか?

見附市にきたのは、実に15年ぶりとのことで、私に記憶がない!
ということは、15年前は行っていない(^^ゞ。シュワッチ!

今回は前から9列目。
いつもと違っていたのは、身近に熱狂的ファンの方がいらしたこと。
毎回、静観している方を側に、

「俺がやらなくて、誰がやるんだ!」

という気負い、プレッシャーを感じず、普通に股拍子(・_・;)。
この妙な?安心感。
ちなみに、毎回ひとりで応援に行ってました。

慣例の財津さん、頭髪チェック。

フサフサというより、スッキリしてました。
床屋に行って一週間くらいか・・・?
あっ、カット屋さんですね。

近年、ジーパンを履かれてるんですね~。

ずっと、黒いズボンのイメージがあったのですが(・_・;)。

もう、何度も書いてますが、声量の落ちは感じられず。
でも今回、初めて
「れれ、ハスキー??」と感じました。・・・ちょっとだけですが。

ソロだとスタンドマイクに楽器を持たずの熱唱シーンがあるのですが、その姿勢の素晴らしさ。
バックダンサーいたら面白そうですが・・・  
  

毎回、考えてくる財津さんの演出。
今回は、「言葉」がキーワード。
ネタばれひとつで、今回も財津さん音頭による、観客の大合唱がありますが、このキーワードは効果絶大。
これから、行かれる方、ぜひ燃えてきてください。

コンサートは、私にはありがたい2部構成は変わらず。
前半のトークを聞く限り、財津さんは、いつも「モテた」とは絶対言わないですが、モテただろうな~と。
私の知っている財津さんは、80年代の財津さんからで、温厚そうな人というイメージがありまして、今も、もちろんありますが、若い頃の話を聞くにつけ、「本当は根っからの九州男児で、度胸もすわってるんだ」と。

すいません、ネタバレ2つ目は、この曲をやってくれたこと。
選曲楽しみにされてる方、スルーしてください。

http://brainbuster.cocolog-nifty.com/tulip/2011/04/post-f03d.html

最後のフレーズが最高に素晴らしい表現!。

名前を覚えられられなかったのですが、バックバンドのメンバー、コーラスも頑張ってくれてました。
キーボードで、あそこまで分厚い音が出せるなら、「光の輪」もやってほしかったな~。

次回こそは、子供を連れて行こうかなと。
ラストの一体感は、やっぱり最高で、子供に体感させてあげたい。

最後の最後に苦言も。
スタッフの方達、後片付け始めるの早いです!。
終了のアナウンスの後からで。

財津さん、ありがとう!
ちょっと、心の洗濯をさせていただきました。

  

心の旅、永遠に

  

[財津和夫] ブログ村キーワード

財津和夫著

| | コメント (3)

2013/11/01

「明日は財津さんコンサート」の巻

Dsc_0020

予想以上に早いサイクルでまわってきてくれる財津さん。

明日の私といえば、仕事はあるものの、早々に切り上げて行きます。

いろいろ語ろうと思いをまとめていたのですが、

自然体の財津さん

を素直に楽しんでくるのが一番かなと。

さー!

手拍子、股拍子 の準備はOK!!

  

心の旅、永遠に

  

[財津和夫] ブログ村キーワード

財津和夫著

| | コメント (1)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »