« 「桜花賞(G1)この馬券に泣く!‘14」の巻 | トップページ | 「天皇賞・春(G1)この馬券に泣く‘14」の巻 »

2014/04/20

「皐月賞(G1)この馬券に泣く!‘14」の巻

本日のメインは中山芝2000Mで施行される

皐月賞(G1)。3歳牡馬クラシック第一弾。

最後に勝ったのは‘06年まで遡るので、実に苦手な一戦。
印象に残るのは、‘07年の、ヴィクトリー、サンツェッペリンの行った行ったの競馬。
レース後、青ざめていたのは圧倒的一番人気で3着だったフサイチホウオー鞍上の、安勝元騎手。

今年は人気割れの混戦。
かろうじて、成立しているデータで絞りこみ。

①15番人気以降カット→4,8,12,15

②近3走で勝っておらず、掲示板を外したことがある→10、15

③前走1800M未満→4,12

④3月に2度出走→12、15

⑤1800M以上出走、連帯率5割以下→3、5、12、15、

⑥一勝馬で、トライアル5着より下→該当なし

⑦前走重賞の場合、4番人気内か8着以内→該当なし

残りの有力馬、というより、今回はオッズ10倍をきっている人気上位5頭でいいのではないか??という気も。

Satuki

迷いながらも、多点数で

勝負!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記PM4時

Satuki2

奇跡のG13連勝(^_^;)

とはいえ、1、2番人気の決着&多点数(^_^;)

1着2アンマリカイタクナイエビナボニータ

強かった。ダービー本命馬に名乗り。

2着17トゥザワールド

弥生賞が勝って反省の内容という川田騎手、安勝解説者の言葉。
今回はまとまったんじゃないかと。逆に、マークされた形かと。
勝った馬が今回は良かった。

3着18ウィンブルフレーム

大外からの逃げ残りアッパレ

4着1ワンアンドオンリー

上がりの斬れ勝負で、ダービーで、もう一丁と思わせる内容

11着7ニシノダイセンセイ

見せ場なし。次、ダービーでは??

とりあえず、勝ててよかった。


|

« 「桜花賞(G1)この馬券に泣く!‘14」の巻 | トップページ | 「天皇賞・春(G1)この馬券に泣く‘14」の巻 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「桜花賞(G1)この馬券に泣く!‘14」の巻 | トップページ | 「天皇賞・春(G1)この馬券に泣く‘14」の巻 »