« 「明日は財津さんコンサート」の巻 | トップページ | 「エリザベス女王杯(G1)この馬券に泣く!‘13」の巻 »

2013/11/07

「財津和夫LIVE&TALK2013 感想」の巻

Dsc_0020

少々、曲目等で内容に触れることを、お許し願います。

更新遅くなりましたが、今年も財津さんに会えたことに感謝しておりました。
当日は、余裕で出かけたものの車のトラブルで、結局、開演15分前に到着。
この瀬戸際の運の無さは一体なんなんだろう・・・。
間に合ってるのだから、運が良いと捉えるべきなのか?

見附市にきたのは、実に15年ぶりとのことで、私に記憶がない!
ということは、15年前は行っていない(^^ゞ。シュワッチ!

今回は前から9列目。
いつもと違っていたのは、身近に熱狂的ファンの方がいらしたこと。
毎回、静観している方を側に、

「俺がやらなくて、誰がやるんだ!」

という気負い、プレッシャーを感じず、普通に股拍子(・_・;)。
この妙な?安心感。
ちなみに、毎回ひとりで応援に行ってました。

慣例の財津さん、頭髪チェック。

フサフサというより、スッキリしてました。
床屋に行って一週間くらいか・・・?
あっ、カット屋さんですね。

近年、ジーパンを履かれてるんですね~。

ずっと、黒いズボンのイメージがあったのですが(・_・;)。

もう、何度も書いてますが、声量の落ちは感じられず。
でも今回、初めて
「れれ、ハスキー??」と感じました。・・・ちょっとだけですが。

ソロだとスタンドマイクに楽器を持たずの熱唱シーンがあるのですが、その姿勢の素晴らしさ。
バックダンサーいたら面白そうですが・・・  
  

毎回、考えてくる財津さんの演出。
今回は、「言葉」がキーワード。
ネタばれひとつで、今回も財津さん音頭による、観客の大合唱がありますが、このキーワードは効果絶大。
これから、行かれる方、ぜひ燃えてきてください。

コンサートは、私にはありがたい2部構成は変わらず。
前半のトークを聞く限り、財津さんは、いつも「モテた」とは絶対言わないですが、モテただろうな~と。
私の知っている財津さんは、80年代の財津さんからで、温厚そうな人というイメージがありまして、今も、もちろんありますが、若い頃の話を聞くにつけ、「本当は根っからの九州男児で、度胸もすわってるんだ」と。

すいません、ネタバレ2つ目は、この曲をやってくれたこと。
選曲楽しみにされてる方、スルーしてください。

http://brainbuster.cocolog-nifty.com/tulip/2011/04/post-f03d.html

最後のフレーズが最高に素晴らしい表現!。

名前を覚えられられなかったのですが、バックバンドのメンバー、コーラスも頑張ってくれてました。
キーボードで、あそこまで分厚い音が出せるなら、「光の輪」もやってほしかったな~。

次回こそは、子供を連れて行こうかなと。
ラストの一体感は、やっぱり最高で、子供に体感させてあげたい。

最後の最後に苦言も。
スタッフの方達、後片付け始めるの早いです!。
終了のアナウンスの後からで。

財津さん、ありがとう!
ちょっと、心の洗濯をさせていただきました。

  

心の旅、永遠に

  

[財津和夫] ブログ村キーワード

財津和夫著

|

« 「明日は財津さんコンサート」の巻 | トップページ | 「エリザベス女王杯(G1)この馬券に泣く!‘13」の巻 »

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

コメント

熱のこもった感想ありがとうございました。
私はネタバレ大歓迎ですよ~。scissors
予習していくくらいの気合い入れてコンサートに挑みます!goodよっちゃんさんの感想を読んでますます楽しみになって来ました。
あの曲やりましたか・・・
チューリップの解散コンサートのエンディングに流れていて、これで涙した方も多いと思います。(ノ_≦。)
何だかいろんな事を思い出させる曲ですよね。
財津さんの心理は分かりませんが封印していたのかそれともやっと歌えるようになったのか・・・どうなんでしょうね。

よっちゃんさんの知っている財津さん、私も同感です。
80年代の財津さん、いいですね~.
NHKみんなの歌の『切手のない贈りもの』の財津さん大好きなんです。heart02
ちょっとおじさん臭いですが、優しいお兄さんのようで、でもその前の財津さんはあまり知りませんがビデオで見ると、ちょっとチャラ男が入ってて好きじゃなかったんですよ。coldsweats01
でも財津さんも30歳を超えてガラッとイメージが変わりましたね。
若い頃は無我夢中でチューリップを引っ張ってきた感はありますが、80年代に入ってからチューリップもずい分と落ち着いてきたようで、無理してはしゃぐ事も無くなり歌を聴いてもらいたいといった気持ちが伝わってました。(o^-^o)
もう一度『I dream』とか『2222年ピクニック』のコンサートが観たいです~。(ρ_;)

ここで宣伝するわけではありませんが、バックダンサー・・・(*´v゚*)ゞではなくバックバンドのメンバー、とっても息が合ってて陰でしっかり財津さんを支えてるって感じですね。
ギター 尾上さん、ベース 山内さん、キーボード 小泉さん、ドラム 田中さん
今 昔のパンフレット引っ張り出してきましたが、アルファベットで書いてあったので名前の字が分かりませんでした。(^-^;
私、メンバー紹介の時 思いっきりの拍手と歓声あげてます。notes
ここで言うのも何ですが、いつも本当にありがとうございます。o(_ _)oペコッ

あ~早く行きたいコンサート!!tulip
長文失礼しました。

投稿: アジアン | 2013/11/09 14:51

アジアン様
ナイスなフォローコメントありがとうございます。
メンバー名前出てくるのは、さすがです!
メンバー紹介のとき、こちらでは「ひゅー!ひゅー!」と(笑)

アジアン様、2曲目の曲名がわからず。
なんか、なじみのある曲だったんですが・・・思い出せません。
2曲目ですよ~。

いつか、一緒に行きましょう!


投稿: よっちゃん | 2013/11/10 16:18

メンバーの名前ですか?
皆さん随分長く財津さんのバックバンドを務めてらっしゃいますので自然と覚えてしまいました。
ベースの山内さんは臨時でギターも担当された事があるような気がします。
チームワークもばっちりですよね。
フルネームで書こうと思いましたが名前の字が分からず失礼しました。

2曲目ですね、了解しました。
しっかり聴いてまいります。good

そうですね、いつか一緒に行きましょう。(o^-^o)

投稿: アジアン | 2013/11/10 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「明日は財津さんコンサート」の巻 | トップページ | 「エリザベス女王杯(G1)この馬券に泣く!‘13」の巻 »