« 「阪神JF(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 »

2016/12/27

「鉄道員(ぽっぽ焼き屋)・ネタバレ?感想記」の巻

映画公開は1999年。

アクション映画以外あまり観る気もないこともあって、先日、初めてDVDで、この作品を観た。

 

小さなストーリーも含めて淡々と進み、クライマックスのシーン。

 

うっかり、涙がポロリ。

Dsc_00741


Dsc_00751


Dsc_00762


Dsc_00771


突然現れた娘さんが、自分の娘とわかったときの動揺。

彼女に対しての後悔と愛おしさ。

 

「なーんもいいことなかったでしょ」

 

不器用な父親を、精一杯気使う娘。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人になると(年齢を重ねると)たとえ中身は成長してなくても、泣きたくても泣けないことが多々。

そんななかで、今回、涙がポロリ。

 

 

健さーん、やっぱり、男の照れは、今の世の中通用しないみたいです。

|

« 「阪神JF(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 »

映画・TV・芸能ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「阪神JF(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 | トップページ | 「朝日杯FS(G1)この馬券に泣く!‘16」の巻 »