« 「安田記念(G1)この馬券に泣く!‘18」の巻 | トップページ

2018/06/04

「博多っ子純情。チューリップ故郷、博多にゴー!」の巻

いつか君、行くといい
博多には、夢がある

 

どこか遠い知らぬ街へ
もしも、行きたいと
思うときは 行くといいよ

 

ひとりぼっちならば
ポケットに手を差し込み
背中丸めて 歩けばいい

 

財津さんナンバーでなく、安部さん姫野さんナンバー。

今年、私の行く会社は九州旅行。
九州行くのは3度目なれど、博多は初。
そして、おそらく、最後。
財津さん、チューリップのメンバーの故郷を見てきます。

Dsc_0263

新潟空港出発

Dsc_0264

福岡空港着。現在、空港はリニューアル中。
到着まで、約2時間。時代は進んでます。

会社の旅行のため、このまま博多ではなく、初日は大分県で一泊。

   20180605_083403

Dsc_0268

会社の旅行なんで、飲みながらの見学。

うまい!けど、記憶が曖昧

Dsc_0270

Dsc_0271

Dsc_0273

熊本

Dsc_0274

2日目は、熊本をまわってから。

熊本

 

  
熊本

  
博多1

  
熊本

ここまでで、おいしいご飯、たくさん頂きました。

夕方に、いよいよ

 

チューリップの故郷、博多へ

  

博多1

 

博多2

博多1

  
博多1
  

博多2

  
博多2

とんこつラーメン。

きっと財津さんも食べたんだろうな~

屋台村を紹介してくれた、営業所の上司との会話。

 

「私は、昔からチューリップの財津和夫さんのファンで、

一度、どうしても博多の街に立ってみたかったんです。

博多の街を紹介してもらえて 今日は幸せです!」

「おお!そうだったんだ!

財津和夫のファンだったんだ!」

 

ここで話が盛り上がると思いきや、

 

「俺はね、財津さんって、

博多のイメージがないんだな。

東京の人っていうイメージがすごくある。

だからか、甲斐バンドのほうに愛着あるんだな。」

 

「ああ、ポップコーンをほおばって を聴くと、

               私も昔の失恋を思い出します。」

 

 

 

   しーん

 

 

 

ん?返しの言葉間違ったか??

 

気を取り直して?ラーメンをすすっていると、

店主が屋台の端にぶら下げていたスマホ操作

心の旅 を

流してくれるではないか、なんと、さりげない気つかい。

涙がポロリ。

 

 

この一時は、生涯忘れることはありません。

 

 

カッコイイ夜の出来事でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九州旅行感想も少し。

観光地で気づいたのは、外国人の多さ。

商売も考えると、決して物価は安くはないなと思われました。

 

 

|

« 「安田記念(G1)この馬券に泣く!‘18」の巻 | トップページ

チューリップ・財津和夫」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「安田記念(G1)この馬券に泣く!‘18」の巻 | トップページ