« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の6件の記事

2017/07/31

「トランキーロ!あっせんなよ」の巻

今回の記事タイトル

 

トランキーロ!あっせんなよ

スペイン語で「トランキーロ」は「あせるな」という意味・・らしい。

今の自分自身にあてはめたい言葉。
今やネットで、救いの言葉を検索すれば、山の如く出てくる時代。
そんな中で、ちょっとヒントを頂けたのは、昔、大好きだったプロレスから。
自分より、ひとまわり下のプロレスラーの言葉。

 

Zaitu3_desuto


↑財津さんでなく(^_^;)

 

落ちてるときは、何をしても楽しくなくて。
あせっても、いいことはない!

ただ、落ちているときに見える周りの風景画はしっかり見ておきたい。
そのときにしか見えないこともあるだろうから。

 

 

 

Naitou

2016年、プロレスMVPに輝いたのが、

新日本プロレス所属

内藤哲也 選手

彼の決めセリフ。

 

最近、夜中の地上波TVを録画して見ることしかなくなったプロレス。
その中で、彼の運動能力、身軽さは一級品。

会社批判も盛り込みながら、まわっていくプロレスストーリーの中で、

 

負けても価値が下がらないポジション

 

を獲得できたのは、彼の頭のいいところ。

ベルトがなくても、客を呼べるレスラーになりました。

決め技は

「ディスティーノ(運命)」

 

カッチョよすぎるな~

<

私同様、私以上に落ち込んでいる方にも送りたい言葉。

トランキーロ!あっせんなよ 

| | コメント (0)

2017/07/30

「虹のふもとにある世界」の巻

虹のふもとにある世界

虹を見て、ふと自分の原点を思いだす。

 

 

  
財津さーん、待ってます。

あっ、でも、無理しないで、自然体で!

           

| | コメント (0)

2017/07/29

「ボルティーでGO!大石ダム」の巻

ボルティーでGO!大石ダム
ボルティーでGO!大石ダム
ボルティーでGO!大石ダム
ボルティーでGO!大石ダム

なぜかダム巡り(^_^;)。

内の倉ダムのときのように、ダム周りを一周しようと思いきや、

 

車両通行止め

 

の表示にノックアウト!

チャンチャン。

 

 

     

 

 

レポートするほど長い時間滞在しなかったのですが、観光地として、レジャー施設の充実ぶりは、なかなかのもので、家族連れにはおすすめな場所です。

 

探訪  大石ダムエリア

| | コメント (0)

2017/07/18

「ボルティーでGO! 胎内観音様」の巻

ボルティーでGO!胎内観音様

 

今回も伝説?をつくりながら、バイクでいってきました。

バイク伝説(失敗談)は、後ほど(^_^;)。

 

  
ボルティーでGO!胎内観音様

 

山の中にたたずむ、観音様。

コチラにやってきたのも、実に数年ぶり。

ん?観音様、少し大きくなられたような・・・・

 

| | コメント (0)

2017/07/05

「ウルフルズ新潟コンサート感想記」の巻

ウルフルズ新潟コンサート感想記

7月2日日曜日。

行ってきました!

そして、楽しませてもらいました!

ウルフルズ、デビュー25周年おめでとうございます!
私は、自分が30代になってからのファンなので、

過去記事 で確認すると2005年からで、コンサートは初。

とても筋金入りのファンの皆様の手前、熱く深く語ってはいけないようにも思えるのですが。

今回25周年とのことで、1階最終列が2500円
この席を確保できたのは大きい!

 

ふふふ、中年のおっちゃんが、ひとりで行っても、乗りきってみせるぞ!

いざ開演になると、最後まで座りませんでした^^
実際は、通路挟んで、隣に座られたお嬢さんの、うまい乗り方を参考にしつつの応援だったりして。

音てきには、県民会館の構造上、1階後列上には2階席の張り出しの天井があって、音響てきに、ヴォーカルの一部、歌詞が聞き取りづらかったようにも思えました。
これは、前の席、2階席だとハッキリ聞き取れたかは興味のあるところ。
ただ、その一部だけで、他は実に素晴しい音です。

 

なんか、アーティストなのに、全く気取ったところ、すましたところがなくて、本当にお兄さん達が、音楽好きで、演るならトコトン楽しませたいという心意気が伝わってきます。

トータス松本さんの衣装替えは予想してませんでした。
そして、ギミックもありで、とにかく面白い。
これはウルフルズライブの定番??

 

演ってほしいなと願い、演ってくれて感激だったのが、

「それが答えだ!」

私はこの歌が一番大好きです。

切ない気持ちを抱え込みながら、先に先に進もうとする歌詞と楽曲にはエネルギーを頂きます。

これも定番のトークでしょうか??

「にいがた!毎日、楽しんでるかー?」

トータスの語りかけに、いい反応(楽しんでる!)を返せない方たちに向かって

「つまらない?俺もだよ!毎日つまらないよ。

でも、つまらない日々で楽しいことがひとつあれば、それが大きく感じる~」

(うっ!最後のほうのセリフ忘れる、たしか「そんなもの」だったか?)

 

ここで不覚にも涙が。

おお!これやってくれるのか!

これもやってくれるのか!

と、選曲も私には大満足なコンサートでした。

 

アンコール終わっても、メンバー、すぐに引かないのにも驚きで。

 

今回、自分側の問題でひとつ。

腕を上げての横振りが、50肩には厳しかったのが残念だったな~。

 

コンサートも定番の曲があると、やっぱりいいですね。
演り続けてくれたことにも感謝。

 

ウルフルズ新潟コンサート感想記

今回シャツ購入しました。

これって、もしかして、来年きてくれたとき着ていってもおかしくないですよね?

 

ちゃんちゃん。

| | コメント (4)

2017/07/01

「ウルフルズ新潟コンサートへGO!」の巻

ウルフルズ新潟コンサート

いよいよ、明日。

ゴー!ゴー!

 

コンサートに行くのは2013年11月2日の財津さん以来。

久しぶりすぎて、キョロキョロするのはいつものこと。

ウルフルズは前から一度観たかったバンド。

コテコテの?大阪弁も楽しみ。

| | コメント (2)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »